アイキャッチ画像

アイドックが臨床研究法施行に伴い改定された「透明性ガイドライン」に対応した新しい情報公開サービスを販売開始

2018年4月に施行された臨床研究法により製薬業界や医療機器業界と、医療機関等との透明性ガイドラインが改定されましたが、2014年より「透明性ガイドライン情報公開ソリューション」を提供するアイドックは、特定臨床研究費の公開機能やデータ検索機能を整備した新しい「検索機能に対応した透明性ガイドライン情報公開ソリューション」を販売開始しました。

DRM(デジタル著作権管理)ソリューション国内最大手のアイドック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:成井 敦)は2014年より日本製薬工業協会(以下「製薬協」、東京都中央区、製薬企業72社が加盟する任意団体)が策定した「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」や、一般社団法人日本医療機器産業連合会(以下「医機連」、東京都新宿区、医療機器関係団体21団体、約4,280社で構成)が策定した「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」など(以下「透明性ガイドライン」)に沿った情報公開ソリューションを提供し、多くの製薬会社や医療機器メーカー等にご採用いただいて参りました。

2018年4月に施行された臨床研究法に伴い「透明性ガイドライン」は改定され、特定臨床研究に関連する資金提供の情報公表が義務付けられ、検索システムが必須機能となりましたが、このたびアイドックが販売開始する「検索機能に対応した透明性ガイドライン情報公開ソリューション」はそれらの要件も満たした上で、公開ページを簡単に構築できるサービスとなっています。

 

■「透明性ガイドライン情報公開ソリューション」の特徴

・ご利用企業は公開データを管理画面からCSV登録するだけで公開ページを作成可能

・臨床研究法に定める特定臨床研究費の公開方法(多施設共同研究の公開パターンを含む)に対応

 ・各公開項目、公開年度をまたいだデータの横断検索が可能

 ・データ公表後5年間の継続公開が可能

特定臨床研究費 公開ページ例
横断検索画面

■アイドック株式会社の概要

http://bookend.keyring.net/

代表者: 代表取締役 成井 敦

設立年月日:1999年7月

資本金:3,000万円

主な業務内容:デジタルコンテンツ向け著作権管理(DRM)システムおよびコンテンツ流通プラットフォームの開発、SaaS提供

主要取引先:慶應義塾大学、株式会社集英社、SBクリエイティブ株式会社、医歯薬出版株式会社、株式会社南江堂、株式会社メテオ、株式会社ぎょうせい、ほか

提供サービス導入企業:200社以上



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 アイドック株式会社
代表者名 成井敦
業種 ネットサービス

コラム

    アイドック株式会社の
    関連プレスリリース

    アイドック株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域