【生活者に聞く!】調査 第19回  「プライベートにおけるソーシャルメディアの利用状況について」ダイジェスト

月刊『アイ・エム・プレス』の連載「生活者に聞く!」において、プライベートにおけるソーシャルメディアの利用状況について調査しました。同調査結果のダイジェストをお届けします。

PRESS RELEASE
株式会社 アイ・エム・プレス
I.M.press,Inc
2012年9月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【生活者に聞く!】 第19回
   「プライベートにおけるソーシャルメディアの
               利用状況について」ダイジェスト

       Facebook、Twitterユーザーの約4分の3が
      企業のFacebookページ、アカウントをフォロー。
 詳細は月刊『アイ・エム・プレス』 Vol.197(2012年10月号)誌上で!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アイ・エム・プレス(東京都文京区)は、月刊『アイ・エム・
プレス』の連載「生活者に聞く!」(調査主体:(株)アイ・エム・プ
レス/調査協力:株式会社ドゥ・ハウス)において、プライベートにお
けるソーシャルメディアの利用状況について調査しました。同調査結果
のダイジェストをお届けします。

<調査の概要>
調査期間: 2012 年8 月20 日(月)~24 日(金) サンプル数:1,200
調査方法:(株)ドゥ・ハウス myアンケート
調査主体:(株)アイ・エム・プレス
調査対象: 20~50 代の男女 調査協力:(株)ドゥ・ハウス

<調査結果紹介>
●特定の企業情報をキャッチするために
 ソーシャルメディアを活用しているのは、4.9%

増え続けるソーシャルメディアの利用者に向けて、Facebookページや
Twitterの公式アカウントを設けて情報を受発信する体制を整えている企
業も多い。これに対して実際、どのぐらいの生活者が興味を示している
のだろうか。

まず、いずれかのソーシャルメディアのアカウントを取得している、あ
るいは、会員登録している人に、ソーシャルメディアの利用目的を聞い
たところ、「実際に面識のある友人・知人の近況を知ったり、連絡をと
り合うため」が40.2%でトップ。続いて「趣味の情報を収集したり、趣
味のネットワークを広げるため」(37.1%)、「世の中のニュースやト
レンドを知るため」(27.3%)、「家族・親族の近況を知ったり、連絡
をとり合うため」(21.8%)などとなっており、「特定の企業・団体の
情報をキャッチするため」に利用している人は4.9%と決して多いとは
言えない。

●Facebookユーザーの4分の3以上が、
 なんらかの企業・ブランドの“ファン”に

回答者のうちFacebookのアカウントを取得している人は32.8%だった。
これらのFacebookユーザーに、「いいね!」をしている企業やブランド
のFacebookページがいくつあるかについて聞いたところ、「3~5」が
24.3%、「1~2」が20.1%、「11以上」が12.0%、「6~10」が8.9%で、
(「いいね!」をしている企業やブランドはあるがその数がいくつかは)
「わからない」が11.5%、「ひとつもない」は23.2%。
Facebookユーザーのうち4分の3以上が、なんらかの企業・ブランドの
Facebookページに「いいね!」をしているという結果になった。

「いいね!」をした理由としては、「「いいね!」をすると参加できる
キャンペーンをやっていたから」が52.6%でトップ、以下、「その企業・
ブランドのニュースや商品情報をいちはやく知りたいから」が42.4%、
「お得な情報やクーポンがほしいから」が35.4%などとなっていた。

●Twitterユーザーもほぼ同様の傾向に

回答者のうちTwitterのアカウントを取得している人は32.7%だった。
これらのTwitterユーザーに、フォローしている企業やブランドのTwitter
アカウントがいくつあるかについて聞いたところ、「3~5」が22.7%、
「1~2」が19.9%、「11以上」が12.2%、「6~10」が6.9%、(フォロー
している企業やブランドのアカウントはあるがその数がいくつかは)
「わからない」が10.7%であり、「ひとつもない」は27.6%。Facebook
ユーザーにおける、「いいね!」をしている企業・ブランドのFacebookペー
ジの数の分布と、ほぼ変わらない結果となった。

企業・ブランドのアカウントをフォローしている理由としては、「その
企業・ブランドのニュースや商品情報をいちはやく知りたいから」が
53.9%でトップ、以下、「フォローすると参加できるキャンペーンをやっ
ていたから」が45.4%、「お得な情報やクーポンがほしいから」が39.4%
などとなっていた。

……………………………………………………………………………………………
調査結果の詳細は、2012年9月25日発行の月刊『アイ・エム・プレス』
Vol.197(2012年10月号)誌上でご覧ください。
詳細はhttp://www.im-press.jp/magazine/ から。

さらに、「アイ・エム・プレス」 Webサイトから
全設問の調査結果をお申し込みいただけます(無料)。
http://www.im-press.jp/magazine/1000s.html
……………………………………………………………………………………………

インターネットが企業と生活者、そして企業と企業をつなぐ時代。従来
からの競合の概念は大きく変化し、顧客主導型経営の重要性が叫ばれて
います。月刊『アイ・エム・プレス』では、このような“変革の時代”に
勝ち残るための顧客づくりのヒントを、年間定期購読システムによりお届け
しております。


企業情報

企業名 (株)アイ・エム・プレス
代表者名 西村道子
業種 未選択

コラム

    (株)アイ・エム・プレスの
    関連プレスリリース

    (株)アイ・エム・プレスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域