~この命があるうちに、これだけは伝えたいと思った~ 当事者による体験をもとに精神医療保健について考える講演会

人の話が聞けない、落ち着きがない、などという理由で子ども達がADHDと診断を受け、本人の意思とは関係なく精神薬を服用する事例が急増しています。また、ストレス社会によって「生きづらさ」を感じる方も増えています。このような中、精神医療保健を考える会が5月11日(土)、福岡で当事者による体験をもとに心の病と発達障害についてのセミナーを開催します。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリースアイキャッチ画像
 人の話が聞けない、落ち着きがない、などという理由で子ども達がADHDと診断を受け、本人の意思とは関係なく精神薬を服用する事例が急増しています。また、ストレス社会によって「生きづらさ」を感じる方も増えています。このような中、精神医療保健を考える会が5月11日(土)、福岡で当事者による体験をもとに心の病と発達障害についてのセミナーを開催します。

『イベント内容』

心の病と発達障がい~精神薬10年からの断薬を語る
当事者による体験をもとに精神医療保険について考える講演会

「ストレス社会」と言われています。
誰にとっても無関係ではない問題が、ここにあります。


【講演を見に来た人の声 一部抜粋】

「衝撃だった。これは、全ての人にみてもらいたい講演です」(自営業)
「子どもたちがどんな事を考えているのか、ヒントをもらった」(保育士)
「よくぞ言ってくれたって感じです」(当事者)
「人によっては受け入れられないかもしれない。でも、聞かなければいけない声だと思う」(看護師)
「日本の未来に関わる重要な問題」(関係者)

*講演者*

伏見美穂(ふしみみほ)「心の病と発達障害」著者。アーティスト。幼いころから、学習能力に偏りがある事で悩み、精神科に通うようになる。様々な精神薬を10年服用し、身体の自由がきかなくなり、2010年8月断薬。断薬後、薬を飲みはじめてから出た症状や、生まれつきと思っていた様々な性質を克服させる。

小倉 謙(おぐらゆずる)
市民の人権擁護の会 日本支部 (CCHR Japan)支部長。精神医療による不正診療報酬請求、無資格診療、無診察投薬などの不正行為、不当な隔離拘束などの事例を調査し精神医療の実態を公表するなどの活動を行っている。著書『「心の病」はこうして作られた』など多数。


日時 5月11日(土)13時半開場/14時開演
講演時間は2時間半を予定しています。


場所: TKP天神カンファレンスセンター
福岡市中央区天神1丁目10-13 MMTビル6F
料金: 3000円(事前振り込み制)

大切な友人のために。
仲間のために。
家族のために。

皆で、考えてみませんか?
今すぐ、お申し込みください。

申し込み方法:picece@gmail.comに、
「5月11日講演参加希望」の件名で、
お名前・お電話番号をお知らせください。
振り込み先を連絡いたします。

主催:精神医療保健を考える会福岡
共催:CCHR JAPAN、ミクロドロップ

市民の人権擁護の会は、アメリカの人道主義者L.ロンハバードの調査内容に基づき、1969年、精神医療の人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によってアメリカ・ロサンゼルスに創設されました。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、市民の人権擁護の会を応援しています。

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域