アイキャッチ画像

小学生241人に「小学生からのSDGs授業」を開催!書籍「小学生からのSDGs」著者:SDGsジャーナル深井宣光

一般社団法人SDGs支援機構(本社:東京都千代田区)事務局長 深井宣光(書籍「小学生からのSDGs」(KADOKAWA)著者)は、富山市立杉原小学校で3月7日,9日,11日の3回にわたって3年生〜6年生の生徒241人に、書籍「小学生からのSDGs」を活用して、体験を通してSDGsを学び、それぞれができる最初の一歩を始める為の授業を開催しました。

「小学生からのSDGs授業」とは?

この授業はPTA/小学校の依頼により3月7日,9日,11日の3回にわたって開催。

 

書籍「小学生からのSDGs」著者であり、YouTubeチャンネル「SDGsジャーナル」でSDGs学習アニメの発信を行っているSDGs支援機構 深井宣光が講師を勤めました。

 

本授業は、カードゲームと書籍「小学生からのSDGs」を使って行われ、

 

・「体験」を通した「気づき」

・身近な生活と世界の繋がりの「発見」

・「共感」による「意識の変化」

 

に等によって子どもたち自身が、子どもたち自身の意思で「最初の一歩」を踏み出せるように構成され、参加した子どもたちからは、

 

・「資源の大切さや使い方がわかって、普段の生活でも気をつけようと思った」

・「みんなで協力することが大事だと思いました」

・「自分のできることから、少しでも世界の役に立ちたいです!」

・「環境破壊にならないように無駄なものを買わないように意識して頑張ります!」

・「自分も大切に、相手も大切にすることが大切だとわかりました」

 

といった声などが上がっていました。

書籍50冊を贈呈

今回の「小学生からのSDGs授業」開催にあたり、子どもたちがSDGsをきっかけに自分自身の未来を切り拓いていくことを願い、著者:SDGsジャーナル深井宣光より、杉原小学校に書籍「小学生からのSDGs」を50冊贈呈する贈呈式も行われました。

 

贈呈が行われた書籍は、全学年、全クラスに配布され、子どもたちがいつでも身近にSDGsに触れることができ、授業の中でも活用されていきます。

 

書籍「小学生からのSDGs」はこちら⇨https://amzn.to/31udyxg

【今後の動き】

5月30日<学校関係者、指導者向けオンラインセミナー>『小学生からのSDGs』出版記念 はじめてのSDGs講座開催

本セミナーでは、SDGsを生徒や子どもたちに伝える立場の人が、「これならわかる!伝わる!行動できる!」SDGsに大切な3つの視点等をご紹介します。
 

セミナー後にすぐ実践できるように、5つのアクションをもとにした具体的な実践方法を解説するほか、参加者特典として、『そのまま授業で使える!「小学生からのSDGs」1コマ授業開催ワークシート』(仮)を参加者アンケートにご回答いただいた皆様にプレゼント!

https://studywalker.jp/seminar/detail/462/

 

この他、現在、SDGs支援機構(SDGsジャーナル)では誰もが専門知識・予備知識不要でSDGsの授業が開催できるツールを開発中で、今春以降、全国の教職員向けに公開していくことを予定しています。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 SDGsジャーナル/一般社団法人SDGs支援機構
代表者名 河上伸之輔/楠瀬健之
業種 その他サービス

コラム

    SDGsジャーナル/一般社団法人SDGs支援機構の
    関連プレスリリース

    SDGsジャーナル/一般社団法人SDGs支援機構の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域