世界メンタルヘルスデー(10月10日)を記念し「精神医学の真実」パネル展示が10/12に新宿で開催されます

※このリリースは外部サービスとの提携により当サイトで配信している案件のため、内容や形式が当サイトのリリース配信基準とは異なる場合があります。

世界メンタルヘルスデー(10月10日)を記念し「精神医学の真実」パネル展示が10/12に新宿で開催されます

  日本の自殺死亡率は世界の主要7カ国(G7)でワーストです。厚生労働省のデータによると、10〜30代の死因の1位は自殺であるとしています。自殺の背景として、うつ病や統合失調症など精神障害を理由とされる人が75%となっています。

 何か精神的に苦痛や生きづらさを感じる時、それを解決するために精神薬に頼ってしまうことで、元の状態よりも悪化してしまい、被害を受けるケースも増えています。精神科医の研究によると、向精神薬は自殺の危険性を2倍にする可能性もあります。長期間摂取することにより、身体的・精神的な害が生涯残るということが証明されていますが、精神科医にはこの事実はないがしろにされています。

 現在は、科学的な根拠もなく、病名が増え、「心の病」が売り込まれています。診断は科学的根拠はなくチェックリストで行われており、診断する精神科医によって病名はバラバラという事実もあります。

 今回は、世界メンタルヘルスデー(10月10日)を記念し、精神医学の実態についてパネル展示が10月12日(火)新宿にて開催されます。

 どうして児童が容易に発達障害と診断されてしまうのか、そのカラクリや、また保護者から子どもが「よだれが出て止まらない」「2歳くらいから精神薬を処方され、今は手が震えている」といった深刻な被害事例も多数ある中、パネル展やフィルムから真実を知ることができます。

 前回のパネル展では、参加者からは「本当に驚きの実態だ」「この真実は広めていかないと」などといった反響が得られています。子どもの未来を守っていくためにも、ぜひご覧いただきたい情報です。

 『パネル展 情報』
日時:2021年10月12日(火)11:00-17:00
会場:サイエントロジー東京1F
   (東京都新宿区百人町1-25-1)
交通アクセス:JR総武線大久保駅から徒歩3分、JR新宿駅から徒歩12分
参加費:無料
お問合せ:  TEL/ 03-4578-7550
E-mail/ scientology.miom@gmail.com


市民の人権擁護の会は、アメリカの人道主義者L.ロンハバードの調査内容に基づき、1969年、精神医療による人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によって創設されました。
 
 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、市民の人権擁護の会を応援しています。

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域