「時限設定消去」「ログ書き出し」機能が追加されたパスワード認証USBメモリの新バージョン「セキュアファイブ」を新しく発売いたしました。

オリエントコンピュータ株式会社(大阪市中央区 代表取締役社長 金澤歓喜)は、セキュアUSBメモリシリーズとして「時限設定消去」「ログ書き出し」機能が追加されたパスワード認証USBメモリの新バージョン「セキュアファイブ」を新しく発売いたしました。

■製品案内
パスワード認証USBメモリ「セキュアファイブ」は、パスワードによる認証でデータを保護し第三者による不正な盗み見や、紛失・盗難などの情報漏洩からデータを守ります。新バージョンの「セキュアファイブ」では「時限設定消去」「ログ書き出し」機能が追加され、セキュリティ機能を強化しました。「セキュアファイブ」はセキュリティ機能に特化したパスワード認証USBメモリです。

(製品特長)
・時限設定消去(新機能)
・ログ書き出し(新機能)
・ソフトアップグレード機能
・2~16GBの豊富なラインナップ
・ファイルの暗号化&複号化
・ユーザー登録最大32人
・AES256 暗号化
・ドライバインストール不要
・回転式キャップレス仕様
・専用アルミケース付属
・製品1年保証

(新機能のご紹介)
(1) 時限設定消去
USBメモリに保存したデータに消去日時を設定しておくことで指定時間になると保存データは自動的に消去されます。万が一、USBメモリが紛失や盗難された場合でも時限設定をしておくことでUSBメモリのデータを情報漏洩の危険からお守りします。

(2) ログ書き出し機能
USBメモリの利用したログを記録&書き出しすることができますので企業や組織の人間で共有して利用する場合、管理者の方で簡単に管理することが可能です。

(製品仕様)
・容量ラインナップ:2GB/4GB/8GB/16GB
・必要システム:Windows XP(32・64bit)/Windows 7(32・64bit)
・製品サイズ:55×16×9mm(折りたたみ時)
・動作環境:-20~60℃/0~85%
・付属品:アルミケース/ユーザーマニュアル/保証書

(製品紹介URL) http://www.orient-computer.co.jp/products/securefive.php

■会社案内
オリエントコンピュータは1992年に設立、デュプリケータの販売から事業を開始しました。その後はPCからの情報漏洩を防止するためにHDDを磁気消去する世界で初めてのログ管理システムハードディスククラッシャーの開発・販売、世界最多消去システムのデータ消去ソフトの開発・販売、特殊USBメモリによるストレージ、データセンター内での安全なデータ移動システムの開発などを行っております。そして、セキュリティに関するさまざまな製品の開発に取り組み、スキミング対策・電磁波防止製品の開発・販売(SKIM BLOCK)、世界初のダウンロードによる機能追加が可能な指紋認証USBの開発・販売や、データ消去サービスシステム、リサイクルボックス(特許取得)利用の環境ビジネスシステムなどを行い、その他、各企業に合わせたセキュリティ製品のカスタマイズ化、RAIDやFC対応の大量データ消去システム構築などのソリューション提案を幅広く提供し続けています。

企業情報

企業名 オリエントコンピュータ株式会社
代表者名 金澤歓喜
業種 その他製造業

コラム

    オリエントコンピュータ株式会社の
    関連プレスリリース

    オリエントコンピュータ株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域