世界初、トロン温浴水による治験結果「生活習慣病の改善に、トロン温浴が有効」:株式会社ヘルシーケアサービス、トロン温浴の効用を医学的・学術的に公開。

株式会社ヘルシーケアサービスは、運営する湯治施設『メディカルスパ花巻トロン』において、 世界初のトロン温浴水の検証を実施。100人を対象にトロン温浴と血液検査による臨床試験で、 生活習慣病に対する健康効果を検討。学会での講演も含め、トロン温浴水の入浴効果を 医学的・学術的に公開。

報道関係者 各位
プレスリリース
 
2009年12月18日
株式会社ヘルシーケアサービス
代表取締役 山本 幸司
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ヘルシーケアサービスは、運営する湯治施設『メディカルスパ花巻トロン』において、
世界初のトロン温浴水の検証を実施。100人を対象にトロン温浴と血液検査による臨床試験で、
生活習慣病に対する健康効果を検討。学会での講演も含め、トロン温浴水の入浴効果を
医学的・学術的に公開。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ヘルシーケアサービス(所在地:東京都豊島区 代表取締役:山本 幸司)は、
世界初となる、製造されたトロン温浴水の検証を実施し、生活習慣病の改善など、
トロン温浴による健康効果を示す治験結果を公開いたしました。
(「エビデンス(医学的根拠)」: http://spathoron.jp/hanamaki/evidence.html

世界でも例を見ないトロン温浴水の検証は、財団法人岩手県予防医学協会の協力のもと、
岡山大学医学部教授の山岡聖典博士の指導により、「メディカルスパトロン」の効果を
実証することを目的に実施されました。血液検査による臨床試験により、トロン温浴の
生活習慣病に対する抗酸化酵素の活性化や免疫機能の増進などの健康効果が、具体的に
医学的な数値として示される治験結果を得ております。

--------------------------------------------------------------------------
<メディカルスパトロンの治験(臨床試験)について>
--------------------------------------------------------------------------
●概要:
2008年10月から、財団法人岩手県予防医学協会の協力のもと、
岡山大学医学部教授の山岡聖典博士の指導により、
リウマチ、変形性関節炎、高血圧、健常者などのグループに分けた
対象者100人の治験(臨床実験、有効サンプル数76人)を実施。

●治験内容:
・『メディカルスパ花巻トロン』(浴室の湿度90%、室温39度、湯温は40度、
 湯面近辺のトロン濃度は約4900Bq/m3)にて実施。
・被験者は、1日計30分、週5回、2週間のトロン温浴水に入浴。
・全被験者に対し,試験開始前、開始1、2週間後の入浴後および3週間後に
 それぞれ血圧測定および採血を実施。

●治験結果(抜粋):
・疼痛性疾患患者のSOD(抗酸化酵素の一種)の測定結果
(%、Mean±SEM、n=9-12、**p<0.01、**<0.001 vs 対照)

治験開始前 3.5±0.4
1週間後 4.6±0.4***
2週間後 3.9±0.5
3週間後 5.4±0.3**

・Con A、CD4、CD8(いずれも免疫関連物質)の測定結果
(Mean±SEM、n=14-25、*p<0.05、**<0.01 vs 対照)

Con A
治験開始前 25.1±2.1
1週間後 25.9±2.6
2週間後 32.8±2.5*
3週間後 26.0±1.8

CD4
治験開始前 48.8±2.1
1週間後 51.3±2.2*
2週間後 50.9±2.5*
3週間後 50.6±2.3

CD8
治験開始前 28.3±2.0
1週間後 26.3±2.0**
2週間後 26.0±2.1**
3週間後 26.0±2.0

●まとめ(上記の数値結果について)
疼痛性疾患におけるSOD活性の増加事象と、Con Aなど免疫関連物質の測定値に
免疫機能の増進効果事象があり、トロン温浴水の入浴による生活習慣病の
症状緩和・改善効果が見られた。
--------------------------------------------------------------------------

また、治験を指導した岡山大学医学部同大学院教授・山岡聖典博士(理学博士/医学博士)は、
今年11月に開催された日本放射線影響学会第52回大会において、治験結果を基に「トロン温泉の
生活習慣病に及ぼす健康効果の基礎的検討」の要旨で講演を行い、トロン温浴水の効用を
学術的に明らかにしています。

<岡山大学医学部同大学院教授・山岡聖典博士の学会発表について>
●講演機会:日本放射線影響学会第52回大会( http://jrrs52.rerf.jp/
●会期:  2009年11月11日〜13日
●講演要旨:「トロン温泉の生活習慣病に及ぼす健康効果の基礎的検討」
●発表内容(簡略):
「組織循環の促進や免疫機能の亢進を認め、疼痛の症状緩和が示唆できた。
以上の結果などにより、トロンおよび温熱による疼痛性疾患などの生活習慣病の
症状緩和に関するメカニズムの一端を明らかにすることができた。」
(「学会発表」: http://spathoron.jp/hanamaki/evidence.html


株式会社ヘルシーケアサービスが運営する『メディカルスパ花巻トロン』は、この度、
治験実施施設として利用され、トロン温浴の効果を実証した世界唯一のトロン温浴水
湯治施設となります。当社では、医学的根拠(エビデンス)を持って“体に優しい”
トロン温浴水を普及させるべく、『メディカルスパ花巻トロン』のホームページ上に、
個別ケースを含む治験結果を詳細に公開しております。トロン温浴を多くの方が安心して
利用し、生活習慣病対策として広く認識されるよう、今後も、トロン温浴水の効用について、
医学的・学術的な探求と情報公開を続けていく所存です。


【メディカルスパ花巻トロン】
 ■所在地 〒025-0244 岩手県花巻市湯口字松原76-9
 ■TEL   0198-28-2683
 ■FAX   0198-28-2395
 ■URL   http://spathoron.jp/hanamaki/

【会社概要】
 ■会社名  株式会社ヘルシーケアサービス
 ■代表者  代表取締役 山本 幸司
 ■資本金  8,500万円
 ■設 立  2008年2月1日
 ■所在地  〒170-0003 東京都豊島区駒込1-3-1 メリノ六義園ビル4F
 ■TEL    03-3944-4541
 ■FAX    03-3944-4548
 ■URL    http://spathoron.jp/hanamaki/
 ■Email   info@spathoron.jp
 ■事業内容 メディカルスパ花巻トロンの施設運用事業
       メディカルスパトロンのフランチャイズに関わる事業

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名  株式会社ヘルシーケアサービス
 ■担当者  柴田
 ■TEL    03-3944-4541
 ■FAX    03-3944-4548
 ■Email   info@spathoron.jp

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社ヘルシーケアサービス
代表者名 山本幸司
業種 医療・健康

コラム

    株式会社ヘルシーケアサービスの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域