熱中症対策に特化した遮光日傘、「ヒートブロック」を発売

熱中症を防ぐための解決策として、遮光日傘「ヒートブロック」を新たに開発しました。 ヒートブロックは極薄の遮光フィルムと傘生地の二層構造で熱と光を徹底的に遮断します。 発売日:2014年2月14日

●ヒートブロックの商品開発背景
近年猛暑が恒常化し、熱中症にかかる方は年々増加傾向にあります。
熱中症を予防する策の1つとして、日傘を使用し直射日光を遮る事が有効です。

従来日傘は「女性が紫外線から肌を守る」ために使うものというイメージがありましたが、昨年は「日傘男子」という流行語が生まれるなど、ここ数年は性別を問わず猛暑対策グッズとして日傘を手に取る人が増加しています。

そのような日傘に対する意識の変化、暑さ対策、熱中症対策としての日傘需要をふまえ、熱中症の予防に特化した遮光日傘、「ヒートブロック」を開発しました。

●商品の特徴
◆熱と光を徹底的に遮断する生地
ヒートブロックの最大の特徴はその生地にあります。傘生地に極薄遮光フィルムを圧着させた二層構造になっております。

二層構造の生地に晴天下の太陽光とほぼ同じ10万ルクスの光線をあてて実験した結果、まったく光を通さない事と、熱を遮る効果がある事が第三者検査機関によって証明されています。(遮光率は100%、遮熱指数は35以上という数値です)

一般的な日傘は繊維の隙間や糸そのものから太陽光が透過すると同時に、太陽熱も透過してしまいます。また遮光機能が施された製品でも、その加工方法はポリウレタンコーティングによるもので、経年劣化しやすく、遮光率数値が安定しないデメリットがあります。

◆ UVカットも半永久的
ヒートブロックは紫外線UV-A波・UV-B波をともに遮断し、UV透過率は0%を実現しています。
その効果は生地が破れたりなどしない限り半永久的に続きます。(UV透過率は0%ですが、屋外で使用する商品の特性上、「UVカット率99%以上」の表記となります。)

◆ 圧倒的なコストパフォーマンス
今までの遮光日傘は日本製が殆どで、小売価格は12,000円以上が相場となっております。
価格が高いことから遮光日傘の流通量は少ない状況です。
ヒートブロックは海外で製造を行う事によりコストダウンを図り、市場価格の約50%で商品化を実現しました。(生地製造は台湾、最終組立は中国)

◆ 男女問わず持てるシンプルなデザイン
ヒートブロックは性別を問わず持てるデザインです。
従来の遮光日傘の様なギラついた素材感がなく、折りたたみやすく軽量で、デザイン性にも優れています。
形状は長傘と折りたたみ傘の2タイプ、カラーは5色展開となります。

本体価格:¥6,000(税込 ¥6,300)
発売日:2014年2月14日

ホームページのプレスリリースはこちら
http://goo.gl/6bpek8

企業情報

企業名 アンベル株式会社
代表者名 辻野 義宏
業種 ファッション・ビューティー

コラム

    アンベル株式会社の
    関連プレスリリース

    アンベル株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域