発達障害がありながら勇気を持って婚活するシリウスさん。前世が巫女だった人間は実在した!?

外見だけで判断しないでほしい。自分のことを知ってもらって、障害者に対する世の中の差別や偏見を少しでも減らしたい。

自分のトラウマを告白しながら婚活、その想いをYouTube動画で公表

前世の職業が巫女だったと、本物で良い評価の霊能者(何も言わずに本人の秘密を言い当てる人)に鑑定されたシリウスさん(岡山県・男性)は、自身の発達障害や容姿のコンプレックス、トラウマを勇気を持ってカミングアウトしながら、婚活をしています。

 

【動画】発達障害者の変わった婚活

 

もし巫女の生まれ変わりなら、神様に仕える聖職から美男美女に生まれ、問題のない家庭で幸せな人生を歩んでいるように想像してしまいがちです。ですがシリウスさんは霊的な能力を持つが故に、サイコパスの家族と戦わされるといった辛い経験もしてきました。

 

シリウスさんの霊体験

シリウスさんの最初の霊体験は小学4年生の頃、軍人姿の曾祖父の霊と会います。それから霊山頂上の宿泊所で幽体離脱をして守護霊と話したり、墓地に行った時に霊に憑依されそうになったそうです。(そのほかにも夢の中で先祖と話したり、相手の本音が分かったりなどの経験があったが、寝ている時に霊的な能力が発現するのだと霊能者に宣告されました)

 

三国志ならば〝人生における東南の風を起こす〟自身の実体験を元に広告漫画を作る。

霊的な能力を持つ者が、アニメや漫画の世界では許されるのに現実の世界ではあまり支持されない。宮司ですら霊的な能力を持つことで冷遇されてしまう。日本は特に外見や属性だけで人を判断してしまう悪い癖があり、本当に素晴らしい能力をもっていても評価されないことに、シリウスさんは憤りを感じるそうです。

 

それでも縁のある人と出会って、その人と幸せに生きていきたい。

発達障害を持ちながらの婚活は、健常者の人と比べて弊害を感じることもあります。だからこそ自身の存在、発達障害や人と違う能力や特性をもつ人の苦悩を知ってもらおうと、実体験を元に広告漫画を作成したそうです。

 

シリウスさんの特殊な能力は、夢の世界での先読みや真実を知ることができたり、先祖からのメッセージを受け取る事が出来ます。又、祈願をしたときに願いが通りやすい(叶えてもらいやすい)という特性があります。

特殊な能力や外見の偏見にもくじけずシリウスさんは、自分のことを知ってもらって積極的に婚活をしていき、障害者に対する差別や偏見のない方ともっともっと出会って行きたいと願ってます。

 

シリウスさんは現在ネットを通じて婚活中との事なので、興味のある女性は是非動画を見て頂きたいです。

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社ローズクリエイト
代表者名 鈴木健太郎
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社ローズクリエイトの
    関連プレスリリース

    株式会社ローズクリエイトの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域