~東日本大震災9年目完全復興に向けて~ 東松島市でのイベントにボランティアを派遣

災害救援活動を行う国際サイエントロジー・ボランティア(VM:Volunteer Minister)は、震災復興の先頭に立ち、震災体験の語り部として全国から来る行政や教育者、学生などへの防災研修や全国での講演など、精力的に震災復興活動を行っている東松島市あおい地区会長・小野竹一氏に協力し、あおい地区などが主体で開催した「青森ねぶた」イベントにボランティアとして参加しました。

 今月のお盆には、2011年の東日本大震災から9回目の祈りの会が石巻市内で行われるなど、今も各地で震災で亡くなった方々を悼む鎮魂の儀式が開催されています。

 このような中、災害救援活動を行う国際サイエントロジー・ボランティア(VM:Volunteer Minister)は、震災復興の先頭に立ち、震災体験の語り部として全国から来る行政や教育者、学生などへの防災研修や全国での講演など、精力的に震災復興活動を行っている東松島市あおい地区会長・小野竹一氏に協力し、あおい地区などが主体で開催した「青森ねぶた」イベントにボランティアとして参加しました。


 東松島市あおい地区青森ねぶたと子どもだんじり夏まつり(あおい地区会など主催)は、もともと津波で被災して家や家族を失った人たちを元気づけ、活気づけるために始まりましたが、毎年行われる恒例行事となっています。

 サイエントロジー・ボランティアは、震災直後より現地入りし、瓦礫の撤去、並びにボランティアや被災者の心のケアを行ってきました。また、町内会会長として全員と対話を重視して街づくりの復興に尽力された小野氏に協力し、お盆祭りや、世界人道デーに合わせて、東京にお招きし、あおい地区を日本一の街とした講演会なども行ってまいりました。

 そして今年も、8月17日(土)にねぶた祭りがあおい地区で開催され、子どもたちや踊り手が練り歩くための、交通整理や、誘導係として必要なボランティアを派遣して友好関係を築かさせて頂きました。

 国際サイエントロジー・ボランティアは、地域社会のリーダー、政府の役員、救援団体や他のボランティア・グループと協力して、独自の組織や技術、経験を通じ、物質的な支援や意義ある精神的援助を提供います。また、全ての大陸で活動しており、9.11NYテロやスマトラ島沖地震、ハイチ地震、東日本大震災、熊本地震などでも活躍している民間では最大の災害救援チームの一つです。L.ロンハバードの援助やコミュニケーション、組織運営などの技術に基づき、救援物資の仕分け・運搬や瓦礫の撤去、被災者や被災地職員、ボランティアなど「アシスト」を提供しています。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、災害救助活動ボランティア・ミニスターの活動を応援しています。 

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域