『プロジェクトEGG』 : I’MAXが新規参加! ,復刻第1弾は『スーパー麻雀』『スーパーパチンコ』一挙二作品配信!! 【D4エンタープライズ】

株式会社D4エンタープライズが運営するレトロゲーム復刻配信サービス『Project EGG』での、新規メーカーとしてI’MAXが参入、コンシューマータイトル2作品配信開始のお知らせ。


レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』にI’MAXが新規参加。
復刻第1弾は『スーパー麻雀』『スーパーパチンコ』一挙二作品配信!
平成22年11月30日
株式会社D4エンタープライズ

 株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区、代表取締役・鈴木直人)が運営するレトロゲーム配信サービス『Project EGG』(※)に、新規参入メーカーとしてI’MAXが加わり、本日2010年11月30日よりゲームソフトの復刻配信を行います。同社の参加で『Project EGG』取り扱いメーカーは全53社となります。
 今回復刻第一弾として、90年代にコンシューマー向けとして発売された『スーパー麻雀』『スーパーパチンコ』をウインドウズ用に復刻します。

タイトル : スーパー麻雀
ジャンル : テーブルゲーム
価  格 : 840円(税込)

 本作は1992年にI’MAXから発売になった麻雀ゲームです。大きな特徴は、これ1本で、様々な麻雀が楽しめる点でしょう。ゲームモードは、12人 の雀士から一人を選んで二人打ち麻雀を楽しむ「フリー対局モード」、牌交換などのアイテムを使って戦う「アイテム対局モード」、麻雀で世界の領土を奪い合う「世界統一モード」の3つが用意されています。
 この中でも一番の見所は、「世界統一モード」でしょう。12人の雀士が領土を賭けて麻雀で対決するという もので、対局の間には持ち点を使ってアイテムを購入できるというフィーチャーなどもあります。麻雀でありながらちょっとしたシミュレーションゲームテイストを味わえる点は、なかなかに興味深いといえるでしょう。
 ちなみにルールを変更することも可能なので、自分に合わせたルールに変更してプレイすれば、より 楽しめることは請け合いです。


タイトル : スーパーパチンコ
ジャンル : テーブルゲーム
価  格 : 840円(税込)

 本作は1994年にI’MAXから発売になったパチンコゲームです。といっても昨今に見られるような実機のシミュレーターではなく、プレイヤーは駆け出しのパチプロとして、仮想の世界で生活をすることになるのです。
 マップには自分の家と複数のホール、占い師の館などがあり、日々ホールに通っては羽モノ、デジパチ、権利モノといったパチンコ台を攻略することになりま す。ホールごとの特性を読んだり、ほかのパチプロと情報交換をしたりしつつ、一流のパチプロを目指しましょう。なお、資金をためれば部屋が豪華になったり、パチンコ台を購入して家で研究することもできます。

権利表記 :
(C) I'MAX
(C)2010 ProjectEGG
(C)2010 D4Enterprise Co.,Ltd


※『ProjectEGG』とは
 PC-9801、FM-7、X1など、さまざまなプラットフォームが乱立していた1980年代。この時期に発売されたPCゲームは、その後のゲームに大きな影響を与えています。しかし記録メディアの劣化やプラットフォーム等の変化により、それらは次第に遊べなくなっています。
 D4エンタープライズでは、レトロゲームを文化遺産のひとつと考え『ProjectEGG』というプロジェクトを発足しました。過去の名作をWindows上に復刻し、いつまでも楽しめるようにすること。それが『ProjectEGG』の役割と考えております。詳細は下記URLをご参照ください。

http://www.amusement-center.com/project/egg/

 現在『Project EGG』で取り扱っているメーカーは以下の通りです。
ANMA、BPS、dB-SOFT、GAM、Gモード、HOT-B、IRI、ZOOM、アートディンク、I’MAX、アイレムソフトウェアエンジニアリング、アエリアIPM、アルシスソフトウェア、イタチョコシステム、ウインキーソフト、エンターブレイン、ガイナックス、キャリーラボ、クリスタルソフト、ゲームアーツ、コスモスコンピューター、コンパイル、サンソフト、システムサコム、システムソフト、シンキングラビット、スタジオWING、ティーアンドイーソフト、テンキー、パオン、ハミングバードソフト、パンサーソフトウェア、ファミリーソフト、ヘルツ、ボーステック、ホクショー、ポプコムソフト、マイクロキャビン、マイクロビジョン、ミリオン、メサイヤ、メディアワークス、モオソフト、ランダムソフト、リバーヒルソフト、呉ソフトウェア工房、工画堂スタジオ、創現、日本クリエイト、日本テレネット、日本ファルコム、日本物産、風雅システム


【報道機関からのお問い合わせ】
株式会社D4エンタープライズ 広報担当 大石
Mail:info@d4e.co.jp / TEL:03-3518-6886 / FAX:03-3518-6887

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社D4エンタープライズ
代表者名 鈴木直人
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社D4エンタープライズの
    関連プレスリリース

    株式会社D4エンタープライズの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域