【JASDAQ企業】機関投資家・アナリスト向け 技術IR説明会 開催

工藤一郎国際特許事務所および株式会社アイフィスジャパンが主催、株式会社大阪証券取引所が後援する機関投資家・アナリスト向けの技術IR説明会が2010年12月10日に開催された。

工藤一郎国際特許事務所および株式会社アイフィスジャパンが主催、株式会社大阪証券取引所が後援する機関投資家・アナリスト向けの技術IR説明会が2010年12月10日に東京証券会館1階のJASDAQ-OSEプラザで開催された。

参加企業は、高見沢サイバネティックス、アールテック・ウエノの2社で、ともに技術が企業の経営要素として重視されている企業。企業より事業説明を行った後に、工藤一郎国際特許事務所より『事業がどのようにして特許やノウハウにより競争力を維持しているのか』を第三者の立場から、特許価値評価指標などの客観的な定量評価データも利用して説明を行った。

さらに、工藤一郎国際特許事務所の弁理士が『今、注目すべき日本の技術とは』と題した基調講演も行った。基調講演においても特許価値評価指標を用いた客観的なデータ分析から今後注目すべき技術を抽出し説明。

当日は、機関投資家、アナリスト、新聞記者、関係者等を合わせて50名以上が集まり、会場は立ち見も出るほど盛況だった。


■参加企業
   ◆株式会社高見沢サイバネティックス ( HP : http://www.tacy.co.jp/ )
   ◆株式会社アールテック・ウエノ ( HP : http://www.rtechueno.com/ )


■工藤一郎国際特許事務所概要 ( HP : http://www.kudopatent.com/ )
2000年4月に弁理士 工藤一郎が設立。特許出願業務に加え、2002年からは特許価値評価業務を開始。今までに大規模のM&A(東証一部)における知財評価から中小企業の知財担保融資のための知財評価まで多数の案件を取り扱っている。

1. 特許価値評価指標とは
特許価値評価指標とは、工藤一郎国際特許事務所にて開発されたYKS手法に基づいて算出される値。[1]特許の独占排他力を評価することに主眼をおいた指標 [2]特許のコストアプローチ的な資産価値を評価することを目的とした指標 で構成される。

2. 特許価値評価指標のデータ検証について
東京大学大学院経済学研究科の教授との共同研究、大手アセットマネジメント会社での調査・分析において企業の成長力指標としての有効性を確認。さらに、経済産業省研究会では、中小企業の将来性、成長性や倒産可能性を評価する際に財務力と併せて技術力を評価することの有効性が統計的に証明された。





企業特許力指数ランキング(東証一部上場企業)はこちらから
【 http://www.kudopatent.com/a23.html 】




【本件に関するお問い合わせ先】
工藤一郎国際特許事務所
担当 : 小林
電話 : 03-3216-3770
E-mail:office@kudopatent.com


《関連URL》
http://www.kudopatent.com/

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 工藤一郎国際特許事務所
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    工藤一郎国際特許事務所の
    関連プレスリリース

    工藤一郎国際特許事務所の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域