プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,282社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

1887年創業の生地メーカーが開発した「ウールTシャツ」がクラウドファンディングで支援者300人を突破!高級スーツに使われる希少繊維が「隠れ不満」を解消

三星毛糸株式会社

! 2019年5月16日 12時

愛知県と岐阜県にまたがる尾州地域は、古くより毛織物産業が盛んながらも、後継問題や海外製品の台頭などにより苦境が続いています。この尾州の技術を次世代に伝え地域の活性化を図るために、老舗メーカーがカシミアクラスの高級繊維「スーパーエクストラファインメリノウール」を使用したTシャツを開発。クラウドファンディングでの支援者が300人を突破しました。

 

明治20年創業の老舗生地メーカー、三星毛糸株式会社(本社:岐阜県羽島市、代表取締役社長:岩田真吾)が展開する自社ブランド「MITSUBOSHI 1887」は、2019年4月19日(金)~6月17日(月)の期間、「23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ」プロジェクトを、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて実施しています。

最高級の希少繊維「スーパーエクストラファインメリノウール」を独自の技術で加工したウールTシャツが反響を呼び、支援者が300人を突破いたしました。

 

▼「23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ」プロジェクト(クラウドファンディング Makuake):https://www.makuake.com/project/mitsuboshi/

 

■日本最大の毛織物産地・尾州の総力を結集、ものづくり技術の伝承に向けた老舗の挑戦

三星毛糸株式会社は、岐阜県羽島市にて創業。この一帯は、古くは尾州と呼ばれ、豊かな水と温暖な気候が織物生産に適していることから、国内総生産量の約8割を占める日本最大の毛織物産地です。しかし、人手不足、後継問題、海外製品との競合などにより、年々状況は厳しくなっています。

この尾州のものづくり技術という、かけがえのない財産を次の世代へ残すための一歩としたいという強い想いから、三星毛糸は自社ブランド「MITSUBOSHI 1887」でクラウドファンディングに挑戦することにいたしました。全工程を尾州の会社・工場に協力してもらい、紡績・撚糸・染色・製編・縫製といった長年にわたって培われた高い技術力を結集。繊細なウール素材を普段使いできるようTシャツに加工して販売をスタートしたところ、反響は大きく、初日に目標金額を達成。そして1か月足らずで支援者が300人を突破いたしました。

 

▼「MITSUBOSHI 1887」公式サイト:https://www.mitsuboshi1887.com/

 

■カシミア並みの高級ウールが生み出す、「素肌感覚」のTシャツ

本プロジェクトで扱っているTシャツが実現したのは、いつも着ているTシャツに対する「隠れ不満」の解消。長時間着用しなければならない環境にいる方に、1日24時間から入浴の1時間を引いた時間=“23時間”続く快適さをお届けするために誕生しました。

快適さの秘訣は、カシミアに匹敵するほどの質感を持った「スーパーエクストラファインメリノウール」。数十万円もするような高級スーツに使われる最高ランクの希少素材です。加工の難しい繊細な素材ながら、独自の高い技術力で加工に成功。薄手なのにハリがあってチクチクしない、まったく新しいTシャツの生地が誕生しました。生地の軽やかさとなめらかさは、まるで「素肌感覚」。「着る」というより「纏う」という言葉がふさわしいウールTシャツです。

また、1年中サラッとした着心地をキープできるのもこのウールTシャツの特徴。ウールは、コットンの2倍、ポリエステルの30倍の水蒸気を吸収・放出できるという特性を持っています。余分な湿気は蒸発させて適度な水蒸気を内部に閉じ込めることができるため、蒸れない上に乾燥しないというちょうどいい状態をキープします。また、天然の撥水作用があるので汚れがつきにくく、さらに、家庭用洗濯機で洗えるのでお手入れは簡単。シルクプロテイン加工で毛玉ができにくく縮みにくいため、日頃から気軽に着ることができます。

 

 

■「三星毛糸」にちなみ、目標は「333」人突破!SNSでも積極的に発信

本プロジェクトで目指している支援者数は、三星毛糸という社名にちなんで、「333」人の突破です。さらなるご支援・ご理解を求めて、SNSも積極的に活用。本プロジェクトに関する情報を、「#23時間を快適に」「#隠れ不満」というハッシュタグを使って発信しています。

 

<プロジェクト概要>

プロジェクト名:「23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ」

ページURL:https://www.makuake.com/project/mitsuboshi/

期間:2019年4月19日(金)~6月17日(月)

目標金額:100万円

 

Instagram公式アカウント:https://www.instagram.com/mitsuboshi_fabric_knit/

Facebook公式アカウント:https://www.facebook.com/MITSUBOSHI.Fabric.Knit/

 

【三星毛糸株式会社について】

本社:〒501-6228 岐阜県羽島市正木町不破一色字堤外 898

代表者:代表取締役社長 岩田真吾

設立:1887年(明治20年)

電話番号:058-392-4780

URL:http://mitsu-boshi.jp/

 

事業内容:

・衣料向け繊維素材(織物、編物)の企画・製造および自社ブランド事業の展開

・天然素材を中心に、カシミアやシルク、ウール、モヘア等、素材の特長を引き出した服地を国内外のメンズ・レディースブランドに向けて提案

・2015年より自社ブランド「MITSUBOSHI 1887」およびアップサイクルプロジェクト「mikketa」を展開

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:三星毛糸株式会社

TEL:070-3392-9921(担当 佐藤・山田)

Email:connect@mitsuboshi1887.com



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

三星毛糸株式会社

代表者名

岩田 真吾

業種

エネルギー・素材・繊維

プレスリリース情報

ジャンル

ファッション・ビューティー

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

明治20年創業の生地メーカーがクラウドファンディングに挑戦。異次元の着心地と機能性で「隠れ不満」を解消する日本製ウールTシャツが1週間で200人超の支援を獲得!
! 2019年5月11日 10時
コンセプトは「人と素材のステキな関係」。明治20年創業の生地メーカーが手掛けるブランド「MITSUBOSHI 1887」が代官山ショールームで交流イベントを開催
! 2019年5月10日 17時
“百見”は“一触”に如かず!クラウドファンディング初日で目標金額を達成した最高ランクの希少繊維使用「ウールTシャツ」の試着会を、GWに代官山で開催
! 2019年4月26日 15時
世界三大生地産地「尾州」の老舗生地メーカーが、“23時間”を快適にする「ウールTシャツ」で国内の毛織物産業を活性化させるクラウドファンディングを開始
! 2019年4月26日 12時
【MITSUBOSHI 1887】貴重なブランケットサンプルを使用した80億通りの組み合わせから選べるオーダーメイドトラベルケース販売開始!
! 2018年4月10日 13時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る