パルシステム生活協同組合連合会、『子どもの食と未来を考える調査』を発表

 パルシステム生活協同組合連合会は、「子どもの食と未来を考える調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2013年7月26日~7月29日の4日間において実施し、1,000名(調査対象者:20歳~49歳で幼児から高校生までの子どもの母親)の有効サンプルを集計いたしました。

 パルシステム生活協同組合連合会( http://www.pal.or.jp )(本社:東京都新宿区、理事長:山本 伸司)は、「子どもの食と未来を考える調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2013年7月26日~7月29日の4日間において実施し、1,000名(調査対象者:20歳~49歳で幼児から高校生までの子どもの母親)の有効サンプルを集計いたしました。

◆子どもの食事で気になること 1位“好き嫌い”、2位“テレビを見ながら”
 中高生の母親の約2割が気になるのは“ケータイ・スマホを触りながら”
◆子どもの食事で気をつけていることは“三食きちんと”、“好き嫌いなく”が上位、“家族揃って”は4割
◆子どもの食事に関する情報源 「ママ友」3割弱、幼児の母親では「子育て情報サイト」3割強

 夏休みももうすぐ終わろうとしていますが、夏休み中の子どもたちの食生活は乱れがちと言われており、子どもたちの食生活について、改めて考えさせられたお母さんたちも多いのではないでしょうか。
 そこで、幼児から高校生までの子どもがいる20歳~49歳の母親1,000名(全回答者)に、子ども(複数いる場合は末子について、以下同様)の食生活について、気になっていることや気をつけていることを聞きました。
 まず、日頃の子どもの食事について気になっていることを聞いたところ、「好き嫌いがある」(49.5%)が約半数で最も多く、「テレビを見ながら食べる」(41.5%)が次に続きました。子どもの成長段階によって母親が気になる内容は異なり、幼児の母親では「遊び食いをする」(51.0%)、小学生の母親では「箸の持ち方が正しくない」(30.0%)や「マナーが悪い(肘をつく・口にものを入れたまま話すなど)」(28.3%)、中学生の母親と高校生の母親では「ケータイ・スマホを触りながら食べる」(それぞれ17.7%、23.4%)が、それぞれ他の段階の母親より高い割合になりました。

 次に、日頃の子どもの食事で気をつけていることを聞いたところ、「三食きちんと食べさせるようにしている」(57.6%)が最も多く、次いで「好き嫌いなく食べさせるようにしている」(51.2%)、「多くの品目を食べさせるようにしている」(44.4%)、「栄養に偏りがないようにしている」(44.1%)、「楽しく食事をするようにしている」(41.6%)、「家族揃って食事をするようにしている」(40.8%)が続きました。回数や品目数、偏食、雰囲気など、母親が食事で気をつけていることは多岐にわたることがわかりました。

 また、子どもの食事に関する情報を何から得ているか聞いたところ、「自分や配偶者の親」(41.0%)が最も多くなり、「テレビ番組」(30.4%)、「ママ友」(27.1%)、「料理雑誌」(20.8%)、「子育て情報サイト」(19.8%)が続きました。「子育て情報サイト」や「育児・子育て雑誌」は、幼児の母親が他の成長段階の母親より高くなり、それぞれ31.8%、23.5%となりました。

◆食材全般を選ぶ際の母親の気持ち 1位「美味しく食べてほしいな」、2位「成長のためには必要だな」
◆野菜を選ぶ際の母親の気持ちでは「成長のためには必要だな」が1位
◆野菜を買う際に気をつけている “新鮮度”と“価格”が9割以上、“無農薬・減農薬”が約6割

 子どもの食生活に関する質問からは、母親が子どもの好き嫌いと向き合っている様子が窺えましたが、その母親たちは食材を選ぶ際にどのような気持ちで選んでいるのでしょうか。
 全回答者(1,000名)に、食材を選ぶ際の気持ちについて聞きました。
 まず、食材全般を選ぶ際にどのような気持ちになったことがあるか聞いたところ、最も多かったのは「美味しく食べてほしいな」(77.2%)で、「成長のためには必要だな」(69.9%)、「これは(子どもが)好きだったな」(63.6%)、「残さず食べてくれるかな」(61.0%)、「美味しいものを作ってあげよう」(60.3%)が6割台で続きました。“子どもに美味しい物や好きなものを食べさせたい”、“しっかり成長して欲しい”、“残さず食べて欲しい”といった母の想いが感じ取れる結果となりました。

 次に、野菜を選ぶ際に抱いたことがある気持ちを聞いたところ、「成長のためには必要だな」(59.7%)が最も多く、ほぼ同率で「美味しく食べてほしいな」(59.3%)が並び、「残さず食べてくれるかな」(50.7%)、「美味しいものを作ってあげよう」(43.4%)、「これは(子どもが)好きだったな」(37.2%)が続きました。
 野菜の場合、食材全般に比べ「成長のためには必要だな」(食材全般2位→野菜1位、以下同順)や「残さず食べてくれるかな」(4位→3位)、「(子どもが)嫌いだけど頑張って食べて欲しいな」(8位→7位)など、子どもの好みよりも健康や成長を優先させた回答では順位が上がる一方、「これは(子どもが)好きだったな」(3位→5位)や「喜ぶだろうな」(6位→8位)など子どもの気持ちを優先した回答では順位が下がりました。

 また、野菜を買う際に何に気をつけているかという質問では、『気をつけている』(「非常に気をつけている」と「やや気をつけている」の合計)割合は、【新鮮度】96.9%と【価格】94.6%が9割以上となり、【産地】は72.5%、【色・形】は67.5%、【無農薬・減農薬】は57.1%となりました。

◆子どもが好きな野菜 1位は「枝豆」、幼児では「ニンジン」が1位に
◆子どもが嫌いな野菜 1位「セロリ」、2位「ピーマン」、3位「グリンピース」
◆子どもが野菜を食べるように工夫していること 最多は「子どもが好きな味付けにする」

 野菜を選ぶ際に、「これは(子どもが)好きだったな」や「(子どもが)嫌いだけど頑張って食べて欲しいな」という気持ちになったことがある母親がそれぞれ3人に1人の割合となりましたが、子どもはどんな野菜が好きで、どんな野菜が嫌いなのでしょうか。
 全回答者(1,000名)に、子どもの好きな野菜と嫌いな野菜を聞きました。
 まず、子どもが好きな野菜を聞いたところ、1位は「枝豆」(62.2%)で、2位には「ジャガイモ」と「トウモロコシ」(それぞれ61.4%)が並びました。
 子どもの成長段階によって順位は大きく変わり、各成長段階の1位は、幼児では「ニンジン」(66.0%)、小学生では「トウモロコシ」(68.3%)、中学生では「枝豆」(65.4%)、高校生では「キュウリ」(63.1%)となりました。

 次に、子どもが嫌いな野菜を聞いたところ、1位は「セロリ」(40.6%)、2位は「ピーマン」(25.7%)、3位は「グリンピース」(24.0%)となりました。
 子どもの成長段階別にみると、全ての成長段階で1位が「セロリ」となっており、特に小学生以上では2位と20ポイント前後の差がつきました。

 子どもの成長のために嫌いな野菜も食べてもらおうと工夫している母親は多いのではないでしょうか。
 全回答者(1,000名)に、子どもが野菜を食べるように工夫していることを聞いたところ、「子どもが好きな味付けにする」(53.7%)が最も多く、次いで「できるだけ細かく刻む」(45.9%)、「子どもが好きなものと一緒に出す」(43.3%)が4割台で続きました。また、「子どもに料理を手伝ってもらう」(20.9%)や「子どもと一緒に野菜を育てる」(10.0%)、「子どもに野菜を選んでもらう」(9.6%)など、子どもに体験させるといった回答もみられ、直接かかわることで野菜への興味をもたせるように工夫している様子が窺えました。

《その他の主な調査結果》※リサーチ結果は、下記URLでも公開しております。
http://www.pal.or.jp/group/research/2013/index.html
◆今年の夏 子どもが“野菜不足”8割、自身が“野菜不足”は7割半
◆親子揃って“野菜不足”が約7割、親子揃って“充足”は1割半にとどまる

◆「子どもが事故や犯罪に巻き込まれないか心配」母親の74%
 小学生の母親の44%が「子どもが今後勉強で落ちこぼれないか心配」
◆中学生の母親の46%が「子どもが将来就職できるか心配」
◆北海道・東北エリアでは「東北復興支援は、子どもの未来のために必要」6割
◆子どもの将来のために“家計を見直したい”母親が半数以上
◆“食生活を見直したい” 子どもに野菜不足を感じている母親では感じていない母親の2倍
◆子どもの未来の為に行っていること 1位“きちんと叱る”、2位“きちんと褒める”
 小学生の母親では“家事などのお手伝いをさせる”5割半、“塾など習い事に通わせる”3割

■■報道関係の皆様へ■■
本ニュースレターの内容の転載にあたりましては、「パルシステム生活協同組合連合会調べ」と付記のうえご使用くださいますよう、お願い申し上げます。

■■パルシステム生活協同組合連合会 概要■■
組織名:パルシステム生活協同組合連合会
代表者名:理事長 山本 伸司
設立:1990年2月
所在地:東京都新宿区大久保2丁目2-6ラクアス東新宿
業務内容:会員生協の委託を受けた、商品・システム・基幹物流

企業情報

企業名 ネットエイジア株式会社
代表者名 三清慎一郎
業種 ネットサービス

コラム

    ネットエイジア株式会社の
    関連プレスリリース

    ネットエイジア株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域