はんだ付けが上手くできないのは、腕のせいだと思っていませんか? 理由がわからなくても上手にできてしまうハンダゴテセット

ゴッドはんだ株式会社(所在地:滋賀県東近江市 社長:野瀬 昌治、以下、ゴッドはんだ)は、このたび「はんだ付け」を一から始める人のために、初心者向けのハンダゴテセットを発売いたします。

 

太洋電機産業株式会社(goot)製 コラボ商品

①自動で出力をコントロールして常に350℃にコントロールされます

②何も設定しなくてもオートマチックに

上手にはんだ付け出来ます。

③ワイヤースポンジも付属します。

④最高出力80W

 

はんだ付けを上手にやるためのポイントは4つあります。

1:はんだ付け接合部と溶融はんだの温度を約250℃まで温めること。

(約250℃で最強の接合強度が得られるため)

(はんだ付け接合部と溶融はんだの温度は、高すぎても低すぎてもダメ)

2:フラックスが活性化している数秒間に、上記250℃まで温めること。

3:コテ先が酸化していないこと(熱が伝わらなくなるため)

4:適切な形状のコテ先を使うこと(ハンダゴテを買ったときに付いてくるエンピツ型の

コテ先は最も使いにくい)

実は、はんだ付けは1~3μmの錫と銅の合金層を形成することで接合されており、科学的な知識無しには上手くできない奥深い技術です。はんだ付けが上手くできない人は「腕が悪いせいだ」とあきらめてしまいがちですが、実は道具選びで80%以上、はんだ付けの出来栄えは決まってしまいます。

 

そこでゴッドはんだでは、これからはんだ付けを始める方や、はんだ付けが上手くできなくて困っている人、学校教育などで「誰でも簡単にはんだ付けが出来る」ように初心者向けのハンダゴテセットの販売を開始しました。

NPO日本はんだ付け協会の理事長も務めるはんだ付け職人(野瀬昌治)が、一般の方にもはんだ付けを楽しんでいただけるようセレクトしたハンダゴテセットです。

 

国内産 Gootハンダゴテセット ¥10,500(+消費税)

 

■販売開始日

2019年3月18日

ゴッドはんだ株式会社のWEBサイトで販売

https://noseseiki.com/handakote/index.html

 

セットの内容

ハンダゴテ(温調付き 350℃固定)80W

※常に350℃にコントロールされます。熱負荷により発熱量を自動的にコントロール

コテ先 5本 2C、3C、4C、D2.4、D5

※鉛フリー対応ですが共晶はんだにも使用できます

コテ置き台(スポンジ付き)

フラックス

Wick(はんだ吸い取り線)

ヤニ入り糸はんだ(100g、φ0.6mm)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 NPO法人日本はんだ付け協会
代表者名 野瀬 昌治
業種 その他サービス

コラム

    NPO法人日本はんだ付け協会の
    関連プレスリリース

    NPO法人日本はんだ付け協会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域