リビングくらしHOW研究所では、「主婦の景気・物価見通し」に関するデータを発表。

女性の消費行動について調査・研究を行う「株式会社リビングくらしHOW研究所」(代表取締役社長:菊野善衛)では、3月・4月と連続で、主婦の消費マインド変動に関する調査を実施。各1927人・1934人の回答を得て、「今後の景気と物価」に対する意識の変化をまとめました。

<プレスリリース>報道機関各位

2009年04月30日
リビングくらしHOW研究所
http://www.kurashihow.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リビングくらしHOW研究所、主婦の消費マインド変動に関する調査を実施
〜主婦層の「景気」「物価」への見通し、1カ月間で急速に改善〜
今夏に「国内旅行の予定あり」33.9%、「実家へ帰省の予定あり」37.7%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 女性の消費行動について調査・研究を行う「株式会社リビングくらしHOW研究所」
(代表取締役社長:菊野善衛)では、3月・4月と連続で、主婦の消費マインド変動に
関する調査を実施。各1927人・1934人の回答を得て、「今後の景気と物価」に対する
意識の変化をまとめました。



【調査結果の要旨】

<今後3カ月間の景気の動向について>
■3月時点では「良くなる」が9.8%、「変化なし」が48.5%、「悪くなる」が
41.6%。今後も景気は悪くなっていくと考える主婦が4割に達していた。
■4月の調査では、「良くなる」が17.8%、「変化なし」が56.9%。「悪くな
る」が25.3%となった。
■3月から4月の1カ月間で、「良くなる」「変化なし」が増加し、一方「今後
さらに景気が悪くなる」と考える主婦が、16.3ポイント減少した。
■20代の若い主婦は景気について明るい見通しを持つ人の割合が比較的高く、
逆にシニア主婦は悲観的な人の割合が高い。

<今後3カ月間の物価の動向について>
■3月時点では「上がる」が35.9%、「変化なし」が41.8%、「下がる」が
22.4%と、物価は上昇傾向にあると考える主婦が4割弱に達していた。
■4月の調査では、「上がる」は17.7%、「変化なし」が39.0%となり、
「下がる」が43.4%と4割以上を占めた。
■3月から4月の1カ月間で、今後物価が「上がる」と考える人は半減し、
「下がる」と考える主婦が倍増した。

<今夏のレジャー予定について>
■この夏予定しているレジャー・お出かけは、「実家への帰省」「国内旅行」
が3割以上。若い世代を中心に「花火大会・祭り」も多くの人が予定している。
  ⇒ 主婦層の「景気」「物価」動向への見通しが、急速に改善している
    夏のレジャー・外出も、「帰省」「国内旅行」中心に多くの人が予定


【調査概要】
 調査方法 WEBアンケート(ウェブサイト「えるこみ」にアンケートフォームを掲出)
 調査期間 ?2009年3月12日(木)〜16日(月)?4月16日(木)〜19日(日)
 有効回答人数  <既婚女性のみ>?1927人 ?1934人






【リビングくらしHOW研究所について】 http://www.kurashihow.co.jp/ 
女性の意識と行動を分析・研究する、リビング新聞グループのマーケティングカンパニーです。
あらゆる消費の中心に存在する女性生活者と、より深く、効果的なコミュニケーションを実現
するための情報を発信しています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リビングくらしHOW研究所
担当/藤田
info@kurashihow.co.jp
TEL: 03-5216-9420 

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社リビングくらしHOW研究所
代表者名 代表取締役社長 内堀 眞澄
業種 新聞・出版・放送

コラム

    株式会社リビングくらしHOW研究所の
    関連プレスリリース

    株式会社リビングくらしHOW研究所の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域