こどもの日緊急イベント~「人権から見た児童精神医学の歴史と現状の調査報告」講演が5/3に開催されます

こどもの日緊急イベント~「人権から見た児童精神医学の歴史と現状の調査報告」講演が5/3に開催されます

 コロナ禍の影響で、仕事での変化、今までにはなかった様々な制限がある中で、やはり不安な気持ちを持つ人は少なくありません。

 コロナ禍ででてきた「コロナうつ」という名称にも疑問を持った方も多くいらっしゃると思いますが、根拠のない診断で「病気」にさせられてしまってはいないでしょうか?

 子どもたちにとってもコロナ禍の社会の変化による影響は大きく、学校が突然休校になったり、自宅での学習やオンライン学習、親の仕事の動きの変化にも影響されたり、それに子どもがうまく対応できていないと、「発達障害」ではないかと専門家を妄信し子どもを追い詰めてしまっていませんか?

 このような中、今回は長年にわたり精神医療の被害事例などに取り組む市民団体である市民の人権擁護の会により、こどもの日緊急イベント」として「コロナうつ?発達障害?不正な専門家から子どもを守ろう」というメッセージとともに、「人権から見た児童精神医学の歴史と現状の調査報告」の講演が5月3日(月・祝)に新宿にて開催されます。

 さらに今回は、感染症流行の収束を目指し、改めて予防対策の意識向上のために関連してフィルムの上映もいたします。参加者の方々には、家庭や職場で実践できる予防策などについて学べる冊子もプレゼントさせていただきます。


『講演情報』
こどもの日 緊急イベント
「人権から見た児童精神医学の歴史と現状の調査報告」講演

日時:2021年5月3日(月・祝) 13:30~16:00
会場:サイエントロジー東京ビル 8F
(東京都新宿区百人町1-25-1)
交通アクセス:JR総武線大久保駅から徒歩4分、JR新宿駅から徒歩12分
参加費:無料・要事前申込み

お問合せ&参加申込み:
E-mail/ info@cchrjapan.org 宛てに
1.参加者指名 2.ご住所 3.当日繋がる連絡先電話番号 4.メールアドレス のご入力をお願いします。

諸注意:施設の規定により、1Fの受付を通る際に消毒・マスクと手袋の着用をお願いします。


  
 市民の人権擁護の会は「人間の尊厳の回復を目指す中、その最も大きな障害となっている「精神医療」の治療による悪化や死亡事例または自死(自殺)や社会不安を煽る他害行為の助長などの人権侵害や不正診療報酬請求、不当な隔離拘束などの事例を調査し、精神医療の実態を公表するなどの活動を行っている市民団体。アメリカの人道主義者L.ロンハバードの調査内容に基づき、1969年、精神医療の人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によってアメリカ・ロサンゼルスに創設された。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っております。 
 

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域