90歳の現役セックス・セラピストを追うドキュメンタリー 映画「おしえて!ドクター・ルース」とirohaがコラボ トーク付き試写会イベントを開催

株式会社TENGAが展開する、女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」は、 2019年8月21日(水)、映画「おしえて!ドクター・ルース」とコラボレーションしたイベント「iroha×おしえて!ドクター・ルース トークショー付き試写会イベント ー男女ではなく、人間として性を語るためにー」を、日本シネアーツ試写室(東京都新宿区市ヶ谷)にて開催いたします。また本イベントに、一般のお客様を抽選でご招待いたします。

株式会社TENGAが展開する、女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」は、 2019年8月21日(水)、映画「おしえて!ドクター・ルース」とコラボレーションしたイベント「iroha×おしえて!ドクター・ルース トークショー付き試写会イベント ー男女ではなく、人間として性を語るためにー」を、日本シネアーツ試写室(東京都新宿区市ヶ谷)にて開催いたします。また本イベントに、一般のお客様を抽選でご招待いたします。

 

イベント詳細ページ: https://iroha-contents.com/event/1285.html

<イベント詳細>

性のタブーが今よりずっと厳しかった80年代ニューヨークで、ラジオ番組に寄せられる性の悩みを快刀乱麻に解決したドクター・ルース。

その後も活躍し続ける彼女の人生に迫るドキュメンタリー映画「おしえて!ドクター・ルース」と、女性の豊かな性を後押しする「iroha」がコラボレーションいたします。

当日は本作品(全100分)上映ののち、男性学の研究で知られる田中俊之氏と、iroha広報 西野芙美によるトークを実施。

「男女ではなく、人間として性を語る」をテーマに、映画の感想を交えつつ性とどう向き合っていくかについて語ります。

 

■日時 : 8月21日(水) 19時〜21時15分(開場:18時30分)

(トークイベント開始:20時45分~*上映終了後/マスコミ受付開始:20時15分~)

■場所 :日本シネアーツ試写室(東京都新宿区市谷本村町2-5 AD市ヶ谷ビル)

■登壇者: 社会学者 田中俊之氏、iroha広報・西野芙美

■参加費:無料  ■定員 :44名(抽選)

■参加条件:18歳以上の方

■応募期間:8月7日(水)~ 8月14日(水)

■イベント詳細ページ: https://iroha-contents.com/event/1285.html

 

【登壇者詳細】

田中俊之 博士(社会学)

1975年、東京都生まれ。大正大学心理社会学部准教授

男性学を主な研究分野とする。

著書 『男性学の新展開』青弓社、『男がつらいよ―絶望の時代の希望の男性学』KADOKAWA、『〈40男〉はなぜ嫌われるか』イースト新書、『男が働かない、いいじゃないか!』講談社プラスα新書、小島慶子×田中俊之『不自由な男たち――その生きづらさは、どこから来るのか』祥伝社新書、田中俊之×山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』イースト新書、『男子が10代のうちに考えておきたいこと』日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎる」と警鐘を鳴らしている。

 

<イベント開催の背景 ~すべての人の性を明るく前向きに~>

映画「おしえて!ドクタールース」は、御年90歳になる、セックス・セラピストのドクター・ルースの人生を描いたドキュメンタリー映画です。

80年代アメリカでタブーとされていた性の話題の切込み隊長となり、全国ネットのTVやラジオで明るく、かつ学術的にリアルな性を語り、社会の価値観を大きく変えていったドクター・ルースの姿勢に、女性の豊かな性を後押しするirohaが共感し、イベントの実施が決定いたしました。

従来の抑圧的な女性観から自由になろうと、「女性の性」にフォーカスを当てたメディア特集の多い昨今ですが、男性の中にもまた、ジェンダーロールの押しつけに苦しむ人が少しずつ可視化されてきています。

そこで今回は、男性学の見地から、固定化された男性観に異議を唱えてきた田中俊之氏をお招きし、性別の垣根を超えた性との向き合い方について語ります。

 

<「おしえて!ドクター・ルース」詳細>

【概要】

■監督:ライアン・ホワイト  ■出演:ルース・K・ウエストハイマー

■上映時間:100分      ■公開日 :2019年8月30日(金)

■上映劇場:新宿ピカデリーほか全国公開 ■配給:ロングライド

■公式サイト:https://longride.jp/drruth/

 

【あらすじ】

1981年ニューヨーク。日曜深夜、ラジオから流れるトーク番組「セクシャリー・スピーキング」に人々は夢中になった。

誰も教えてくれない性のお悩みをズバリと解決するドクター・ルース。

身長140センチ、強いドイツ訛りの彼女は、そのチャーミングなキャラクターで、たちまちお茶の間の人気者になった。性の話はタブーだった時代に、エイズへの偏見をなくすべく立ち上がり、中絶問題で女性の権利向上を後押し、LGBTQの人々に寄り添ってきた。

家族をホロコーストで失った少女時代。 終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動。女性が学ぶことが難しかった時代に大学で心理学を専攻。アメリカに渡り、シングルマザーとなり娘を育てた。

そして30歳の時に、3度目の結婚で最愛の夫フレッドと出会う。

自分らしく生きるために学び、恋し、戦い、働く。いつだって笑顔で前を向く“ドクター・ルース”はいかに誕生したのか。 ドクター・ルースが贈るポジティブで型破りな処方箋が日本に初上陸する!



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社 TENGA
代表者名 松本光一
業種 その他製造業

コラム

    株式会社 TENGAの
    関連プレスリリース

    株式会社 TENGAの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域