閉鎖された精神病棟で何が起きているのか~真実を知り、家族を守りましょう

※このリリースは外部サービスとの提携により当サイトで配信している案件のため、内容や形式が当サイトのリリース配信基準とは異なる場合があります。

閉鎖された精神病棟で何が起きているのか~真実を知り、家族を守りましょう

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリース見出し画像
 2020年3月に神戸の精神病棟で起きた虐待事件で、準強制わいせつや暴行罪に問われた元看護師の二人に対して、神戸地裁は9月25日に実刑判決を言い渡しました。

 この虐待事件は非常に邪悪で印象に残っている方も多いと思いますが、看護師だった犯人らは患者に対して、患者の男性同士でわいせつな行為をさせたり、病棟の床や患者の体に塗ったジャムをなめさせたりし、その様子を面白がってスマホで撮影をしているという何とも卑劣な行為を行っていました。

 精神的に助けが必要な患者に対して助けることなく、辱める行為を行う看護師がいるということに怒りでしかありません。人間がそのような辱めを受けたら、正常な精神状態ではいられないのは当たり前です。

 精神的に辛いと思った時に助けを求めて精神病院に行き、治ることなくさらに精神的にも肉体的にも悪化してしまう現状があるのです。

 私たちにはこの厳しい事実を知る権利があります。精神医学が及ぼしている脅威について、CCHRが提供している映像をご覧ください。(約5分)  https://www.cchr.jp/videos/psychiatry-an-industry-of-death/introduction.html

 市民の人権擁護の会(CCHR)のHPはこちら。
 https://www.cchr.jp/

 真実を知り、あなた自身や家族の健康を守っていきましょう。


CCHR(市民の人権擁護の会)は、アメリカの人道主義者L.ロン ハバード氏の調査内容に基づき、1969年、精神医療の人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によってアメリカ・ロサンゼルスに創設されました。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、市民の人権擁護の会を応援しています。

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域