性交渉とがん予防の関係/適切な避妊ががん予防になる

クリニカル・トライアル(東京都豊島区/代表:滝澤宏隆/以下弊社)では、生活向上WEBの会員約23万人を対象に、HPV及び性交渉に関するアンケートを実施しました。

この度、クリニカル・トライアル(東京都豊島区/代表:滝澤宏隆/以下弊社)では、生活向上WEBの会員約23万人を対象に、HPV及び性交渉に関するアンケートを実施しました。

HPVとは、ヒトパピローマウイルスの略称で、現在100種類以上の型が発見されています。このHPVの一部の型において、子宮頸がんの原因になることが判っており、2008年には、ドイツがん研究センターのウイルス学者:ハラルド・ツア・ハウゼン氏がHPVと子宮頸がんの関係を明らかにし、ノーベル医学生理学賞を受賞しています。

また日本対がん協会をはじめとする4つの団体が、2010年4月2日に、子宮頸がん検診受診の重要性を訴えるために、4月9日を「子宮の日」と設立しました。


HPVの主な感染経路は、性交渉であるため今回、生活向上WEB会員(約23万人)向けにHPVに関する意識及び性交渉に関するアンケートを実施しました。


2697名のアンケート集計結果によると、「HPVを知っていますか」、「HPVが子宮頸がんの原因になることを知っていますか」、「HPVが性交渉で感染することを知っていますか」の、それぞれの質問に対し、約7割の人が「知らない」と回答していました。(画像資料は、HPVの認知割合)更に、避妊方法に関する質問では、全体の73%がコンドームを使用していると回答しているものの、16%が膣外射精を選択していることが分かりました。膣外射精では、HPVをはじめとする性行為感染症は予防できません。

HPVが子宮頸がんの原因になっていることが明らかになっているにも関わらず、その感染経路に関する知識や予防の取組みが一般生活者には浸透していない事が伺えます。

弊社では、今回のアンケート結果から、HPVに関する正しい知識を有することが、予防の側面からも大切であることを感じています。

クリニカル・トライアルでは治験や臨床試験を通して、一般生活者に対して健康に関わる様々な情報やサービスを提供し、一般生活者の健康と生活向上に貢献していきます。

会社概要
株式会社クリニカル・トライアル
代表取締役:滝澤 宏隆
設立:2005年2月17日
資本金:1千500万円
URL: http://www.clinical-trial.co.jp/
運営サイト:
生活向上WEB( http://www.seikatsu-kojo.jp/
生活向上モバイル( http://www.c-trial.com/
事業内容 :
(1)臨床試験支援事業
○臨床試験被験者募集プロモーション ○臨床試験コールセンター
○臨床試験関連システム開発 ○臨床試験被験者管理
(2)生活向上イベント事業
○生活向上イベント企画・運営 ○健康器具・健康食品マーケティングリサーチ




【本件に関するお問い合わせ先】
広報部 担当:彦坂 真依子
TEL:03-5928-0991 /FAX:03-5928-0982
E-mail: hikosaka@clinical-t.com


《関連URL》
http://www.clinical-trial.co.jp/
http://www.seikatsu-kojo.jp/
http://www.seikatsu-kojo.jp/research/vol10.php

企業情報

企業名 株式会社クリニカル・トライアル
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    株式会社クリニカル・トライアルの
    関連プレスリリース

    株式会社クリニカル・トライアルの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域