ウイーズ・システムズ、インターネットペイメントサービス社製『MiL』を販売開始

 株式会社インターネットペイメントサービスはウイーズ・システムズ株式会社とパートナー契約を締結し当社製品であるPCモニタリングソフトウェア『MiL』の販売委託を開始いたします。

 株式会社インターネットペイメントサービス(本社:東京都品川区、代表取締役:朝田 篤、以下「当社」とします)はウイーズ・システムズ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:田口 孝貴、以下「ウイーズ・システムズ」とします)とパートナー契約を締結し当社製品であるPCモニタリングソフトウェア『MiL』の販売委託を開始いたします。

 ウイーズ・システムズには、数多くの金融機関へのWEEDS Trace Series(システムリスク、アクセス管理システム)導入実績があります。
金融機関は、情報システムの安定稼動の維持や情報漏えい対策を監督官庁や監査法人より求められており、情報システムの運用やメンテナンスにて担当者がシステムへアクセス・操作を行った際の操作履歴を保持することが必須とされています。

 昨今、顧客情報や機密情報を管理する情報システムの運用にあたり、運用担当者や開発担当者のシステムメンテナンス作業の操作履歴を取得したいという要望は多く寄せられており、ウイーズ・システムズでは創業当初からさまざまな操作履歴、アクセス履歴をログ(テキスト形式にした文字情報)として取得する製品を開発・販売してまいりました。
しかし近年、動画映像として取得したいというニーズの増加に伴い、操作履歴を映像で録画する製品『MiL』の開発・販売を行っている当社とパートナー契約を締結する運びとなりました。

当社製品『MiL』をクライアントパソコンにインストールすると、全挙動を監視・録画し、保存用サーバに転送・保管します。
更に、取得した映像データを、キーボードの入力文字ログや、USB利用履歴、アプリケーション利用時間を含む操作履歴と紐付けて管理できるため、多忙な管理者でも容易にパソコンの操作内容を検索・指定し、瞬時に確認したい映像データを閲覧できます。

『MiL』の録画保存用サーバは、ウイーズ・システムズのログサーバと共存でき、操作履歴全体の保管を一元的に管理することができます。

 ウイーズ・システムズは、『MiL』を金融機関や自治体、一般法人向けに販売開始し、今後も多くの企業でご利用いただけるような情報システムのリスク対応ソリューションを開発、商品化してまいります。

<ウイーズ・システムズについて>
ウイーズ・システムズは、個人情報保護法施行時からセキュリティ対策の中でもアクセス管理システム、監査証跡管理システムの開発・販売の実績を持ち、日本版SOX法対応、監督官庁検査対策など、企業を取り巻く環境の変化に対応する情報セキュリティ、IT統制システムを、すべて自社で開発し、低コストで提供している企業です。なかでも『WEEDS DB-Trace』や『WEEDS UNIX-Trace』といった独自の開発製品は、大手都市銀行や有力地方銀行で採用されるなど、数々の導入実績を誇っています。

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社インターネットペイメントサービス
代表者名 朝田篤
業種 その他サービス

コラム

    株式会社インターネットペイメントサービスの
    関連プレスリリース

    株式会社インターネットペイメントサービスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域