アイキャッチ画像

山梨の”白米”の旨さを追求した銀シャリ専門店が、土釜ごとテイクアウトできる『どがまごはん』を4月17日より提供開始。SNS映えする器で店の味を家庭で再現

土釜ごとテイクアウト出来て、土釜ごと食べれるテイクアウトは県内初!土釜貸し出しの場合はデポジットで2,000円をお預かりします。また、炊飯器に移し替えることも可能です。今なら炊飯器を持ち込みいただいたお客様は、『土釜ご飯』が全品10%割引のお試し価格でご購入いただけます。

山梨の米にこだわった最高級の白米を楽しめる専門店「銀しゃり処 米右衛門」(所在地:山梨県甲府市 代表:植田祐基)は4月17日(金)、テイクアウト専用の『どがまごはん』の提供を開始します。

土釜ごとテイクアウトができるのは山梨県内では初のサービスです(当店調べ)。

土釜で炊いた最高の銀しゃりご飯を自宅でも召し上がることができます。

 

▼“どがまごはん”ってなに?|銀しゃり処 米右衛門http://uedagr.mystrikingly.com/komeemon

 

 

■土釜は4合(4~5人前)が目安、お米は日替わり5品種

当店自慢の土釜ご飯を自宅でも楽しんでいただけるようにテイクアウトサービスを始めることとしました。

お弁当のテイクアウトとは一味違い、お米を土釜で炊いて、土釜ごとお持ち帰りが可能です。

お店の味を家庭で再現し、シズル感たっぷり、SNS映えする料理を楽しめます。

土釜の内容量は4合が目安(4〜5人前)になります。

 

お米は日替わりで品種が異なります。

全て山梨県産で「五百川」「つや姫」「ミルキークイーン」「四八米」「武川米」の5品種。

同じメニューでも品種で微妙に異なる味が楽しめます。

特製の出汁付きで、ご飯が余ったら飲んだ後の〆やそのまま翌朝にお茶漬けなどで楽しめるようにしました。

 

土釜貸し出しの場合はデポジットとして2,000円をいただき、土釜返却の際に返金させていただきます。

また、ご家庭の炊飯器をご持参いただければ、そちらに移し替えてお持ち帰りいただけます。その場合、デポジットは必要ありません。

 

春の土釜ご飯(3,800円)

<土釜ご飯メニュー>

春の土釜ご飯(3,800円):旬で新鮮な筍、ハマグリ、アスパラ

ウ肉いくら土釜ご飯(5,000円):ウニといくら、牛ハラミ

牛タン土釜ご飯(3,500円):厚切り牛タン

親子ちらし寿司土釜ご飯(4,000円):いくらとサーモンのちらし寿司

鯛の土釜ご飯(5,000円):鯛の身

※価格は税込。土釜貸出の場合はデポジット費用+2,000円。

 

 

<「銀しゃり処 米右衛門」店舗概要>

所在地:山梨県甲府市上石田4-9-3 ソンドメールA101号

電話番号:050-5595-1504

営業時間:昼の部11:30-14:30 夜の部18:00-21:00

定休日:火曜日

※新型コロナウイルスの関係で営業時間や定休日に変更がある場合がございます。

 

SNS公式アカウント

▼Facebook:https://www.facebook.com/komeemon/

▼Instagram:https://www.instagram.com/kome_emon/

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 山梨ニュース~YAMANASHI NEWS~
代表者名 加藤広仁
業種 広告・デザイン

コラム

    山梨ニュース~YAMANASHI NEWS~の
    関連プレスリリース

    山梨ニュース~YAMANASHI NEWS~の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域