三浦市三浦下町・城ヶ島活性化プロジェクトに取組むCFネッツグループのCFビルマネジメントが三浦の食材を都心で楽しめる飲食店「六本木遊ヶ崎」を1月25日にオープン

日本人として初めて大英博物館で個展を開いた「澤田痴陶人」の器を使い、一流料理店で腕を振るった職人の作る季節を感じる本格懐石料理店「六本木 遊ヶ崎」を1月25日にオープンする。三浦の食材を都心で楽しめる飲食店を三浦市「下町・城ヶ島地区活性化事業」の一環としてCFネッツが運営。

報道関係者各位
ニュースリリース
2013年1月22日

この度、CFネッツグループのCFビルマネジメントが六本木に本格日本料理「六本木遊ヶ崎」を1月25日にオープンする。CFビルマネジメントでは、三浦市が推進している「三浦下町・城ヶ島活性化プロジェクト」第2事業として、日本人で初めて大英博物館で個展を開いた伊万里の絵付師「澤田痴陶人」の作品を収蔵し、三浦市三崎に「澤田痴陶人美術館」を開設しているが、この度、更にこの地域活性化を推進する為に、三浦の食材と澤田痴陶人のデザインを継承する「痴陶人工房」の器を使い、季節を感じる本格日本料理店「六本木 遊ヶ崎(あそびがさき)」を六本木の「芋洗坂」に出店させる。
CFビルマネジメントでは既に三浦市三崎城ヶ島に「遊ヶ崎リゾート」として地元の新鮮な野菜と魚などを使った日本料理が楽しめるレストランと宿泊施設を運営、昨年末には、三浦三崎港に地元の食材などを炭火焼として提供する「炭火焼 蔵」を開店している。
城ヶ島が神奈川県第4の観光地として指定されたことの機運が高まる中、源頼朝が命名したといわれる城ヶ島の「遊ヶ崎(あそびがさき)」という地名を活用して、六本木に訪れる富裕層の方々や外国人の方々にも三崎下町、そして城ヶ島の良さを知ってもらおうと計画したものである。
また、三浦市が募集して民間事業者が協力して推進している「下町・城ヶ島地区活性化事業」において、助成金などを一切受け取らずに民間主導で行っている地域活性化事業は他に類がなく、CFビルマネジメントの親会社CFネッツは「不動産コンサルタント会社」であり、この事業を通じて民間企業が独自の利益で地域活性化ができれば、新たなビジネスモデルの構築につながり、地方自治体の負担が減るとしている。


なお「六本木 遊ヶ崎」は、六本木芋洗坂。詳しい情報は下記詳細を参考にしてください。

お問合せ:株式会社シー・エフ・ネッツ 0120-177-213
───────────────────────────────────

1/25オープン六本木『遊ヶ崎』
〒106-0032
東京都港区六本木6-8-21真興ビルSK六本木ハイム1F
店内は、カウンター8席、8席と4席の個室がある。
電話:03-6434-9858 FAX:03-6434-9859
営業時間:17:00~23:00 日曜定休

12/20オープン炭火焼『蔵』
http://www.asobigasaki.com/kura/
〒238-0243
神奈川県三浦市三崎3-2-22
電話:046-884-8551 FAX:046-884-8552
店内は、カウンター6席、テーブル3席と、4名様~25名様の個室がある。
宴会のご予約も受付中。
営業時間:16:00~23:00 水曜不定休

───────────────────────────────────
【シー・エフ・ネッツグループ】
1999年より、CF(カスタマー・フォーカス)、つまり、お客様に焦点を当てて良きパートナーである不動産総合コンサルタントを目指し、不動産投資、相続・資産管理、賃貸管理、建築、セミナーの開催、マンスリー、ウィークリーマンション、リゾートホテルの管理・運営などの事業を手がけており、横浜本社、東京支社、大阪支社を拠点としてコンサルティングを行い、全国主要都市7拠点に加盟店であるコンサルティングデスクを展開している。不動産コンサルティングのCFネッツ、建築部門の南青山建築工房、ウイークリーマンスリーマンションの月極倶楽部、テナント関連コンサルティングの日本テナントサービス、そしてCFビルマネジメントは首都圏に7000室を越える賃貸管理やマスターリース事業を展開している。

【倉橋隆行 くらはし たかゆき】
シー・エフ・ネッツグループ代表。不動産会社で賃貸管理、不動産売買の経験を積んだ後、1999年にマンスリーマンションの株式会社月極倶楽部を創立。2000年に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立、代表取締役に就任。2002年JREM国際CPM協会(現IREM-JAPAN)会長就任。不動産投資や相続対策、土地有効活用に精通している。グループ企業8社の代表取締役ほか、自身も各種コンサルティング、セミナー、執筆などを精力的にこなしている。主な著書に【損しない相続】朝日新書他多数。

【参考資料】
■シー・エフ・ネッツに取材をしませんか?

シー・エフ・ネッツグループは積極的にメディアの取材にご協力いたします。

・⇥不動産投資事情、賃貸市況、ウイークリーマンスリーマンション事情
・⇥賃貸トラブルと解決の密着取材(当社代表の著書「賃貸トラブル110番」参照)
・⇥インターナショナルコミュニティ青葉台、日本に留学する外国人(約150名)
・⇥相続対策関連(当社代表の著書「損しない相続」参照)事例多数
・⇥土地有効活用と先進的な健康住宅事情(事例多数)
・⇥不動産コンサルティング全般(事例多数)
・⇥「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」、「炭火焼 蔵」、「六本木 遊ヶ崎」の映画、テレビ撮影協力
・⇥その他

既に取り上げられたテレビ番組一例

H11年 TBS ここがヘンだよ日本人(当社代表出演)
 その他、ジェネーションジャングル多数(当社代表出演)
H20年フジテレビ カスペ お客様は王様かよ 賃貸クレーム担当者密着
H21年テレビ東京 ワールドビジネスサテライト 賃貸住宅を取り巻く環境
H22年日本テレビ NEWSリアルタイム クレーム担当者密着
H22年日本テレビ news every 賃貸トラブル解決人
H22年テレビ朝日 スーパーモーニング 賃貸クレーム担当者に密着
H23年テレビ朝日 特捜!波乱の春に負けるなSP
H23年テレビ朝日 スーパーJチャンネル 賃貸住宅の不動産トラブル処理人に密着
H23年 JCOM    Hometown yokoyoko 下町・城ヶ島地区活性化プロジェクト
H23年 NHK    ニュースウォッチ9 賃貸の更新料 有効の判決
H23年 JCOM    Business View ~企業に熱い視線~ 株式会社シーエフネッツ
H24年テレビ朝日 スーパーJチャンネル 街角の死角「賃貸住宅のトラブル処理人に密着」

他、様々な分野で事業に取り組んでおります。

本社所在地:株式会社シー・エフ・ネッツ
      有限会社シー・エフ・ビルマネジメント
横浜市港南区港南台3-3-1-4F
TEL/045-832-7440  FAX/045-832-7452
代表取締役社長 倉橋 隆行(くらはし たかゆき)
資産管理・不動産投資・賃貸管理・建築・
マンスリーの総合不動産コンサルタント会社

企業情報

企業名 シー・エフ・ネッツ・グループ
代表者名 倉橋 隆行
業種 不動産

コラム

    シー・エフ・ネッツ・グループの
    関連プレスリリース

    シー・エフ・ネッツ・グループの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域