プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

発売当日のアマゾンランキングで1位! 小山昇の最新著書『経営の見える化』がダイヤモンド・オンラインに登場!

株式会社武蔵野

! 2009年11月11日 20時

株式会社 武蔵野の代表取締役 小山昇の手による[社員のやる気を引き出す小山昇の『経営の見える化』]というコラムが、ダイヤモンド社のビジネス情報サイト『ダイヤモンド・オンライン』に4回シリーズで掲載されました。

株式会社 武蔵野(東京都小金井市東町4-33-8)の代表取締役 小山昇の手による『社員のやる気を引き出す小山昇の『経営の見える化』』というコラムが、ダイヤモンド社のビジネス情報サイト『ダイヤモンド・オンライン(DIAMOND online)』に4回シリーズで掲載されました。

このコラムは、今年9月18日に中経出版より出版され、同日のアマゾンランキングで1位となった小山の著書『経営の見える化』の内容の一部を、よりわかりやすく解説したものです。増収増益を実現するための『見える化』や、人材育成の『見える化』等について具体的に紹介しています。各回のコラムは、概ね以下のような内容です(『ダイヤモンド・オンライン』より転載)。

========================================

第1回/2009年09月30日
■増収増益を実現する『見える化』の秘訣
リーマンショック以降も増収増益を続けられた『見える化』する経営手法はなぜ効果的なのでしょうか。目的や成果をオープンにすることで、価値観の共有ができ、不公平感がなくなり、社員のやる気が高まるのです。
URL:http://diamond.jp/series/koyama/10001/

第2回/2009年10月07日
■『見せないリスク』は『見せるリスク』より大きい!情報オープン化で社員の協力を得る
情報を『見せないリスク』と『見せるリスク』を比べた場合、どちらが大きいかといえば、『見せないリスク』です。情報を私物化せず、すべて公開していなければ、社員の協力や頑張りを得ることはできません。
URL:http://diamond.jp/series/koyama/10002/

第3回/2009年10月14日
■『知識』を教え『理解』させ『わからせる』 社員育成の『見える化』とは
学生時代の勉強は、なぜか社会に出ると全く役に立ちません。それは『知識を記憶しただけで、体で実行していないから』です。武蔵野では『知識』を人前で話させることなどによって『理解』を促し、社員を育成しています。
URL:http://diamond.jp/series/koyama/10003/

第4回(最終回)/2009年10月21日
■社員のやる気がアップする! 社長の『見える化』
多くの社長が『聖人君子でなければならない』と思いこんでいます。しかしそれはただの妄想です。『経営』の結果が清ければ、社長がすべてをオープンにすることで価値観の共有につながり、社員のやる気は高まります。
URL:http://diamond.jp/series/koyama/10004/

========================================

現在、書籍『経営の見える化』をお買い上げの方に対して、小山昇の経営術の一部を紹介したCDや小冊子、株式会社 武蔵野が発行している『こやま通信』など、5つの特典をプレゼントしています。ご希望の方は以下のサイトよりお申し込み下さい。
URL:http://keiei-mieru.jp

<小山昇プロフィール>
1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒業後、日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。77年に株式会社ベリーを設立。87年に株式会社武蔵野に復帰し、89年に代表取締役社長に就任。2000年度『日本経営品質賞』、2001年度『経済産業大臣表彰』、2004年度『IT経営百選(経産省推進事業)』最優秀賞を受ける。年間120回以上の講演をこなす。前述の『経営の見える化』(中経出版、09/9月)以外に、『あなたの会社の強みを活かしなさい』(生産性出版、09/2月)、『 社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』(すばる舎、07/11月)、『『やらないこと』から決めなさい!』(PHP研究所、08/7月)など著書多数。

●株式会社 武蔵野 コーポレートサイト:http://www.musashino.co.jp
●書籍『経営の見える化』について:http://keiei-mieru.jp
●株式会社 武蔵野『経営サポートパートナー制度』について:http://www.m-keiei.jp




【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 武蔵野
担当:経営サポート事業本部 荒谷直子
TEL:042-383-6340
FAX:0120-28-6340
E-Mail:k-support@musashino.jp

《関連URL》
http://diamond.jp/series/koyama/10004/
http://keiei-mieru.jp
http://www.m-keiei.jp
http://www.musashino.co.jp

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社武蔵野

代表者名

小山 昇

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

キャンペーン

この企業の関連プレスリリース

“人材戦略”の時代に中小企業だからできる、新時代を勝ち続ける経営手法を大公開! 4月25日、平成最後の特別講演『新時代を生き抜く経営のルール』開催
! 2019年4月3日 10時
新卒 1 年目で課長職に昇格する秘密!!一般社員のモチベーションアップを図る方法とは?
! 2019年3月11日 13時
武蔵野がコールセンターにクラウドAIサービス「MSYS Omnis」を導入
! 2019年3月1日 15時
【社員にかけるお金は年間1億円】褒章旅行でモチベーションアップ!武蔵野の“事業部旅行“今年は2月16日より2泊3日の沖縄旅行を開催!
! 2019年2月15日 15時
「残業撲滅」の取り組みを、PRESIDENT Onlineに掲載いただきました!!
! 2019年2月7日 15時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る