シェアアトリエに入居する若手クリエイターがアートマーケットを開催 !! 6/8-9『Creative Hub 131』

日本橋大伝馬町にあるハブスペース『Creative Hub 131-※1』(東京都中央区日本橋大伝馬町13-1) に入居するクリエイターが、6月8日(土)・9日(日)の2日間、アートマーケット『アトリエとキッチンのマルシェ』を開催します。

日本橋大伝馬町にあるハブスペース『Creative Hub 131-※1』(東京都中央区日本橋大伝馬町13-1) では、6月8日(土)・9日(日)の2日間、アートマーケット『アトリエとキッチンのマルシェ』を開催します。

舞台はCreative Hub 131のシェアアトリエとキッチン兼食堂(社員食堂Lab-※2)。物語のある雑貨やアク セサリーを製作する「アトリエ」と、特製スイーツやドリンクをつくる「キッチン」が外部から集まり、お客様と直接顔を合わせて作品を販売します。

主催するのは、CreativeHub131の6階に入居するクリエイター(プロダクトデザイナー、ウェブデザ イナー、ファッションデザイナー、ライター)4人。クリエイター自らが企画・運営することで、つくり手の想いや作品の長所を最大限に引き出し、買い手とのコミュニケーションが生まれる魅力的なマ ーケットを創造します。 シェアアトリエという会場の面白みやそこに集うメンバーの強みを活かし、 人・モノ・コトの新しい関係を探っていきます。

【概要】
日時:6月8日(土)・ 9日(日)11:00~18:00
会場:Creative Hub 131(日本橋大伝馬町13-1)
主催:アトリエとキッチンのマルシェ運営事務局 (伊藤 (Vectculture)/神明 (bulwark)/栗須 (Maronaviol)/飛田 (東北マニュファクチュールストーリー) )
詳細: http://1x3x1.jp/131marche/
お問い合わせ:(E-mail)131marche@gmail.com (電話番号)03-6206-2706 (Vectculture内)

『アトリエとキッチンのマルシェ』では、毎回テーマを決め、それに沿った出店者にお声かけをしています。今回のテーマは「あのひとの世界の眺めかた」。

̶̶昔の人は、梔(くちなし)の実の赤みがかった黄色を「言はぬ色」と呼びました。
実が熟しても割れないことから 「口なし」と名前をつけ、白い花びらから覗く実の色を「秘めたる想いの現れ」と考えたといいます。そう思って眺めると、梔が可憐で健気な花に見えてくるから不思議です。
新しく何かを知ると、普段何気なく見ていたものが豊かに彩られていく。
「知ることは、感じることの半分も重要ではない」とレイチェル・カーソンは言ったけれど、「知る」ことによって、世界をより深く「感じる」ようになるの ではないでしょうか。
同じまちを歩いていても、建築家と音楽家では、見ている世界はきっと違います。隣のひとの視点を知ることで、今まで見えていなかったものが目に入り、聞こえて いなかった音に気づくかもしれない。
世界をもっと瑞々しく、たっぷりと感じるために、「あのひとの世界の眺めかた」を探るさまざまな実験を行います。

独特の世界観でつくられた雑貨やスイーツを集めるほか、モノだけではなく、着眼点や制作時の舞台裏 など、つくり手の「まなざし」も伝えながら販売します。 また、「共感覚」を持つ人をゲストとしたトークショー、131覗き見ツアーなど、新しい視点を得る為 のさまざまな実験的ワークショップも行います。

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 アトリエとキッチンのマルシェ事務局
代表者名 伊藤太一
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    アトリエとキッチンのマルシェ事務局の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域