今までとは違う、進化したゴミ入れ「やわらかゴミ入れ」がクラウドファンディングをスタート!

ヨコセラピ株式会社(代表取締役:横浜正毅/所在地:千葉県鎌ヶ谷市)は8月14日からクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、「やわらかゴミ入れ」を公開しました。 やわらかゴミ入れの4つの特徴 1. 狭い隙間に入るので、今まで置けなかった場所にも置けます。 2. 3つの柄があるので分別に便利  3. 柔らかいので、ぶつかっても安全。  4. フックがあればゴミ入れを吊るして使えます。

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、「やわらかゴミ入れ」を公開しました。
プロジェクトページ:

https://camp-fire.jp/projects/view/181258

開催期間:8月14日(水)~9月27日(金)
 

 

「やわらかゴミ入れ」ホームページ

https://yawarakagomiire.yokoserapi.com/

 

「やわらかゴミ入れ公式@yawaraka5310」Twitter

https://twitter.com/yawaraka5310

こんなことを思ったのは、私だけですか?

 

・机の近くのゴミ入れは足元の邪魔にならない少し離れている場所に置いています。

(机の近くに置けると便利)

・ゴミ入れまで移動したくない時はゴミを投げ入れるけど、こんなに近いのになぜか入らない!

・ゴミ入れに入ったゴミを分別するのは面倒!

・分別のために複数のゴミ入れを置く場所はありません。

・なぜか足元に移動しているゴミ入れに気づかずに踏んでしまいイターイ!

・ゴミ入れを移動させると床とこすれて不快なキーキー音がする。

 

ゴミを指定ゴミ袋に手で捨てる人

・手が汚れてしまうので手を洗いに行く。

・ゴミ入れの底に得体のしれない何かがこびりついているが、そこまで綺麗にする気はないので放置している。でもゴミ捨ての時いつも得体のしれない正体が気になる。

・他人のゴミ入れのゴミが山のように溜まっていてもティシュのゴミは何に使ったか判らないから怖くて他人のゴミは絶対捨てられない(見てみないふり)。

 

レジ袋ごと指定ゴミ袋に捨てる人

 ・レジ袋はゴミ捨てに使うので無料でもらうと嬉しい、でもレジ袋にお金を払うのはいやだ。

・ゴミ入れにレジ袋を持ってきて被せるのは意外と面倒。

 

見たことの無いゴミ入れを作りたい!!

多くの試作品を作成しテストを行い試行錯誤をして、完成させました。

それが、柔らかい筒状のゴミ入れ「やわらかゴミ入れ」です。

 

①狭い隙間に入るので、今まで置けなかった場所にも置けます。

(下の写真の様に机とカーテンの隙間に入ります)

②3つの柄があるので分別に便利。

(燃やすごみ、燃やさないゴミ、資源ゴミ)

③柔らかいので、ぶつかっても安全。

(お子様やお年寄りにも安心)

④フックがあればゴミ入れを吊るして使えます。

(手の届く高さに吊るせます)

⑤ゴミ入れが柔らかいので移動させてもキーキー音はしません。

⑥ゴミに触らないので手を汚さず簡単に捨てられます。

⑦レジ袋を使いますが、1回で使い捨てにはしません。

(レジ袋が汚れたら取り替えられます)

⑧軽くて持ち運び便利です

(本体のみの重さ130g)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ヨコセラピ株式会社
代表者名 横浜正毅
業種 その他製造業

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域