プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル著作権管理(DRM)で業界最大手のアイドックはKEYRING.NETのサービスを拡張して電子出版ビジネスを加速する統合サービスの提供を開始します。

アイドック株式会社

! 2011年7月5日 12時

アイドックは、DRMソリューションであるKEYRING.NETを拡張して、電子出版を加速する統合サービスの提供を開始し、7月7日から行われる国際電子出版EXPOにて公開します。統一された環境でPDF、ePUB、HTML、H.264、MP3などのコンテンツをセキュアに配信できるのは業界で初めてです。

アイドックは、DRMソリューションであるKEYRING.NETを拡張して、電子出版を加速する統合サービスの提供を開始し、7月7日から行われる国際電子出版EXPOにて公開します。統一された環境でPDF、ePUB、HTML、H.264、MP3などのコンテンツをセキュアに配信できるのは業界で初めてです。

■サービスの概要
KEYRING.NETの5つのコンセプト。
1 標準フォーマット:PDF、ePUB、HTML、H.264、MP3
2 ワンソース・マルチユース:一つのコンテンツファイルでマルチ展開
3 マルチプラットフォーム:Windows、Mac、iOS、Android
4 DRM:配信側とユーザに優しいコンテンツコントロール
5 マルチデバイス:クラウド書庫を通じて複数の端末でコンテンツを共有

このコンセプトで電子出版の各段階でのインフラとサービスを提供します。
1 制作:各種の電子素材から標準フォーマットのコンテンツを作成します。
2 DRM/配信:必要に応じてDRMをかけてマルチプラットフォームへの配信。
3 書店サイト構築と運用:アップルのアプリ内課金(IAP)やPayPaltm(ペイパル)などの標準的な課金を用意し、出版社は独自の書店サービスをすぐに始めることができます。この書店では電子コンテンツだけでなく、紙媒体の本や関連する物販をすることもできます。
4 ビュアーとクラウド書庫:各種標準フォーマットのコンテンツを一元的に管理表示することのできるビュアーとユーザがクラウド上に自分の書庫を持てるクラウド書庫を提供します。
5 マーケティング・アクセス解析:ソーシャルメディアに対応したマーケティングやDRMコンテンツ認証サーバー連携による売れ筋分析を提供します。(予定)

■サービスの背景
出版各社は電子出版に向けて様々な試みをしきたが、フォーマットが統一されていなかったり、販売プラットフォームが乱立したりしていて、未だ意味のある電子出版が確立されていない。アイドックのKEYRING.NETにより、出版社はPDFやePUBまたはHTMLなどの標準フォーマットで、短期間に最低コストで電子出版を始めることができます。結果的により多くのコンテンツが市場に出ることで、電子出版市場が活性化されると考えます。

■価格
SaaSによるサービス提供です。
1 初期費用:198,000円
2 年間保守費:98,000円
3 コンテンツ制作サービス料:50,000円から
4 書店構築運用費用:98,000円から
5 売上に対するりべニュシェア:5%から
6 定額固定費による使い放題:月額40万円から
などから目的に合ったものを選択できます。

■主な対象とするユーザ
1 出版社(書籍、雑誌、新聞、ビデオ、オーディオ)
2 学校、他の教育機関、企業、官公庁
3 クリエータ(著者、カメラマン、ミュージシャン、イラストレーター etc)

■対応するフォーマットとプラットフォーム
PDF: Windows, Mac, iOS, Android
ePUB, HTML, H.264, MP3: iOS, Android
(PDF以外のフォーマットも順次WindowsとMacに対応していく予定です。)

■DRM機能の概要
1 コンテンツは暗号化され万が一流通の過程で第三者に取得された場合でも、そのコンテンツを見ることはできません。
2 表示された画面をキャプチャー(画像取得)する行為も極力抑止されます。
3 販売されたコンテツを何台の端末で見ることができるかもコントロールされます。
4 コンテンツの閲覧期間を販売時に設定することでレンタルなどにも応用できます。
5 コンテンツをどの端末で閲覧させるかをコントロールできます。IOSだけで見せる、またはWindowsだけで見せるなど。

■「KEYRING.NET」について http://www.keyring.net/
コンテンツ流通の基盤技術として、デジタル著作権管理(DRM)及びデジタルコンテンツ流通プラットフォームを提供するソリューションブランド。PDF,
FLASH, ePUB, HTML, H.264,
MP3などの標準フォーマットによるコンテンツ販売に必要なサービスをSaaS(Software-as-a-Service)で提供する。ワンソース、マルチユース、マルチプラットフォーム、マルチデバイスをコンセプトとする。デジタルコンテンツのDRM分野では2005年以来、100以上のサービスで採用実績があり、実質的な業界標準ソリューションとなっている。

■アイドック株式会社
概要 http://www.idoc.co.jp/
商号: アイドック株式会社
代表者: 代表取締役 成井 秀樹
設立年月日:1999年7月 資本金: 3,000万円
本社所在地: 東京都品川区西五反田7-13-6 SDI五反田ビル10F (〒141-0031)
主な業務内容:デジタルコンテンツ向け著作権管理(DRM)システムとコンテンツ流通プラットフォームの開発とSaaSによる提供
主要取引先:日本電気株式会社、富士通株式会社、集英社、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社東洋経済新報社、株式会社東京リーガルマインド、株式会社朝日新聞出版、株式会社パピレス、株式会社インプレスジャパン、株式会社ビットウェイ、アスペクトデジタルメディア株式会社ほか
KEYRING.NET導入サービス: 100サイト以上

本件に関する 報道関係者様のお問い合わせ先
アイドック株式会社  広報担当:加集
TEL: 03-5759-2055  FAX:03-3495-7191 e-mail:info@keyring.net

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

アイドック株式会社

代表者名

成井敦

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

慶應義塾大学通信教育部とアイドックが「eラーニングアワード2017フォーラム」に登壇します
! 2017年9月26日 13時
「週プレ グラジャパ!」がbookend viewによる立ち読みサービス開始
! 2017年6月30日 10時
アイドックの「bookendソーシャルDRM」を使ってNHK出版が語学講座CDの音声データダウンロードサービスを開始
! 2017年4月10日 10時
慶應義塾大学通信教育部がアイドックの「bookend」を使って2017年度より電子テキスト配信サービスを開始
! 2017年2月1日 10時
アイドックの「bookend」を使ってへるす出版が「改訂第9版 救急救命士標準テキスト 電子版」を刊行
! 2016年11月24日 15時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る