プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,784社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

関西ワーママ労働環境調査 91.7%が「所属企業の女性活躍制度や仕組みをアップデートしたい」 – ぷちでガチ!育休MBA参加者に聞く –

一般社団法人ぷちでガチ

! 2019年6月4日 14時

「ぷちでガチ!育休MBA講座」は、過去参加者に「所属企業における女性活躍のための制度や仕組み」を問う労働環境調査を実施しました。また、インテックス大阪で行われる労働環境改善フェアにて、2019年6月6日(木)11:40より ぷちでガチ!育休MBA主催のセミナー開催します

一般社団法人ぷちでガチ(京都府:代表理事赤坂美保)が運営する勉強会「ぷちでガチ!育休MBA講座」は独自アンケートの結果、過去参加者の91.7%が「所属企業の職場環境をアップデートしたい」と回答したことを発表します。

 

当勉強会は、2015年に代表の赤坂美保が「育休中でも学びたい」という同じ思いを持った仲間と共に立ち上げました。初回10名で始まった月に一度の活動が、2018年には参加者のべ1300名を超えました。開催地域もオンラインツールを利用して、関西以外に名古屋・仙台と広がっています。

 

2019年5月、Facebookの過去参加者グループ内で「所属企業における女性活躍のための制度や仕組み」を問うアンケートを実施し、37名の回答を得ました。結果、35.1 %が「所属企業における女性活躍のための制度や仕組みがない」と回答、働き方改革という言葉が企業によっては浸透していないことがわかりました。

 

続いて、「所属企業における女性活躍のための制度や仕組みがある」と答えた24名に制度や仕組みの満足度を聞いたところ、41.7%は満足していない(どちらでもない含む)と回答しました。

 

しかし、「所属企業で意欲的に働くことは実現できそうですか?」との問いに62%が「意欲的に働くことができる」と回答。当講座参加者ならではのポジティブな反応が垣間見えます。

 

最後に、「意欲的に働くために所属企業の職場環境(制度、仕組みに限らず、風土や意識も含む)をアップデートしたいか?」との問いに91.7%が「アップデートしたい」と回答。自己の高い意欲だけに頼らず、周囲の協力や次世代に続く新しい形を求める姿勢が浮かび上がりました。

 

「ぷちでガチ!育休MBA講座」では、今後も当団体の理念である「学びとつながりで日本を元気に!」する場作りを進めてまいります。

 

 

■特別企画■

労働環境改善フェア Well-Being OSAKA Lab 特別セミナー ご案内ページ

 

■とき    2019年6月6日(木)、7日(金) 各日10:00~17:00

■会場    インテックス大阪(〒559‐0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)

■特別セミナー詳細および事前申込み

セミナーの詳細および事前申込みについては、下記URLよりホームページにてご確認・お申込みください。

    https://wellbeing-osaka-lab.com/sponsored-event/1539/

 

※2019年6月6日(木)11:40より ぷちでガチ!育休MBA主催のセミナー開催します

 

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

一般社団法人ぷちでガチ

代表者名

赤坂美保

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

ビジネス・人事サービス

カテゴリ

研究・調査報告

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る