スカイアークシステム、W3C(Web技術の世界的標準化推進団体)に加盟〜企業WebサイトのWeb標準化を推進〜

スカイアークシステムは、世界のWeb技術の標準化推進団体であるW3C (World Wide Web Consortium) に加盟致しました。

============================================================
スカイアークシステム、W3Cに加盟
企業WebサイトのWeb標準化を推進
http://www.skyarc.co.jp/w3c/
============================================================

ビジネスブログ構築・RSS/XML・XHTMLコーディングなど、Webテクノロジー専門
企業の株式会社スカイアークシステム(所在地:北海道帯広市 代表取締役:小
林晋也)は、2006年4月1日付けで、世界のWeb技術の標準化推進団体であるW3C
(World Wide Web Consortium) に加盟致しました。

近年の企業Webサイトは、2004年6月に制定されたJIS X 8341-3:2004にも記述
されております通り、アクセシビリティ向上においてW3Cが推奨する仕様に
基づいたWebサイト(文章構造と視覚情報の分離化・・・Web標準化)が重要
であると考えられており、SEO対策やメンテナンス性向上などにも有効なため
に脚光を浴びております。

スカイアークシステムでは、W3C勧告に準拠したXHTMLコーディングや
CSSコーディングを推進しており、自社内で独自解釈のXHTMLガイドラインを
保有するなど技術力向上に取り組んでまいりましたが、W3C加盟を期により
いっそうの技術力向上とサービスの拡充を行い、Web標準化の普及に貢献
したいと考えております。


■企業WebサイトがWeb標準化するメリット
・サーチエンジンへの最適化
・アクセシビリティの向上
・ファイルの軽量化(転送量削減)
・ブラウザ表示速度の高速化
・メンテナンス性の向上

■スカイアークのW3C準拠サービス
・W3C準拠サービス
http://www.skyarc.co.jp/w3c/

■スカイアークの今後のW3C準拠(Web標準化)サービス展開
・Web標準化コンサルティング
・企業向け独自ガイドライン作成・提供
・XHTMLコーディング

■W3C(World Wide Web Consortium) について
WWWで利用される技術の世界的標準化推進団体。HTML、HTTP、XMLなどの仕様
はW3Cが制定している。米国のマサチューセッツ工科大学、フランスの国立
情報処理自動化研究所、日本では慶應義塾大学がホスト機関としてとして
W3Cを共同運営している。

■スカイアークシステムについて
「最先端のWeb技術を、貴方のビジネスに。」をスローガンに、ビジネスブログ
構築・RSS/XML・XHTMLコーディングなどを提供するWebテクノロジー専業企業
です。RSSソリューションシステム「SkyFEED」や縦書きブログサービスなど
の新しい技術を生み出し、特にブログ構築サービスは多数の大企業に導入実績
がございます。 http://www.skyarc.co.jp/

■本件に関する問い合わせ先

株式会社 スカイアークシステム
http://www.skyarc.co.jp/
〒080-0022 北海道帯広市西12条南17丁目2-1
Tel : 0155-26-0834 FAX : 0155-26-0834
担当: 小林
e-mail : kobayashi@skyarc.co.jp

企業情報

企業名 株式会社スカイアーク
代表者名 小林 晋也
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    株式会社スカイアークの
    関連プレスリリース

    株式会社スカイアークの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域