ポリゴンマジック製作クロスモーダルコンテンツ 「擬音VR - Seeing is Hearing -」 YouTubeで公開

デジタルエンターテインメントコンテンツを企画・製作するポリゴンマジック株式会社(代表 鶴谷武親 東京都港区)は、この度、早稲田大学理工学術院 河合隆史教授と連携・製作した「視覚によって刺激される聴覚体験」を意図したVR(バーチャルリアリティ)コンテンツ『擬音VR - Seeing is Hearing -』を本日2019年6月20日よりYouTubeにて公開しました。

このコンテンツは、「見るだけで触感が伝わるシステム」といった、クロスモーダル(感覚間の相互作用)を応用したVRやMR(ミックストリアリティ)の研究で知られる河合教授の着想に基づいて製作されました。無音のVR空間の中で、「ヒュ」「ザー」といった擬音が、風や雨などの天候を模したアクションで表現される様子を、ヘッドセットとノイズキャンセリングヘッドホンを装着して見渡すうちに、聞こえないはずの「音」を感じるという、一種の錯覚現象の生起を意図しています。 

『擬音VR – Seeing is Hearing –』 https://youtu.be/5j_wSouelxg

 

『擬音VR - Seeing is Hearing -』は、2017年10月30日にUPLINK渋谷にて開催された『闇の中の眠り姫』サラウンド上映後に限定公開されました。その後、約2年が経過し、クロスモーダルというキーワードの広がりを受け、この実験的な試みを一般に公開することとしました。

 

また、河合教授は、クロスモーダル錯覚の一つであるマガーク効果をラップで楽しむという映像を、双子のラッパーである上鈴木兄弟と共同で製作し、こちらも2019年6月15日よりYouTubeにて公開されています。

『マガーク・ラップ – 河合教授と上鈴木兄弟』 https://youtu.be/uluCr9zaPU4?t=3

 

『擬音VR - Seeing is Hearing -』 の1シーン
© POLYGON MAGIC INC.

 

『擬音VR - Seeing is Hearing -』 の1シーン
© POLYGON MAGIC INC.

 

【ポリゴンマジック株式会社 会社概要】

会社名    ポリゴンマジック株式会社

所在地    〒106-0032 東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル

代 表    代表取締役 鶴谷武親

設 立    1996年4 月3 日

U R L     http://www.polygonmagic.com/

 

【河合 隆史(早稲田大学理工学術院・教授)】

人間工学を専門とし、立体視映像(3D)やVR、超高精細映像(UHD)など、人間と先進映像のインタラクションに関する研究に従事。生体計測による評価研究と同時に、その知見や手法を活用したコンテンツ制作やシステム設計などにも取り組んでいる。スーパーバイザ等で制作に参画した3D映画に、『Moomins and the Comet Chase(フィンランド,2010年公開)』、『映画 怪物くん(日本,2011年公開)』、『STAND BY ME ドラえもん(日本,2014年公開)』ほか。

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ポリゴンマジック株式会社
代表者名 鶴谷 武親
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    ポリゴンマジック株式会社の
    関連プレスリリース

    ポリゴンマジック株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域