CCHRドイツ代表ベルント・トレッピング氏が来日、特別セミナーを開催しました!

ドイツでは、2010年に精神医学神経学会(DGPPN)が正式にホロコーストにおける犠牲は精神科医たちが関与していたことを認め謝罪もしました。一方で、日本は明治時代にこのドイツから輸入した優性医学をそのまま採用し、精神病院の乱立と、強制不妊手術などの問題が起こっています。  このような中、市民の人権擁護の会(CCHR)日本支部は、ドイツ支部の代表であるベルント・トレッピング氏を6月2日(日)午後2時より新宿に迎え、ドイツにおいて70年間、闇に葬られていたホロコーストの真の原因が精神医学であることをどのように知らしめることに成功したのかついてのセミナーを開催しました。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリースアイキャッチ画像
 ドイツでは、2010年に精神医学神経学会(DGPPN)が正式にホロコーストにおける犠牲は精神科医たちが関与していたことを認め謝罪もしました。一方で、日本は明治時代にこのドイツから輸入した優性医学をそのまま採用し、精神病院の乱立と、強制不妊手術などの問題が起こっています。

 このような中、市民の人権擁護の会(CCHR)日本支部は、ドイツ支部の代表であるベルント・トレッピング氏を6月2日(日)午後2時より新宿に迎え、ドイツにおいて70年間、闇に葬られていたホロコーストの真の原因が精神医学であることをどのように知らしめることに成功したのかついてのセミナーを開催しました。

第2次世界大戦時、特にナチスドイツが犯した人種差別に基づく大量虐殺(ホロコースト)は断じて許されるべき事柄ではありません。

 CCHRはこのドイツから輸入された人種差別の生みの親でもある精神医学(優生学)に焦点をあて、長年にわたり、問題提起を行ってきました。結果として、2010年にはドイツ精神医学精神療法神経学会の会長がその虐殺に精神科医らが関与したことを認め謝罪もしています。

 ベルント氏はドイツで28年に渡り、CCHRの活動に取り組んできました。当初、一人だけの活動から始めた当時の頃を振り返り、精神医学会という権威であり誰も疑いもしないパワーの構造に対して、患者調査や、ナチスの背後にいた人たちについての綿密な歴史調査を繰り返し、徹底した暴露を行ってきた経緯を話しました。特に、2015年3月あったドイツ旅客機墜落で150人が亡くなった事故にも触れ、副操縦士が精神薬を服用していた、その精神薬に攻撃性と自殺という副作用があり、それが事故を引き起こしたのではないかと当時メディアに大きく話題として取り上げられました。その直後にオーストリア・ウィーンであった精神神経学会にも、追悼の花をCCHRから贈りましたが、追悼はなされず、会長がそれを踏みにじったという事実を報道にも出しました。


 ドイツの精神医学精神療法神経学会会長のシュナイダー教授が自ら、第111回日本精神神経学会に招かれました。そこでは、ユダヤ人や、精神障害者の殺戮に加わった精神科の医師や、1933年に成立した遺伝病子孫予防法によって、身体に障害があるという理由だけで、強制断種手術を受けた40万人以上の犠牲者のことが紹介されています。

『皆さん われわれ精神科医は,ナチの時代に人間を侮蔑し,自分たちに信頼を寄せてきた患者の信頼を裏切り,だまし,家族を誘導し,患者を強制断種し,死に至らせ,自らも殺しました。患者を用いて不当な研究を行いました.患者を傷つけ,それどころか死亡させるような研究でした』


 日本の精神医療では、断種、強制不妊、優生思想、障害者の隔離収容というホロコースト政策の影響が輸入され、1950年代、60年代の精神科病院の乱立 へとつながり、その結果日本は収容列島と言われる精神病院大国となりました。日本の精神医療は、歴代の東京帝国大学精神医学教室の教授がドイツに留学し、その門下生が各大学に広げてきたのが日本の精神医療です。その起源であったドイツ精神医療はホロコーストという負の歴史を引き起こしました。

 このような歴史的な流れの中、今一度見直しをして日本がどのように立ち直していくことができるのかを考える良い機会となることを願っています。

市民の人権擁護の会は、アメリカの人道主義者L.ロンハバードの調査内容に基づき、1969年、精神医療の人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によってアメリカ・ロサンゼルスに創設されました。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、市民の人権擁護の会を応援しています。 

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

特定非営利活動法人イマジンの
関連プレスリリース

特定非営利活動法人イマジンの
関連プレスリリースをもっと見る

  • クリックして、タイトル・URLをコピーします
  • facebook
  • slack
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域