7月23日(火)、「梅田1丁目美味しい市場~桃祭り~」開催 ~東西"もも"合戦!「山梨&福島の東北の桃」vs「和歌山&岡山の近畿中国の桃」〜

梅田一丁目美味しい市場事務局※1では、JR大阪駅南側の大阪駅前ダイヤモンド地下街(ディアモール大阪)内のイベントスペース「ディーズスクエア」にて、産地から選りすぐりの事業者を集めて「梅田1丁目美味しい市場」(都市型マルシェ)〜桃祭り〜を7月23日(火)14時~19時に開催します。

【第12回「梅田1丁目美味しい市場~桃祭り~」の開催概要】

共  催:合同会社グリーンラボラトリー/大阪市街地開発株式会社

開催日時:2019年7月23日(火)14時~19時

*なくなり次第終了

実施内容:7月の旬食材「桃」の産直販売

会  場:ディアモール大阪内  円形広場横

イベントスペース「ディーズスクエア」

アクセス:大阪府大阪市北区梅田1丁目    

 

出店事業者:

〜東の桃〜

①山梨県 (山梨市観光協会)

言わずと知れた桃の生産量日本一の山梨県。種類も豊富で80品種以上の桃が毎年出荷されています。

今回はその中から今が一番美味しい品種をご紹介!

山梨県民は食べた時にカリッする固めの桃がお好みです。ぜひ山梨流の食べ方を試してみてください。

②福島県 (福島県大阪事務所)

たくさんの山と盆地がある暖かい地域で、山梨に次ぐ生産量国内第二位の名産地です。

盆地と夏の暑さが甘みを凝縮させるのが福島桃の特徴。

 

〜西の桃〜

③和歌山県 (なかまえ商事)

知る人ぞ知る関西の高級ブランド桃「あら川の桃」。

昨年の台風の影響で、今年の生産量は半減ともいわれています。

そんな貴重な桃が桃祭りのために梅田やってきます!

「清水白桃」という代表品種をお見逃しなく。

 

④岡山県(ナチュラルブリッジ)

桃太郎伝説が語り継がれるその地域は、上質な桃がとれる水はけのよい土壌。

酸味が少なく甘い果汁がたっぷり。特に岡山の白鳳は、乳白色

の上品な風貌。

やわらかい食感が人気の品種です。

 

 

■「梅田1丁目美味しい市場」のコンセプトおよび企画背景

~生産者と出会い、つながり、発見する。都市と農山漁村の交流の場~

日常のオフィス街に非日常の市場(マルシェ)を取入れ、全国各地の生産者(および都道府県事務所)との対話を愉しむ市場です。新鮮な食材を提供する事により、コンセプトである「出会い、繋がり、発見する。」を実現し、都市と農山漁村の交流の場として、月1回程度の定例化を図り集客及び、話題性の創出を行ってきました。また、生産者を通じた地域活性化を目指しています。

 

詳細情報はこちら 「梅田1丁目美味しい市場」公式SNSにアクセス!

URL:https://www.instagram.com/ume1ichi/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 一般社団法人グリーンカラー
代表者名 福島征二
業種 その他サービス

コラム

    一般社団法人グリーンカラーの
    関連プレスリリース

    一般社団法人グリーンカラーの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域