「勉強についていけない…」、「ほかの子と同じ行動ができない…」、真のノーマライゼーションを求めて~ 子どもを薬漬け・中毒から守ろう!啓発DVDをプレゼントします

「勉強についていけない…」、「ほかの子と同じ行動ができない…」、真のノーマライゼーションを求めて~ 子どもを薬漬け・中毒から守ろう!啓発DVDをプレゼントします

 勉強についていけない…
 ほかの子と同じ行動ができない…
 周囲の状況に無頓着…
 元気すぎる…

 さて、上記の問題を精神医学が解決できるでしょうか?

 精神医学にこれらを解決できる要素はほとんどありません。なぜなら原因を見つけられていないからです。それだけではなく、こうした問題をより深刻にさせるだけのことでしかありません。

 この多くは、栄養や教育上の支援、そしてそれをベースにコミュニケーションや対人関係の理解を深めることにより改善される、または元々ある素晴らしいその子の才能です。

 児童精神科医が、政治や行政に科学的に究明できない障害の原因を覆い隠し、「精神医学」のベールを包むことにより「支援の拡充」を求め、多額の予算が計上されます。しかし、表面的な「支援」の響きに惑わされ、その予算はつらく厳しい「抜け出せない」治療への道を子どもたちに用意します。

 学校や家庭では、精神医学の実態を知らないために、精神医学の理論が当てはめられるように思え、その治療が希望の一筋の光明に思えるのかもしれません。支援という言葉に惑わされ、長く茨の道を強制させられかねません。

 100年以上、明確な精神障害の原因を究明できず、したがって医学的・科学的に有効な治療を切り開くこともなく、「学校恐怖症」、「脳微細症候群」、「不登校病」、「ADHD」、「学習障害」などなど。

 言い回しや表現を変え、早期発見、早期治療、強制治療や強制収容を政府に求め、実施させてきました。根本的原因の究明と効果的で安全な教育・栄養・コミュニケーションや対人関係の指導や生活支援だったにもかわわらずです。

 そして、新しく精神科医によって喧伝され、何百億、何千億円の精神薬の市場が生み出されます。発達障碍者支援法の施行、研究費の捻出、そして生み出されるのは新たなる精神医療費用の増大でした。

 ある一つの発達障害の治療薬は、ここ7年間で販売市場を40倍に拡大させています。統合失調症の薬は、昨年自閉症の薬に生まれ変わり、子どもへの薬漬けや薬物依存・副作用が大きく懸念されるところです。

 アメリカの人道主義者であるL. ロン・ハバード氏は薬物中毒に関して、「実際に効果のある精神療法がなければ、薬物中毒の蔓延を避けることはできません」と述べています。厚生労働省は、20年来CCHRが繰り返し申し入れしてきた向精神薬の通常量の使用による依存性をようやく認め、医師や薬剤会などに注意喚起を促し、この薬物中毒・依存の問題か解決に踏み出しています。

 このような今回は、DVD「ドキュメンタリー精神医学:味方か敵か?」を抽選で3名様にプレゼントするキャンペーンを行います。

 このドキュメンタリーの副題は「オーストラリアの精神医学 語られざる物語」ですが、これはまさに日本の青少年問題に直結する内容です。なぜならば、このドキュメンタリーに登場する主要な精神科医が度々来日し、全く同じ流れを日本でも展開しているからです。

 青少年に対して「啓発」するという名目で、実際にどのような悲惨な状況がオーストラリアで引き起こされたのかがよく理解できる内容になっています。同様の啓発運動が進められている日本の青少年の未来が簡単に予測でき、今我々が彼らを守るために何ができるのか理解できるでしょう。

 DVDの応募方法はこちらから。

 〒160-0073 東京都新宿区百人町1-25-1内 DVDプレゼント係まで。
 はがきに、「郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号」を明記の上ご応募ください。発表は発送にてお知らせいたします。


  特定非営利活動法人イマジンは、覚せい剤乱用防止活動、障がい者の真のノーマライゼーションを求めています。

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域