【株式会社Rバンク】は、2年で19物件のシェアハウスの提案実績を活かして 2011年2月27日【日】にシェアハウス投資セミナーを行います

株式会社Rバンクで展開している女性専用シェアハウス。10年先に高稼働するシェアハウスというテーマを元にシェアハウスの解説から商品作りまでを対話を交えながらお伝えします。

シェアハウス投資セミナー【株式会社Rバンク】2月27日に開催

「10年先を見据えた高稼働シェアハウスの創り方」

Rバンクの女性専用シェアハウス。
NHKのニュース【おはよう日本】やテレビ東京系
【ワールドビジネスサテライト】雑誌【AERA】等で紹介され、
シェアハウスの投資本にも法人としては唯一取り上げられました。
本セミナーでは、コーディネートしたシェアハウスは11物件。
計画中も含めると19物件というシェアハウスのコーディネートや
管理活動の中で得たノウハウを元に成長する「シェアハウス市場」
の中で、10年先を見据えた投資の勝ち組シェアハウスの創り方を紹介
していきます。

低コストながら、高稼働が可能なシェアハウス投資は、近年ブームに
なり、多くの物件が都内を中心に供給されました。その一方で既存の
老朽化した建物をそのまま利用しているシェアハウスや、入居者目線
の欠けた水周りや共用部分を設けたシェアハウスは退去者が相次ぎ、
シェアハウス業界内での市場競争が起きている状況です。

今回は、成長市場であるシェアハウス業界で、入居者から支持される
シェアハウスの創り方をご紹介させて頂きます。
同時にシェアハウス向きの建物や土地の探し方や具体的な物件等も
いくつかご紹介いたしますので、不動産投資としてシェアハウスの
所有をしたいとお考えの方はぜひ、ご参加下さい。

シェアハウスは、

●需要が高く、創り方を間違えなければ、とても稼働率が高い。
●改装費用や施工費用が一般的なアパート投資よりも抑えやすい。
●入居者と人間味ある暖かい関係を築ける。

と、一見すると運営するオーナーにとっては、メリットが多そうですが

反面

●シェアハウスは入替が多くて、安定した収益が望めなそう
●問題やトラブルが多発して悩まされそう

といった、意見も多くあり、興味はもっていても、踏み出せない
方も多いようです。

今回のセミナーではRバンクとしてのシェアハウスの短所
と思われる部分の解消法もお伝えします。

●シェアハウスを創るのにどれ位コストがかかるのか?
●シェアハウスに欠かせない設備とは何か?
●今後のシェアハウス市場はどうなるのか?

等々、今回のセミナーではシェアハウスを創るのに
欠かせないノウハウを 余すことなくご説明致します。
ここまで読んでくださって、興味をお持ちの方は、ぜひ、ご参加
下さい。尚、本セミナーについては、参加される方がより多くの
気づきを得られるように少人数での対話形式で行いたいと思って
います。定員になり次第、打ち切りとなりますので、お早目の
ご予約をお待ちしております。

【シェアハウスとは?】

20から40台の女性のブームになっているシェアハウス。
一般的な賃貸物件とは違い、水回りやLD部分を皆で共有。
ベットや机が設置済みの専用スペースもある共同生活。
海外では、ゲストハウスとして、賃貸の形態としての
認知度も高く、日本でも、『長屋』や『学生寮』
などが近い形といわれています。

日時:平成23年2月27日(日)11:00-13:00

場所:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビル5F 
   株式会社Rバンク 大会議室

定員:10名

参加費:1500円

予約方法:問合せ先に記載している電話番号へ直接お電話頂くか
     もしくはメールで参加人数と併せてご予約下さい。


講師:株式会社Rバンク 代表取締役 藤田 将友

大手財閥系倉庫会社より大手財閥系不動産会社を経て、平成18年に
株式会社Rバンクを創立。既存の不動産の有効活用をテーマに建物検査付の
仲介取引や、古いビルの活用等で、NHKやTV東京等で紹介をされる。
シェアハウスについては、第一号物件
「シェ・モア飯田橋」がTVに取り上げられ、2年間で管理戸数を9棟、
企画中も含めると19件のプロジェクトに関わっている。特徴としているの
は女性専用と高いデザイン力・セキュリティで、女性から評価を
されるシェアハウスを生み出している。


株式会社Rバンク 取締役 金子 智美

専任のシェアハウスコーディネーター。女性専用シェアハウスの
設計・インテリアデザインから募集・運営のスキームまでを産みだし
Rバンクのシェアハウスの統括を行っている。TVや新聞への掲載依頼
も多く、1物件1物件に違ったコンセプトのシェアハウスを展開している。
本セミナーではは主にデザインや管理面について解説します。










【本件に関するお問い合わせ先】

【株式会社Rバンク】広報担当:鈴木
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビル3階
 TEL:03-5464-2520(代表)| FAX: 03-5464-2521
 mail:info@r-bank.co.jp


《関連URL》
http://www.r-bank.co.jp
http://www.r-bank.co.jp/nomove/sharehouse/sh_about.html

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社Rバンク
代表者名 藤田 将友
業種 不動産

コラム

    株式会社Rバンクの
    関連プレスリリース

    株式会社Rバンクの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域