Reluxトラベルラボ、「2019年夏休み旅行動向調査」を発表!新たな旅のスタイル“ステイケーション”が増加!?体験型ホテルも人気上昇!

 ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」(https://rlx.jp)を運営する株式会社Loco Partners(本社:東京都港区、代表取締役:篠塚孝哉、以下Loco Partners)は、カスタマーの旅行動向や人気の宿泊施設の傾向を調査する機関「Reluxトラベルラボ」より、「2019年夏休み旅行動向調査」を発表いたします。Reluxは満足度の高い全国の温泉旅館やリゾートホテル、ビジネスホテルから、民泊施設や町家、古民家などを扱うVacation Homeまで、贅沢からカジュアルまで様々なカスタマーのニーズに応える新たな宿泊体験を提供してまいりました。7月、8月は年間でも旅行者が特に増加するシーズンです。そこでこの度、2019年夏休みの旅行動向を調査しましたので発表いたします。

【2019年夏休み 旅行動向調査結果 概要】

■2019年夏休み、人気のエリア第1位は「東京都」!長期休暇に人気の「北海道」「沖縄県」も上位にランクイン

「東京都」や「神奈川県」など定番の観光地や、スケジュールに余裕がある長期休暇に人気の「北海道」や「沖縄県」が上位にランクインしました。第1位は「東京都」で、人気の観光スポットが集中していることや夏限定の多くのイベントが開催されていることで人気となっています。また、第2位は「静岡県」で、都心からアクセスがよく、熱海や伊豆など国内でもトップに入る人気の温泉地が集まっているほか、海水浴やマリンスポーツを満喫できるエリアとして人気を集めています。

 

■ 新たな旅のスタイル“ステイケーション”が増加!?体験型ホテルも人気上昇!

人気の宿タイプは、温かいおもてなしや温泉などを満喫できる「旅館」がトップとなりました。また、フィットネスジムやスパ、ワンランク上の専用ラウンジなどの施設が充実し、ホテル内での滞在を満喫できる「シティホテル」が上位にランクインしているほか、2019年夏の人気上昇ランキングでは、ユニークなデザインやテーマの空間が際立つ「コンセプトホテル」もランクインしています。近年、長距離旅行の“バケーション”ではなく、近場で特別な滞在を楽しむ“ステイケーション”が旅の新たなスタイルとして注目されており、泊まること自体が旅の目的となる「シティホテル」や「コンセプトホテル」のような体験型ホテルも人気を集めています。

 

■インバウンド旅行者の宿泊予算、国内旅行者より9,896円高い!

エリア別の宿泊予算は、英語圏が112,281円と最も高くなりました。また、日本旅行者とインバウンド旅行者の宿泊予算を比較したところ、インバウンド旅行者の方が9,896円高い結果となっています。近年、インバウンド旅行者のリピーターが増えており、観光庁の調査でも訪日回数が多いリピーターほど旅行消費額が高い傾向にあると発表されています。[※]

※観光庁「平成29年訪日外国人消費動向調査(平成30年3月20日発表)」http://www.mlit.go.jp/common/001226295.pdf

 

■2019年夏のひとり旅は「ホステル」が人気上昇!

ひとり旅に人気の宿タイプは、交通など利便性や機能性に優れ、1人でも気軽に利用できる「ビジネスホテル」が第1位となりました。また、人気上昇ランキングでは「ホステル」がトップとなっています。ホテルより価格がリーズナブルなことに加え、お洒落で個性的なカフェやバーなどが併設され、他の宿泊者と交流ができることで人気を集めています。インバウンド旅行者や個人旅行の増加に伴い「ホステル」も増加しており、今後も人気を集めることが予測されます。

 

 

 

【2019年夏休み 人気エリアランキング 結果】

2019年7月13日から2019年8月31日までの予約件数をもとにした、人気エリアランキングです。Reluxが紹介する47都道府県から、上位5都道府県を選出しました。

1位:東京都

2位:静岡県

3位:沖縄県

4位:神奈川県

5位:北海道

 

【2019年夏休み 人気宿タイプランキング 結果】

2019年7月13日から2019年8月31日までの2名以上の予約件数をもとにした、夏休み人気の宿タイプのランキングです。Reluxが紹介する宿タイプから、上位5タイプを選出しました。

1位:旅館

2位:リゾートホテル

3位:シティホテル

4位:ビジネスホテル

5位:コンセプトホテル

 

【2019年夏休み 人気上昇宿タイプランキング 結果】

2019年7月13日から2019年8月31日までの2名以上の予約件数をもとに前年同時期比で算出した、夏休み人気上昇宿タイプのランキングです。Reluxが紹介する宿タイプから、上位5タイプを選出しました。

1位:ビジネスホテル

2位:リゾートホテル

3位:コンセプトホテル

4位:貸別荘

5位:ペンション

宿タイプ参考:左から旅館「箱根・芦ノ湖 はなをり」、シティホテル「ザ・プリンス パークタワー東京」、
コンセプトホテル「bar hotel 箱根香山」

 

【2019年夏休み エリア別宿泊予算 結果】

2019年7月13日から2019年8月31日までの2名以上の予約金額をもとにした、エリア別の宿泊予算です。

日本:69,785円

中国:90,426円

韓国:75,933円

台湾・香港:75,048円

英語圏:112,281円

インバウンド[※]:79,681円

 

※インバウンドは、中国、韓国、台湾・香港、英語圏の予約金額の合計をもとにした宿泊予算

 

 

【2019年夏休み ひとり旅 人気宿タイプランキング 結果】

2019年7月13日から2019年8月31日までの1名の予約件数をもとにした、人気の宿タイプのランキングです。Reluxが紹介する宿タイプから、上位5タイプを選出しました。

1位:ビジネスホテル

2位:シティホテル

3位:コンセプトホテル

4位:ホステル

5位:リゾートホテル

 

【2019年夏休み ひとり旅 人気上昇宿タイプランキング 結果】

2019年7月13日から2019年8月31日までの1名の予約件数をもとに前年同期比で算出した、ひとり旅の人気上昇宿タイプのランキングです。Reluxが紹介する宿タイプから、上位5タイプを選出しました。

1位:ホステル

2位:ビジネスホテル

3位:コンセプトホテル

4位:貸別荘

5位:オーベルジュ・町家

 

 

集計方法    :Reluxの国内・インバウンドカスタマーの予約数、予約金額を集計

宿泊期間    :2019年7月13日〜2019年8月31日

集計日        :2019年7月2日

 

 

■ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」について

Reluxは満足度の高いホテル・旅館のみを厳選した、お客様満足度No.1の宿泊予約サービスです。(※)日本全国のホテル・旅館に精通した旅行のプロが、心からおすすめできる施設を紹介することで、より快適で満足度の高い旅行体験をカスタマーに提供しています。※Emotion Tech・日経BPコンサルティング調べ(2018/12実施)

・公式ホームページ:https://rlx.jp

・スマートフォンアプリ(iOS,Android):https://rlx.jp/lp/app

・公式 Facebook ページ:https://www.facebook.com/rlx.jp

・公式Instagram:https://www.instagram.com/relux_jp

・公式LINE:https://rlx.jp/line

・公式TikTok:https://vt.tiktok.com/JRdAYs/

・ブランドムービー:https://youtu.be/Zsmn_h4kY8c

 

 ■会社概要

名称:株式会社Loco Partners

所在地:東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留4F

代表者:代表取締役社長 篠塚孝哉

資本金:9億1,000万円(資本準備金含む)

設立年月日:2011年9月1日

登録免許:第三種旅行業(東京都知事登録旅行業 第 3­6623 号)

事業内容:旅行業

URL:http://loco-partners.com

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社Loco Partners
代表者名 篠塚孝哉
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    株式会社Loco Partnersの
    関連プレスリリース

    株式会社Loco Partnersの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域