ドローンジョプラスが北海道栗山町にてドローンを使った小学生対象の『英語プログラミング講座』を開催

株式会社AIRが運営するドローンジョプラス(ドローンの魅力を社会に発信する女性チーム)が、企業と共同して小学生を対象としたドローンを使った英語のプログラミング講座を行う。今回は2019年5月17日・18日の2日間、栗山町カルチャークラブにて開催予定。

◆主催企業と開催の経緯

 

本イベントの主催企業は株式会社チュプチニカ。札幌市由仁町にてドローンレースやドローンを使った空撮コンテストを開催するなど、『IT』を基軸に地域活性化活動を行っている。今年は初めて『英語プログラミング』をドローンで学習できる新しいコンテンツを提供する。

 

一方でドローンジョプラスはドローンを使った『ドローン体験会』を日本各地で開催するなど、親子を中心に一般の方へドローンの面白さを発信しているチーム。2016年6月に立ち上がり、現在は東京と大阪を拠点に40名のメンバーが活動している。

 

 

 

株式会社チュプチニカから、小学生を対象に『英語』と『プログラミング』の両方が学べる講座を作りたいとの依頼を受け、ドローンを主軸に地域活性化を目的としたイベントを開催する流れとなった。

 

 

 

◆ドローンを使った『英語プログラミング講座』の概要

 

1回の講座が約90分、最大で20名が一度に受講可能。英語講師の経験を持つドローンジョプラスのメンバー含め2名が講師として教鞭をとる。講座では、生徒の英語レベルに合わせながらも説明は基本的に英語。生徒がプログラミング言語学習アプリを使ってドローンの動きを制御することで、魚釣りのミッションを攻略するゲームを行う。

 

 

 

◆ドローンを使うことのメリットとは?

 

他のプログラミング講座と同じくタブレットやスマホのモニター上でコードの書き込みを行うが、生徒自身が書いたプログラミングで実際にモノを動かせる点が最大の魅力。またドローンが他のメカ・ロボットと違う点は、空を飛ぶためのプログラミングにより三次元の動きを制御できることや、他にはないフリップ(宙返り)動作も可能なこと。プログラミング言語は英語のため、生徒はドローンのゲームを楽しみながら英単語の学習ができる。

 

 

本企画に携わる福岡(みにー)は、ネイティブスピーカー講師として英語を教えていた経験ががあり、企画開催へのきっかけとなった。ドローンジョプラスには、グローバルに活躍し外国語を話せるメンバーも数名在籍しており、需要があれば今後別会場での展開も考えているという。

 

 

◆イベントの詳細

 

【開催日程】

2019年5月17・18日

 

【開催場所】

北海道夕張郡栗山町中央2丁目1番地

栗山町カルチャークラブEli

 

【参加費用】

1,000円

 

【講師紹介】

福岡美歩(みにー:下記写真右)

・ウィスコンシン州立大学卒業

・TESOL(グローバルの英会話講師)を取得。

・ネイティブスピーカー講師として、多数の英会話指導実績有。

・英会話講師の傍ら女性ドローンパイロットとしても活躍。

 

 

 

 

==========

 

【開催団体】

株式会社チュプチニカ

https://chupchinika.com/

 

株式会社AIR

http://air-works.jp/

 

ドローンジョプラス

https://www.drone-girls.com/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社AIR
代表者名 鶴田 泰啓
業種 その他サービス

コラム

    株式会社AIRの
    関連プレスリリース

    株式会社AIRの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域