プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,773社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

右肩下がりの若年層の献血者数に警鐘を…。鉄拳によるパラパラ漫画公開!献血の大切さ、重要性を描き出す。いつか献血が当たり前の時代に。鉄拳にインタビューも!

日本赤十字社

! 2019年3月20日 18時

日本赤十字社は、2019年3月19日(火)より、動画 「鉄拳 献血啓発パラパラ漫画『けんけつ』」をWeb上で公開いたします。

本動画は、多数のパラパラ漫画を発表し、高い評価を得ているお笑い芸人・鉄拳さんが制作いたしました。献血経験のない男性が、身近な人の病気をきっかけに献血への一歩を踏み出すという内容となっております。男性の心境の変化や、多くの人の協力によって献血という制度が支えられているという事実がパラパラ漫画特有の温かみのある映像で表現されています。また、「鉄拳 献血啓発パラパラ漫画『けんけつ』」の制作に伴い、鉄拳さんにインタビューを実施しました。パラパラ漫画に関すること、献血に対する考えなどを語っていただきました。

 

【鉄拳 献血啓発パラパラ漫画「けんけつ」 YouTube URL】https://youtu.be/jWO8xv4Mzso

 

 

■鉄拳 献血啓発パラパラ漫画「けんけつ」 について

3月19日(火)より、公開する「鉄拳 献血啓発パラパラ漫画『けんけつ』」には、献血経験のない一人の男性が登場。自身の経験から献血への意識が変わるという内容です。身近ではあるものの、正しく理解しておらず、献血への一歩が踏み出せない男性の葛藤と心境の変化が描き出されています。パラパラ漫画でありながら、リアルな心理描写や温かみのある内容が印象的な動画となっております。

 

また、年代別献血者数については、10代~30代が右肩下がりに減少しています。そのような状況を踏まえ、若年層の献血推進の取り組みの一つとして、「鉄拳 献血啓発パラパラ漫画『けんけつ』」を制作いたしました。

 

【キャプチャ・概要】

一人の男性が登場。友人が献血しているところに遭遇しつつも、理解が足りないからか、献血を敬遠してしまいます。少しの後ろめたさを感じながら帰路につくと、自宅には具合の悪そうな彼の父親が。慌てて救急車へ。搬送先の病院で彼の父親は輸血が必要な状態であることが分かりました。父親の容態を目の当たりにし、気落ちしてしまっている男性の頭に浮かぶのは、先ほど献血をしていた友人の姿。献血に協力している人たちの姿が次々と男性の頭に浮かびます。その後、輸血を受けたことによって、彼の父親は容態が安定した様子。

様々な人の協力によって成り立っているという献血の事実を理解した男性は、先ほど会った友人の元へ向かいます。うれし涙を浮かべながら、友人にお礼を言う男性。その足で、献血ルームに向かいます。彼の血液も誰かの役に立っているはず。そんな様子が描き出され、動画は終了します。

 

【鉄拳 献血啓発パラパラ漫画「けんけつ」 YouTube URL】https://youtu.be/jWO8xv4Mzso

 

■特別インタビューについて

動画の制作に伴い、鉄拳さんと日本赤十字社の担当者へのインタビューを実施しました。動画の内容についてはもちろん、献血に対する考えなどに関してもコメントいただきました。

 

【鉄拳さん】

---日本赤十字社より今回のパラパラ漫画の制作依頼が来たときの率直な感想をお聞かせください。

鉄拳:僕にも出来る事はある。献血に対して少しでもお役に立てるのであれば、協力したいと思いました。

 

---どのような想いを込めて今回のパラパラ漫画を作成されましたでしょうか?

鉄拳:献血の大切さ、献血する事の意味、人間を助けるのは人間しかいない事をなるべく分かりやすく描きました。

 

---鉄拳さんの献血経験は?

鉄拳:献血経験が無かったので、街中で献血を呼びかけている人を見ても、少し怖くて、はじめの一歩が踏み出せませんでした。献血してみたら怖い事なんて一つも無い事がわかり、逆に休憩所にはマンガ本や雑誌があったり、お菓子やジュースもタダで食べられたり、しかも採血する事で診断も出来る。メリットが多い事がわかりました。

 

---制作する上で難しかったところはなんですか?また、パッと見わからないが、工夫して書いたので注目してみてもらいたいポイントがあれば教えてください。

鉄拳:献血を皆んなから集めて助けてもらう表現を、そのまま描くのが難しかったので、命の光で表現してみました。

 

【日本赤十字社 担当者】

---鉄拳さんの起用理由

担当者:この10年間で10~30代の献血者が約35%も減少している現状があります。日本赤十字社では、幼少期からの献血への理解が重要と考えており、小学生や中学生、高校生のほか、親子で見て共感できる献血啓発動画を作成したいと常々考えていました。そんな中、鉄拳さんの作品はどれもわかりやすく、感動的かつ印象に残るものばかりで、まさに献血啓発動画として最適なことから起用をお願いいたしました。

 

---動画で伝えたかったことは?

担当者:この動画を通じて、献血の大切さ、必要性、意義を理解してほしいと思っています。また献血が持つ普遍的な価値を伝えられるものにしたい。

 

---献血の現状を教えてください。

担当者:2008年、10~30代の献血者数は約284万人でした。 それから10年後の2017年になると、10~30代の献血者数は約186万人と、この10年間で35%も減少しています。そのような状況を踏まえ、特に若年層の献血推進に取り組んでおり、特に春休みの学生さんに献血のご協力をお願いしたいです。4月は大学等に献血バスが伺う機会も多いので、ぜひ献血へのご協力をお願い申し上げます。

 

■献血の現状

輸血用血液製剤の有効期間は短く、継続的な献血協力が必要

供給本数の推移

 

輸血用血液製剤の種類別供給本数は、長期保存のできない血小板製剤(有効期間:採血後4日間)と赤血球製剤(有効期間:採血後21日間)が大部分を占めており、継続した献血への協力が求められる。

 

日本人の死因の1位である「がん」の治療に最も輸血用血液製剤が使われている

疾病別輸血状況

 

疾病別輸血状況については「悪性新生物(がん)」が最も多い割合を占め、その「悪性新生物(がん)」の半分近くを「白血病」が占めている。

 

10~30代の献血者数が減少傾向

年代別献血者数の推移

 

年代別献血者数については、10~30代が右肩下がりに減少している。

そのような状況を踏まえ、献血セミナーや広報事業を通じて、若年層の献血推進に現在取り組んでいる。

 

【日本赤十字社「献血する」URL】http://www.jrc.or.jp/donation/

 

■鉄拳 プロフィール

鉄拳

生年月日:1972年05月01日

身長/体重:171cm /58kg

血液型:AB型

出身地:長野県 大町市

特技:パラパラ漫画制作

 

【代表作】

書籍

「振り子」(2012年発売)

「それでも僕は夢を見る」水野敬也×鉄拳(2014年発売)

DVD

「パラパラ漫画作品集第一集」(2012年発売)

その他

パラパラ漫画作品制作活動(代表作品)

・連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)アニメーション

・信濃毎日新聞 創刊140周年記念 『家族のはなし』

 

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

日本赤十字社

代表者名

近衞忠煇

業種

医療・健康

プレスリリース情報

ジャンル

医療・健康

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る