ボイスノート会員に聞いた「平成の時代を漢字一文字で表すと?」ランキング発表!(平成を振り返るアンケート③)

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「平成を振り返るアンケート」を下記のとおり実施しました。本日はその中から、「平成の時代を表す漢字一文字ランキング」の結果を発表します。

「印象に残ったバラエティ番組ランキング」を公開

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、平成から令和に元号が変わることを受け、「平成を振り返るアンケート」を実施しています。

 

本日はその結果から作成した、「平成の時代を表す漢字一文字ランキング」を公開します。

 

 

 

【実施概要】

実施日:2019/4/19~4/22

実施対象:アンケートサイト「ボイスノート」に登録している会員

集計対象:1334人

 

【アンケート結果】

自由回答で漢字一文字と、その文字を選んだ理由を回答していただきました。

ここでは10位以上の漢字と、上位はの漢字についてはその理由を合わせてご紹介します。

(他に挙げられた理由は、ボイスノートマガジンの記事中でご紹介しています)

 

10位 「絆」・「難」 18票

 

9位 「激」 22票

 

8位 「動」 23票

 

7位 「安」 25票

 

6位 「震」 40票

 

5位 「変」 69票

「社会が大きく変化していく時代であった」(71歳・男性)

 

4位 「和」 70票

「戦争が起きなかった時代、「和」という言葉がふさわしいと思いました」(38歳・男性)

 

3位 「乱」 71票

「色々と和が乱れた時代だなと思いました。昭和の時代から守られてきた日本の良い部分が乱れていると思います」(28歳・男性)

 

2位 「平」 75票

「元号の一文字だが、そのとおり平凡な暮らしが一番幸せであることに、皆が気づいた時代だと思う」(29歳・女性)

 

1位 「災」 340票

「戦争こそなかったが、天災も人災もとても多かった」(50歳・女性)

 

最も多く票が集まった「災」は340票で、総回答者数の4分の1が回答した計算となります。

 

 

当リリースでご紹介した内容について詳細は、弊社運営サイト『ボイスノートマガジン』でもご紹介しています。

【平成を振り返る】平成の日本を漢字一文字で表すと何?

 https://magazine.voicenote.jp/20197779/

 

※アンケートデータを記事等で引用される場合には、「株式会社NEXERによる調査」である旨と、ボイスノートマガジン該当記事のURLを合わせてご紹介いただきますようお願いいたします。

 

※4月27日(土)~5月6日(月)は業務をお休みさせていただきます。

この間にいただいたお問い合わせは5月7日(火)以降順次回答させていただきます。

 

【ボイスノートについて】

『ボイスノート』は、会員14万人のアンケートサイトです。

10問500サンプル4万円からと業界最安値クラスでアンケートが実施できるほか、アンケート結果に基づきターゲットを絞り込んだ上でピンポイントで広告を表示するサービスを行っております。

URL : https://www.voicenote.jp/

 

【株式会社NEXERについて】

本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F

代表者:代表取締役 宮田 裕也

Tel:03-6890-4757

URL:https://www.nexer.co.jp

事業内容:インターネットリサーチ、広告、コンテンツ企画・提供



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社NEXER
代表者名 宮田 裕也
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社NEXERの
    関連プレスリリース

    株式会社NEXERの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域