子どもたちの成功は地域社会の未来を創る〜ドキュメンタリー映画のご紹介

どんな国でもこれだけは同じ、子どもたちは私たちの未来です。そのような中、カナダのファースト・ネーション(先住民)の子どもたちの成功を描いた「ビー・ネーション」というドキュメンタリー映画をご紹介します。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリース見出し画像
 どんな国でもこれだけは同じ、子どもたちは私たちの未来です。子どもたちが知識や技術を持ち、経験をし、その社会の未来を作っていくようになります。

 教育を受ける権利は全ての子どもたちが持っているはずですが、地域や民族によっては、子どもたちにとって学びの機会を得ることが特別だと思われている場所も未だにあります。「保留地」と呼ばれる地域に住んでいる子ども達は外の世界を見ることを欲しています。
 
 そのような中、カナダのファースト・ネーション(先住民)の子どもたちの成功を描いた「ビー・ネーション」というドキュメンタリー映画をご紹介します。

 この映画はハリウッドにあるテレビ局のサイエントロジー・ネットワークで放映されているドキュメンタリーシリーズであり、より良い世界を築くというビジョンを擁護している自主映画製作者の映画を提供しています。
 
 「ビー・ネーション」は、全国的な勉強の大会であるカナダのスペリング・ビー大会に、ファースト・ネーション地区から初めて招待をされた子どもたちのストーリーです。例えば、単語の「Apple」を「A-p-p-l-e」といったようにスペリングをする大会です。

 ここでは、自分の地域の代表として誇りを持つことや、未来を変える有能な子どもたちの努力がみられます。どのような地域に生まれたとしても、子どもたちは、適切な教育を同じように受ければ、持っている能力を発揮することができるのです。

 ファースト・ネーション地域から一歩出て、生活をしていくことは、今までの歴史的な影響から簡単な事ではなかったかもしれません。しかし、教育が変えていくのです。その地域だけしか知らなかった子どもたちは、たくさんの言葉を覚えたり、知識を得ることで、あらゆるチャンスを掴めるようになり、自身で未来を選択し生きていくことが出来ます。

 「ビー・ネーション」の予告はこちらから:
 https://www.scientology.tv/ja/series/documentary-showcase/bee-nation/videos/trailer.html

 米国の人道主義者であるL. ロン ハバード氏は「いかなる社会においても、教育の問題に取り組む場合には、まずひとりひとりの能力、率先力、文化のレベルを高め、それに基づいて社会全体の生存のレベルを高めることが目的であり、目標です。」と述べています。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、人々の人生の向上を応援しています。

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域