アイキャッチ画像

Plutus DEFIでレンディングを安全で簡単に

ユーザーにインセンティブを与えるPlutusレンディングアプリは、初の分散型金融システム向け最先端製品です。暗号資産への投資に受動的所得の獲得、ガバナンスに投票を通じて意思表明する機能。これらは、Plutus Capitalがアーリー・ステーカーへ提供する機能です。Plutus Capitalは、あらゆる人に金融サービスを提供することを目指しています。ユーザーが真の経済的自由を体験できるように。 Plutusプラットフォームでは、個人が暗号資産に投資することでポートフォリオを多様化できるほか、レンディングアプリを通じて受動的所得を得ることができます。

ブロックチェーンのバックボーン

 

Plutusは、ブロックチェーン技術を用いて構築された分散型金融サービスであり、分散型またはピア・ツー・ピアコンピューティングネットワーク上で実行されます。

 

これはPlutusプラットフォームが、オープンソースであり、分散化されていて、さらにトランザクションを検証する人のためにトークンを通じてインセンティブ化され、本プラットフォームユーザーが合意した特定のプロトコルに準拠していることを意味しています。

 

台帳には改ざん防止機能があり、スマートコントラクトと検証を提供することで、すべてのプロセスが安全に保護され、編集されていないことを確認できます。

 

ユーザーへのインセンティブ提供

 

Plutusは分散型プラットフォームであるため、単一のマスターノードまたはトークンホルダーがチェーンやトークンの価格をコントロールすることはできません。

 

すなわち、Plutusの通貨供給量がステーキングによる経済活動の基礎的条件によって動的に決定されるということです。

 

したがって、PlutusプラットフォームのステーカーがPlutusガバナンスを構成しています。ステーカーはマスターノードかつバリデーターでもあり、Plutusプラットフォームにおける将来の通貨ポリシーといったガバナンスルールに投票機能を導入することで、Plutusプラットフォームでのアクティビティの基盤をコントロールします。経済ポリシーに何かしら変更を加える場合には、総有権者のうち51%の投票が必要となります。これにより、チェーンのセキュリティを無限に保ちながら、プラットフォームを動的にします。

Plutusのステーク

 

自律型システムは、マスターノードでありバリデーターでもあるステーカーに報酬を与えます。マスターノードになるため、投資家はPlutusプラットフォームでPlutusトークンを提供するだけで、アプリ内のトランザクションを検証できます。

 

Plutusプラットフォームでマスターノードになる利点は、第一にアプリで発生したトランザクション料金の一部を受け取れることです。これが、マスターノードがPlutusチェーンで暗号通貨トークンを提供し得られる受動的所得です。

 

第二に、チェーンができてまだ日が浅いため、ステーカーの数が少ないということです。これは、プラットフォームに提供された暗号通貨トークンの量に対してより大きな利益を得られる、アーリー・ステーカーにとって良い機会と言えます。

 

プラットフォームに提供する前に、報酬モデルと関連するリスクの理解に時間をかけることが重要です。投資家がプラットフォーム上で行う決定はすべて、彼らそれぞれの単独の責任であることを頭に入れてください。

 

投票行動

 

Plutusチェーンはまだ若いチェーンなので、激しい変動と価格発見の対象となります。この不確実性はステーキングの需要に影響を与えます。したがって、金融ポリシーを定期的に確認して、必要に応じて変化に影響を与えることが不可欠です。

 

運用初年度は、毎月Plutusの金融ポリシーを確認することをお勧めします。これには、コミュニティガバナンスコール、ユーザーフォーラムに関するフィードバックなどが含まれます。その後、金融ポリシーは毎年見直されます。

 

2021年2月までに、Plutusプラットホームの大多数のステーカーが投票し、プラットフォームで鋳造された貨幣の供給を含む金融ポリシーを決定する予定です。

 

これは重要なポイントです。というのも、貨幣の供給は市場価格やステーキング価値の作用からステーキングの需要に至るまで、様々なことに影響を与えるからです。

 

毎年、前年の需要と供給に基づいて、Plutusトークンの供給が調整されます。前年のPlutusトークンの供給過剰または供給不足の有無に基づいて、Plutusガバナンスは是正措置に対する投票を実施します。

Plutusガバナンスが前年度からの貨幣の過剰供給があると判断した場合、今年度の流入コイン供給の削減に投票するでしょう。反対に、前年からの貨幣の供給が不足している場合、代わりに今年のコインの増加に投票します。

 

供給過剰・不足の値はアプリにコード化されたストップロスであるため、Plutusガバナンスもアプリ自体に支えられていると言えます。したがって、機械と人間が混在するガバナンスによって、Plutusプラットフォームは監視されているのです。

 

アーリー・ステーカーの利点

 

ここまででお判りいただけたように、Plutusプラットフォームのアーリー・ステーカーとなることには多くの利点があります。すなわち、ステーク金額に対してより大きなROIを獲得するだけでなく、ステーカーはPlutusガバナンスの一角として、アプリの進む道を形成してゆけます。これによって、Plutusエコシステム自体とそれが進展する方向性についてより強い所有権をステーカーが獲得できます。

 

信用のあるレンディング

 

また、Plutusアプリのステーカーは、間もなくリリースされるPlutusレンディングアプリ を介して、安全で透明性が高く、やりがいのある手法で資金を貸し出すことができます。

貸し手は、誰に資金を貸すかを自身で決定することにより、負うリスクを選択することができます。 Plutusチェーンの透過性を保証する機能により、このアプリでユーザーが貸し出された資金がどのように使用されているかを確認することを可能にし、貸し手に自身の資金がどこにあるかについて信用と明確さを得られます。取引がブラックボックスとなっている銀行とは異なり、貸し手は現時点の資金の場所と資金の流れを確認できます。自身での完全管理の実現が可能です。

 

現在の暗号資産所有者は、トークンを提供してPlutus内のトランザクションを検証することにより、マスターノードになることができます。マスターノードにはまた、発生した取引手数料の一部を受け取る権利があり、受動的所得を得ることが可能です。

 

簡単な借入

 

このアプリを使用することで、ビットコイン、イーサリアム、USDT などの主要な仮想通貨を誰でも簡単に借りることができ、運用可能な仮想通貨は後々追加されていく予定です。

アプリの直感的なデザインにより、ワンクリックで簡単に送金や送金の受取ができます。トランザクションはリアルタイムで行われるため、すべてのアクションが瞬時かつ迅速です。

 

Plutusアプリを通じて、借り手はステークしたものの価値の最大50%を借りることができます。

 

既存の仮想通貨ユーザーは、任意の仮想通貨を使用して資金を借りることが可能です。

 

非暗号資産ユーザーは代わりにデジタル資産をステークすることができます。 デジタル資産には、ゲームでのコレクション、ソーシャルメディアドメイン、その他ユーザーにとって価値のあるデジタル空間のあらゆるものが含まれます。

この後者の機能により、非暗号資産ユーザーも資金を簡単に利用できるようになっています。

 

 

Plutus Capitalについて

Plutus Capitalは、パブリックブロックチェーン上に構築された分散型金融システムに裏打ちされ、一個人が銀行となって自分の資金をより強固に管理できる場所です。このシステムは、スマートコントラクトや検証といった台帳の改ざん防止機能によって、すべてのプロセスの安全と安心を確保しています。

 

ソーシャルチャンネルで私たちをフォローして新しい情報に注目し続けてください!

Twitter: https://twitter.com/capital_plutus

Telegram Channel: https://t.me/plutuscap

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 Plutus Capital
代表者名 Robert Wojciechowski
業種 金融・保険

コラム

    Plutus Capitalの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域