アイキャッチ画像

ベネズエラ人を救う『命のスペイン語レッスン』をスタートします! 受講料は100%送金

ベネズエラ人からオンラインでスペイン語を習うことが、新型コロナウイルスと経済危機にあえぐベネズエラへの支援につながる画期的なプログラムが『命のスペイン語レッスン』です。お支払いいただくレッスン料は全額、「労働対価」としてベネズエラに届けます。お金をただ渡すだけの寄付とは違います。

ganasは5月1日から、経済が完全に破綻し、新型コロナウイルスの脅威にもさらされつつあるベネズエラの人たちの利益になる『命のスペイン語レッスン』を始めます。レッスンの費用は100%、米ドルでベネズエラに届けます。4月中は「プレオープンキャンペーン」として受講料は無料となります

 

NPOメディアであるganasがなぜ、スペイン語のレッスン事業に参入するのか。しかも無償で。そこには深いワケがあります。まずは聞いてください。

 

ベネズエラは近年、“本当の国難”に直面しています。最高で200万%を超えたハイパーインフレ(けた違いの数字に、いかにモノがないかわかりますよね)、経済危機で国民の16%(約500万人)が難民として国外へ流出、そこにいま追い打ちをかけつつあるのが新型コロナです。

 

ganas編集長の長光大慈は実は15年近く前、青年海外協力隊員としてベネズエラで活動していました。住んでいたところは、東部のボリーバル州マリパ村です。

 

マリパ村の若者からはいまも断続的に、次のようなメッセージが入ります(もちろん、絶望的な話だけでなく、たわいもない内容がほとんど。生活がどんなに厳しくても泣き暮らしているわけではありません)。

 

「大学に行って勉強したのはバカだった。何の役にも立たなかった(就職は本当にない)」

 

「私の人生は終わった。不運としか言いようがない」

 

「(食料を求めて都市の人が流入してきたため)村の治安が悪くなり、夜は歩けなくなった。家に設置していたエアコンも盗まれた」

 

「みんなお金がないから、(マリパ村の脇を流れる)カウラ川の上流に行って金を掘る。金を分離する際に水銀を使うから、川が汚染され、魚を食べるのが怖くなった」

 

「何か仕事しようにも、ガソリンがないから移動すらできない(ベネズエラは石油の確認埋蔵量で世界一なのに)」

 

「コロナが流行したら、病院が機能していないこの国はどうなるのか心配」

 

マリパ村が位置するボリーバル州といえば、知る人ぞ知る大秘境です。世界一の落差を誇るエンジェルフォール、コナン・ドイルの小説「失われた世界」の舞台となったロライマ(テーブルマウンテンのひとつ)、アイルランドの歌手エンヤが歌う名曲「オリノコ・フロー」の南米第3の大河・オリノコ川(カウラ川はオリノコ川の支流)――世界屈指の自然がこれでもかというぐらいそろった場所なのです。

 

ちなみにマリパ村やその周りではかつて、ピンクイルカが泳ぎ、アルマジロがとことこ歩き、朝はインコのような鳥が鳴き、サルが木を登っていました。

 

そんな田舎が、ここ7、8年ぐらいでしょうか、どんどん疲弊していくのです。そのきっかけを作ったのは、反米・社会主義を掲げたものの経済政策で失敗を重ねたチャベス前大統領(2013年に死去)と、その後継者のマドゥロ現大統領です。

 

何が起きたのかを、ものすごく単純化して説明すると、貧困層にお金を回すために、外資系の石油会社を接収・国有化したり(その結果、新規の油田開拓がうまくいかず、石油生産量が落ちていく。石油価格の下落と相まって国家収入は激減)、モノの価格を統制したり(その結果、モノを作っても儲からなくなり、産業がつぶれていく)したのです。ベネズエラ経済は完全に崩壊しました。

 

いまや、ベネズエラの1カ月の最低賃金はたったの約4.5ドル(45万ボリーバル)です。1日ではなく、1カ月ですよ。30日で割ると、1日たったの15セント、日本円にしてわずか15円。小学生のお小遣いじゃないのに‥‥。世界銀行が定める貧困ラインは1日1.9ドル(しかも1人当たり)ですから、その10分の1にも遠く及びません。

 

ベネズエラの主食であるトウモロコシの粉は1袋(1キロ)約1.3ドル(13万5000ボリーバル)だそうです。つまるところ、家族で数日分の主食を買うのに、月収の3割が必要になる計算。イメージしやすいよう日本に置き換えると、わずか1キロのコメを買うのに6万円も払うようなものです。生活はまったく成り立ちません。

 

「最低賃金では何も買えない。だから警察や軍隊は、検問(ベネズエラではどこに行くのにも検問があります)を通る一般人を捕まえて、お金を巻き上げるんだ」。これはベネズエラ人の口癖です。

 

こうしたさなかに、新型コロナの脅威が押し寄せてきました。ただでさえ仕事がなかったところに、経済活動は完全にストップです(ますます食べていけない)。

 

コロナ対策として、世界保健機関(WHO)は手洗いを推奨していますよね。ですがマリパ村にはせっけんすらありません。停電が頻発するたびに水道も止まります。もちろんマスクなんて売っていません(布から作っています)。医療ははっきり言って「ない」に等しい状態です。

 

いま危惧されるのが、500万人にのぼるベネズエラ難民が避難先で仕事を失い、ベネズエラに戻り始めたこと。このなかには、ラテンアメリカで新型コロナの感染が最も深刻なエクアドルへ逃れたベネズエラ難民も含まれます。弱体化したベネズエラに新型コロナが入ってきたらどうなるのか。想像しただけでゾッとします。

 

窮地に追い込まれたベネズエラ人を助けるプロジェクト、それが『命のスペイン語レッスン』なのです。といってもお金をただ渡すことはしません。ganasが提供するスペイン語講師の仕事をきちっとやることで、彼ら自身が稼ぐのです。

 

皆さま、苦境のなかを必死に頑張るベネズエラ人(講師を任せるので、優秀で責任感のある人を厳選しています)を応援していただけませんか?

絶対に忘れてはなりません。人はだれも、生まれる国を選べないことを。

 

【命のスペイン語レッスンの3つのメリット】

 

①スペイン語を気軽に学べる!

 

世界的にメジャーな通信アプリ「WhatsApp」(日本のLINEに相当)を使い、テキストをチャットのように交換。辞書を時々引きながらコミュニケーションします。スペイン語の基礎や自然な言い回し、スラングまでを「視覚」で学べるのはもちろん、スペイン語の文章をリアルタイムでネイティブにチェック(添削)してもらうことが可能です。

 

ただし通話は難しいです。理由は、マリパ村にはWi-Fiがないこと、電話料金でインターネットにつなげるためベネズエラ側の金銭的負担が大きくなってしまうこと、それに加えて音声もクリアでなく聞き取りにくいからです。ボイスメッセージは交換できます(音声もクリア)。

 

テキストまたはボイスメッセージのやりとりなので、リラックスした格好でできますよね。スペイン語初心者も歓迎!

 

②政治・経済・文化も知れる!

 

『命のスペイン語レッスン』では、スペイン語を単に学ぶだけでなく、ベネズエラのこと、ラテンアメリカのこと(共通する文化が多いです)を知っていただくことを重視します。

 

会話のテーマは、生活ぶり、食、音楽、習慣、政治(社会主義とは?)、経済(ハイパーインフレとは?)、経済危機による難民化、スポーツ(横浜DeNAベイスターズのラミレス監督はベネズエラ人です)、教育などを想定しています。写真も活用できそうですね。ご関心のあるテーマをいくつでも教えてください。

 

ラテンアメリカを旅したことある方は“旅行者目線”を卒業し、より深く知るきっかけに。JICA海外協力隊員で日本に一時帰国中の方は、任国以外のことをスペイン語で知れるチャンスです。

 

新型コロナが終息したら、首都圏でオフ会を開く予定です。ハンモックのかけ方と使い方、ラテンアメリカ(ベネズエラ)料理の作り方などを体験してみませんか?

 

③頑張るベネズエラ人を支援できる!

 

『命のスペイン語レッスン』の受講料は100%ベネズエラに届けます(ganasは1円もとりません)。ハイパーインフレに見舞われているため米ドルで。皆さまが受講されればされるほど、困窮にあえぐベネズエラ人を助けることにつながります。しかも寄付でなく、労働対価として渡すのがミソです。レッスンについてのご要望があれば遠慮なくおっしゃってください。ベネズエラ人講師のキャパシティビルディング(能力向上)にもつなげたいと考えています。

 

【命のスペイン語レッスンの進め方】

 

① WhatsAppのアプリをダウンロードする。スマホでも、パソコンでもOK。
https://www.whatsapp.com/download

 

②自分のアカウントを登録する。

 

③アカウント情報をご連絡いただく。

 

④予約時間が来たら、ベネズエラ人講師とやりとりを始める。

 

⑤予約時間が終了したら、おしまい。次回また。

 

*WhatsAppの使い方は簡単です(LINEと似ています)。わかりにくい場合はお問い合わせください。

 

【期間】

 

5月1日(金)~7月31日(金)の3カ月間。時間帯(日本時間)は午前9~12時、午後8~11時。この中から選んでいただきます。

 

プレオープンキャンペーンとして4月は特別無料にさせていただきます(やりとりは5回まで)。お申し込み手続きの完了後、すぐに始められます。

 

【コースと費用】

 

①通常コース 7500円

毎月5回(各回1時間)までやりとりが可能。期間は5~7月の3カ月(合計で15回=15時間)。

 

②パワーコース 1万4000円

毎月10回(各回1時間)までやりとりが可能。期間は5~7月の3カ月(合計で30回=30時間)。

 

*受講料は全額、ベネズエラ支援に回ります。
*受講生の都合により入金後にキャンセルされても返金いたしません。ご了承ください。
*レッスン予約は2日前までにお願いいたします。予約の仕方はお申し込みされた方へご案内します。
*講師の都合(マリパ村の停電など)で対応できないときがあります。ご了承ください(その際は別日に振り替えさせていただきます)。
*プレオープンキャンペーンにつき4月は無料(やりとりは5回まで)。

 

【定員と締め切り】

 

15人程度

 

*締め切りは4月24日(金)。先着順。定員に達し次第、締め切ります。
*お早めにお申し込みを完了すると、プレオープンキャンペーンにご参加いただけて、4月は無料になります(5回まで)。

 

【申し込み方法】

 

下のリンクをクリックして手続きしてください。完了されましたら、その旨をメール(devmedia.ganas@gmail.com)でもお知らせください。
https://forms.gle/kYDHm3YRxSCdBCsm9

 

*振込先をご案内させていただきます。
*すべての手続きが完了次第、『命のスペイン語レッスン』は始められます。
*予約方法はその際にご案内いたします。

 

【こんな方におススメ】

 

・アメリカ大陸で広く話されるスペイン語を気軽に学びたい人(寝っ転がりながらでもOK!)
・JICA海外協力隊(青年海外協力隊)に行きたい人、またはOB・OGでラテンアメリカをウォッチし続けながらスペイン語を学びたい人
・新型コロナのあおりで日本に一時帰国中の協力隊員(任国とは別の国のことを知りたい! ついでにスペイン語力もアップしたい!)
・ラテンアメリカをこれから旅したい人、旅から帰ってきた人
・ラテンアメリカの庶民の暮らしぶりを知りたい人
・スペイン語を勉強中の学生・社会人
・スペイン語をネイティブにチェックしてもらいたい人
・ラテンアメリカに現地の友だちを作りたい人
・学びと社会貢献が両立することをしたい人

 

【講師】

 

ネイラ・コレア(Neila Correa)
ベネズエラ・ボリーバル州マリパ村在住。州都ボリーバル市にあるベネズエラ東部大学(Universidad de Oriente=UDO)で地質学を専攻。2013年に卒業したものの、そのころからベネズエラ経済の弱体化が顕著に。地質学の専門家として働く夢が破れる。マリパ村に戻り、小さな美容品店「Isabella」を立ち上げる。ハイパーインフレと戦いながら、きょうも老いた親や家族を支えながら生き抜く。

*講師はまずは1人からスタートします。受講生が増えるにつれて、講師を増やしていく予定です。

 

【主催】

 

特定非営利活動法人開発メディア(途上国・国際協力に特化したNPOメディア「ganas」の運営団体)

 

・ウェブサイト:https://www.ganas.or.jp/
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp/
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas
・インスタグラム:https://www.instagram.com/devmedia_ganas
・メールアドレス:devmedia.ganas@gmail.com (お問い合わせはこちらまで)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 特定非営利活動法人 開発メディア
代表者名 長光大慈
業種 新聞・出版・放送

コラム

    特定非営利活動法人 開発メディアの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人 開発メディアの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域