プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

福島第一原発20km圏内に残された牛を活用した研究公募の開始と帰還困難区域内の現地調査の公開

一般社団法人 原発事故被災動物と環境研究会

! 2013年5月17日 17時

東日本大震災後の原発事故により20km圏内には今もなお、安楽死処分に同意していない農家の牛が約850頭生存しています。取り残された牛を継続して多角的に観察していくことは医学的にも放射線環境影響評価の面からも重要と考えられており、この度、研究会では圏内に残された牛を活用した研究公募の開始をいたします。

一般社団法人 原発事故被災動物と環境研究会のプレスリリースアイキャッチ画像

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

一般社団法人 原発事故被災動物と環境研究会

代表者名

伊藤 伸彦

業種

農林水産

プレスリリース情報

ジャンル

農林水産

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

【低レベル放射線】福島第一原発被災地域における長期被ばくが、牛の生体に及ぼす影響調査・研究経過を公表
! 2015年12月29日 11時
旧警戒区域内で継続されている牛と土壌の 放射性ストロンチウム(Sr-90)汚染測定 限定公開のお知らせ
! 2014年10月8日 11時
福島第一原発被災地域における約2年に及ぶ 牛の調査・研究経過をシンポジウムにて初公表
! 2014年6月23日 13時
福島第一原発20km圏内において、 放射性セシウムによる低線量放射線環境下で飼育された牛の被ばくと 組織におけるDNA損傷について共同研究を開始
! 2014年2月10日 20時
2013年公開シンポジウム開催 『福島原発警戒区域内に残された牛と農家』 - 家畜と農地の管理研究会の活動を通して -
! 2013年8月14日 12時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る