プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

うさぎストライプ『バージン・ブルース』が「北海道戯曲賞」の大賞を受賞。 志賀廣太郎さん、中丸新将さんからのコメントをWebサイトにて公開しました。

うさぎストライプ

! 2019年3月16日 14時

うさぎストライプ(主宰・大池容子)は、大池容子作『バージン・ブルース』が、平成30年度 希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」の大賞を受賞しましたことをご報告いたします。3月15日(金)、北海道・札幌市内にて同賞の贈呈式が行われました。 本受賞にともない、同作の出演者である志賀廣太郎さん、中丸新将さんらからいただいたお祝いコメントを、うさぎストライプ公式Webサイト(http://usagistripe.com/news/20190316.html)にて本日公開しました。

うさぎストライプ(主宰・大池容子)は、大池容子作『バージン・ブルース』が、平成30年度 希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」の大賞を受賞しましたことをご報告いたします。3月15日(金)、北海道・札幌市内にて同賞の贈呈式が行われました。

 

本受賞にともない、同作の出演者である志賀廣太郎さん、中丸新将さんらからいただいたお祝いコメントを、うさぎストライプ公式Webサイト(http://usagistripe.com/news/20190316.html)にて本日公開しました。

『バージン・ブルース』舞台写真

3月24日(日)には、札幌市中央区の扇谷記念スタジオシアターZOOにて、大池容子作『バージン・ブルース』が「北海道戯曲賞」大賞受賞作品としてリーディング形式で上演されます。終演後のアフタートークには大池容子も出演予定です。

 

また、うさぎストライプでは、4月よりこまばアゴラ劇場(東京・渋谷区)にて新作『ハイライト』を上演します。

今後とも、うさぎストライプにどうぞご期待ください。

 

⬛︎ 受賞作品『バージン・ブルース』について 

 

うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ

『バージン・ブルース』

作・演出:大池容子

出演:中丸新将、志賀廣太郎(青年団)、小瀧万梨子(うさぎストライプ/青年団)

会場:こまばアゴラ劇場(目黒区駒場1-11-13)

公演期間:2017年5月4日(木・祝)~21日(日)全16公演

 

本作『バージン・ブルース』は、映画・ドラマ・舞台と幅広い分野で活躍する中丸新将、志賀廣太郎と、遠隔操作型アンドロイド「オトナロイド」のモデルにもなった小瀧万梨子(うさぎストライプ)の三人芝居。大池容子(うさぎストライプ主宰/青年団演出部)が脚本・演出をつとめ、出来損ないと言われた二人の男たちが一人娘とバージンロードを歩くまでを、花嫁の父親が二人になってしまった数奇な運命を紐解きながら、志賀廣太郎演じる父親の葬式(走馬灯)に見立てて濃密な70分の演劇に仕上げた。

連日満員でうさぎストライプ最多の来場者数を記録した。またTwitterをはじめとするSNSでの口コミに加え、舞台芸術ポータルサイト「CoRich舞台芸術!」の上演中クチコミランキングでは一時、第1位となるなど、多くの反響を生んだ公演となった。

 

⬛︎北海道戯曲賞とは

希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」は、全国に門戸を開き次代を担う劇作家や優れた作品を発掘するとともに、北海道内外の作家が互いに競い合うことにより、北海道における演劇創作活動の活性化を図ることを目的として設立された公益財団法人北海道文化財団主催の戯曲賞です。今年で5回目となる平成30年度の審査員は、桑原 裕子(KAKUTA主宰)、斎藤 歩(札幌座チーフディレクター)、 土田 英生(MONO代表)、長塚 圭史(阿佐ヶ谷スパイダース主宰) 、前田 司郎(五反田団主宰) の5名。2月12日に開催した第2次審査会の結果、応募作品 120作品から『バージン・ブルース』(作・大池容子)が大賞に選ばれました。公式Webサイト:http://haf.jp/gikyoku.html

 

 

⬛︎大池容子について

大池容子(おおいけ・ようこ)

劇作家・演出家・うさぎストライプ主宰・アトリエ春風舎芸術監督。

1986年生まれ、大阪府出身。日本大学芸術学部演劇学科劇作コース卒業。2010年、劇団青年団演出部に入団。同年、うさぎストライプを結成し、現在までに23作品を発表。その全ての公演で作・演出を担当する。「どうせ死ぬのに」をテーマに、演劇の嘘を使って死と日常を地続きに描く作風が特徴。2013年9月、芸劇eyes番外編・第2弾「God save the Queen」に参加し、地下鉄サリン事件を遠景に交差する人々の思いを描いた『メトロ』を上演。2013年12月、アトリエ春風舎の芸術監督に就任。 

 

⬛︎うさぎストライプについて

2010年結成。「どうせ死ぬのに」をテーマに、演劇の嘘を使って死と日常を地続きに描く作風が特徴。2013年9月、芸劇eyes番外編・第2弾「God save the Queen」に参加。2017年5月、こまばアゴラ劇場で上演した『バージン・ブルース』で平成30年度 北の大地の戯曲「北海道戯曲賞」大賞を受賞。  公式Webサイト:
http://www.usagistripe.com



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

うさぎストライプ

代表者名

大池容子

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

「北海道戯曲賞」大賞受賞の劇作家による新作は「もう、どこにもない東京」がテーマ。うさぎストライプの新作『ハイライト』4月3日(水)より、こまばアゴラ劇場で上演。
! 2019年3月12日 10時
【あと9日】虚構と現実、生と死がごちゃ混ぜになっていく不条理劇、再び。11月29日(木)より、こまばアゴラ劇場にて。
! 2018年11月20日 10時
宮城と東京をつなぐ
、うさぎストライプの新作一人芝居『ゴールデンバット』、いよいよ11月29日(水)より東京公演スタート
! 2017年11月15日 15時
連日満員!中丸新将と志賀廣太郎の主演、うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ『バージン・ブルース』全16公演終了。
! 2017年5月23日 1時
“おっさん”達と“オトナロイド”の共演!?うさぎストライプ最新作『バージン・ブルース』5月4日(木・祝)より、こまばアゴラ劇場で上演。
! 2017年4月30日 12時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る