Syn thesizer Festa 2010 クリエイターズ横丁に国立音楽院が出展します。

音楽を楽しみ、創る ミュージックメディアの祭典で展示販売のクリエイターズ横丁に国立音楽院のデジタルクリエイター科を中心とした学生の作品を出展販売します。

報道関係者各位  
2010年9月17日
国立音楽院
音楽の総合学校・国立音楽院(東京都世田谷区池尻3-28-8、理事長:新納重臣)
専攻学科20学科を設置し、これまで約7000名の卒業 生を輩出しています。
今回、日本シンセサイザープログラマー協会主催によるSynthesizer Festa 2010のクリエイターズ横丁に在校生や卒業生及び講師の作品を展示、販売いたします。

■Synthesizer Festa 2010について
最新の電子楽器、音楽ソフトを国内外の代表メーカーが展示
音楽制作、楽譜、音作り、録音から著作権まで学べる講座
豪華出演者によるコンサート、ニコニコ動画生放送イベント
展示販売のクリエイターズ横丁、模擬店、フリーマーケット

日時 2010年10月9日10日の2日間
会場 西新宿 芸能花伝舎 創造スペース
芸能花伝舎は新宿区と芸団協が文化協定を結び運営している芸能拠点です。
http://www.jspa.gr.jp/synthfesta/2010/index.html

▼クリエイターズ横丁
音楽を創る、楽しむ!
クリエイターが軒を連ねる商店街


▼国立音楽院はMIDI検定協力校です。
国立音楽院はMIDI 検定協力校です。学校の授業では4 級から2 級筆記まで対応している他、2 級実技の個人レッスンも対応しています。更に協力校のためガイドブックの購入から検定試験の申し込みができる他、普段から学んでいる教室で試験が受けられるため、リラックスした状態で筆記試験ができる事も魅力の一つです。MIDI 検定を取得する事で、自分の音楽制作にMIDI を活かすことが更にできるようになるはずです。

■MIDIとは、Musical Instrument Digital Interfaceの頭文字を組み合わせた言葉で、音楽情報を効率良く伝達するための規格です。カセットテープやビデオテープのように、メーカーや機種に関わらず使うことの出来る統一規格です。MIDIの演奏情報とは、楽器演奏の要素となる「音の高さ、大きさ、長さ」と音色や効果 を、数値化(記号化)したものです。音楽波形そのものを伝達するのに比べ約100分の1に圧縮された効率のよい音楽情報です。MIDI規格の電子楽器(シンセサイザー等)を演奏すると、そのMIDI OUT端子からは常に演奏情報が出力され、これを録音(記録)する事が基本的なMIDIの音楽制作です。


▼国立音楽院について
http://www.kma.co.jp/
オープン・シラバスを導入した日本唯一の学校

「オープン・シラバス」の魅力
国立音楽院には、デジタルクリエイター科、作曲アレンジ科、エレクトーン、ロックプレーヤー科をはじめ、音楽療法学科やリトミックからウィンドオーケストラ、楽器の製作・修理や調律などに対応した科まで、音楽に関わる様々な分野の学科が用意されています。国立音楽院のユニークな点は、専攻の学科を受講しながら、豊富な学科の中から興味のある分野の学科を履修できる「オープン・シラバス」を導入しています。これは、必修科目は基本的な専攻科目だけに抑え、シラバス(豊富に選べる授業形態)による自由選択科目が受講できるシステムです。また入学後に自分に合わないと分かった科目を途中で変更したり、逆に面白いと思った科目を追加したり、さらには自分にもっと適していると気づいた専攻学科への転科まで可能なシステムは、受講する方にとって最大のメリットとなる事でしょう。
国立音楽院は、10代から60代の幅広い年代の学院生が、学科の枠を超えて学びたい授業を自由に受講できるシステムを導入しています。例えば、DAWの知識を学びながら、ギターのレッスンやミュージック・クリップ制作など、やりたいことがとことんできる、広く開かれた環境が用意されています。

「好きな音楽を一生の仕事に活かす」をモットーに、平成21年には、中学生から一貫して学べる音楽学校として、日本でも珍しい中等部・高等部を東京に開設しました。またイギリスの有名音楽学校・音楽大学※と提携しグローバルな音楽を学ぶ環境が整っており、提携イギリス音楽学校・音楽大学への音楽留学までも可能です。

※ロンドンの提携校
トリニティカレッジ・オブ・ミュージック(音楽大学)
アカデミー・オブ・コンテンポラリーミュージック(音楽学校)
ロンドン・メトロポリタン大学(総合大学−音楽技術)


学校名:国立音楽院
場所:東京都世田谷区池尻3-28-8
設立:昭和42年4月
電話:03-5431-8085
FAX:03-5430-8020
URL:http://www.kma.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
国立音楽院
担当:新納
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-28-8 
TEL:0120-987-349/03-5431-8085
E-Mail:info@kma.co.jp

《関連URL》
http://www.jspa.gr.jp/
http://www.jspa.gr.jp/synthfesta/2010/index.html
http://www.kma.co.jp/html/lesson/digital.html
http://www.kma.co.jp/news.php?id=281
http://www.midilicense.com/

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 国立音楽院
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    国立音楽院の
    関連プレスリリース

    国立音楽院の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域