アイキャッチ画像

コロナ時代の通勤通学の”つかむ”を安心に!電車やバスのつり革をつかめ、ドアノブも開けられる国産『つり革フック+ドアオープナー』を新潟県の金属加工メーカーが開発

コロナ時代の通勤通学の安心を支えるため、新型コロナウイルスの接触感染対策に貢献できる『つり革フック+ドアオープナー』を新潟県燕市の金属加工メーカーが開発しました。ステンレスで作られた強くてサビにくいフックで、電車やバスのつり革・手すりをつかむことができる他、レバー式・握り玉式ドアノブやサムターン錠の開閉もでき、通勤通学時の安心をサポートします。

1947年(昭和22年)設立の金属加工メーカー、株式会社シンドー(本社:新潟県燕市)は、電車やバスのつり革・手すりを直接触らずにつかめ、レバー式・握り玉式ドアノブやサムターン錠も開閉できる『つり革フック+ドアオープナー』を開発しました。

 

新型コロナウイルスが流行して以降、外出時には感染リスクの不安がつきまとい、不特定多数の人が触った電車のつり革などを素手で触るには抵抗を感じる世の中になりました。

 

コロナ時代の今、安心して日常生活を送れる社会を目指し、”「心豊か」を届ける。”をミッションに掲げる弊社では、金属加工のノウハウを活かして完全国内生産によるつり革フック+ドアオープナーを開発しました。同製品は株式会社シンドーが運営するECサイト「U+RooLee(ゆるり)」で販売中です。

 

▼「つり革フック+ドアオープナー」自社ブランドサイト 商品紹介・販売ページ:https://uroolee.com/view/item/000000000030

 

■コロナ時代の通勤通学、”つかむ”不安を安心に変える

通勤通学の移動手段に欠かせない電車やバスですが、新型コロナウイルスの感染者がくしゃみやせきを押さえた手でつり革などに触れるとその部分にウイルスが付着し、さらにその部分を他の人が触れると接触感染を起こす可能性があるとされています。(出典:新型コロナウイルスを防ぐには - 厚生労働省)

 

テレワークやオンライン授業が進んだとはいえ、電車やバスで通勤通学をしなければならない人たちはまだまだ多くいます。”つかむ”不安やストレスを少しでも和らげ、安心に変えたいと生まれたのが、つり革フック+ドアオープナーです。

 

■つり革フック+ドアオープナーでできること

つり革フック+ドアオープナーを使うことで、つり革やドアノブなどを直接手で触らずにすむため、対策をとらない場合と比べると接触感染リスクを下げることができます。

 

つり革・手すりをつかむ際は直径約35ミリメートルまでのものをつかむことができ、ドアオープナーとしてドアノブを回す際は直径約55ミリメートルまでのものをつかんで回すことができます。(上記の場合でも、使用箇所の形状によっては使用できない場合があります)

 

■安心して使用できるよう完全国内生産で高い品質を実現

つり革フック+ドアオープナーは、強度が高くサビにも強い18‐8ステンレスで作られています。サイズ・重量も一般的なスマートフォンと同程度で、携帯性にも優れ、毎日の使用でも簡単にへたれない頑強さを誇ります。

 

ステンレス製の本体にはシリコンチューブの滑り止めが付いており、つり革、手すり、ドアノブなどがつかみやすくなるのはもちろんのこと、つかんだ先も傷がつきにくいよう配慮しました。全ては使用する人の安心へとつながるよう、生産も国内で行い、品質を確保しています。

 

■つり革フック+ドアオープナーに込めた願い

弊社はステンレス線材を中心とした金属加工業を営むメーカーです。ステンレスという素材には、光沢あふれる輝きがあり、簡単には折れない強さもあります。

 

新型コロナウイルスによる影響は多大なもので、経済にも打撃を与え、日常生活にも不安の影を落としていますが、暗い影を輝き照らし、前を向いて強く乗り越えていけるようにという願いを込めて、ステンレス製のつり革フックを開発しました。

 

新しい生活様式の中、様々な感染対策が呼びかけられていますが、接触感染対策の一助として通勤通学の”つかむ”を安心できるものにするために、つり革フック+ドアオープナーは貢献します。

 

■『つり革フック+ドアオープナー』商品概要

商品名:つり革フック+ドアオープナー

商品コード:SNDZK2031 / 5208243

JANコード:4530770682541

本体サイズ:幅約69×高さ約125×奥行約20ミリメートル

本体重量:約170グラム

使用素材:18-8ステンレス鋼(フック本体)、シリコンゴム(すべり止め部分)

耐荷重量:50キログラム

価格:1,480円(税別)

 

▼「つり革フック+ドアオープナー」自社ブランドサイト 商品紹介・販売ページ:https://uroolee.com/view/item/000000000030

 

出典元

▼「新型コロナウイルスを防ぐには - 厚生労働省」:

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

 

【株式会社シンドーについて】

所在地:〒959-1288 新潟県燕市燕5525-1

代表者:代表取締役社長 相場 達也

設立:1947年3月

電話番号:0256-63-2566(代表)

URL:https://shindo1947.com/

事業内容:ステンレス線材を中心とした多彩な金属加工事業、金属加工によるオリジナル商品の企画・開発・製造・販売、自社ブランド「U+RooLee(ゆるり)」の企画・開発・製造・販売ほか 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社シンドー
代表者名 相場 達也
業種 その他製造業

コラム

    株式会社シンドーの
    関連プレスリリース

    株式会社シンドーの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域