BMW・MINIの人気コーディングアプリ「BimmerCode」がついに日本語サービスに対応!~4月18日アップデート配信~

JUNOS TRADING(ユノス・トレーディング)(所在地:群馬県太田市、代表名:石井隆時)は、BMWおよびMINIをスマホでコーディングできる人気アプリ「BimmerCode」の開発責任者Stephan Gauch氏と連携して、2019年4月18日より同アプリの日本語翻訳および日本語カスタマーサポートの提供を開始いたしました。

BimmerCodeとは

BimmerCodeはBMWおよびMINIの自動車を簡単にコーディング※することができる革新的なスマートフォンアプリです。iOS(iPhone/iPad)およびAndroidのデバイスでご利用いただけます。コーディングによって、Video in Motion(TVキャンセラー)やデイタイムランニングライト(デイライト)、スポーツディスプレイなどの隠された機能を引き出したり、リーガルディスクレイマーやシートベルトアラームなどを無効にすることができます。(車種ごとのコーディング一覧の詳細は公式ホームページをご確認ください。)

 

※コーディングとは自動車のECUに保存された自動車の設定を変更する機能です。従来は専門的な知識を持った業者が、複雑なPCソフトウェアを用いて施行するしかありませんでしたが、BimmerCodeによってそれらの知識がなくてもワンタップでコーディングができるようになります!

専門的なユーザーのニーズにお応えするために「エキスパートモード」機能もございます。

 

日本語表記・日本語カスタマーサポート

JUNOS TRAIDNGはBimmerCodeの開発責任者であるStephan Gauch氏と連携して、2019年4月18日より日本のユーザーから強い要望のあったアプリケーションの日本語翻訳および日本語でのカスタマーサポートの提供を開始いたしました。

 

 

BimmerCode概要

公式ホームページ:https://www.bimmercode.app/ja/

対応車種:BMW(F系、G系)およびMINI(F系)

対応OS:iOS(iPhone/iPad)およびAndroid

価格:インストール 無料、フルバージョン 3,200~3880円(コーディングを施工するためにはフルバージョンが必要です。価格は為替相場により変動します。)

■ 2つの機能:施行したい項目を選ぶだけの「ベーシックモード」と細かい数値を変更することができる「

エキスパートモード」

万全なバックアップ体制:ECUからデータを読み込む度にバックアップが作成され、万が一、コーディングに失敗し不動車となってしまってもバックアップから完全に復元することが可能

対応アダプタ:UniCarScan UCSI-2000、OBDLink MX+、Veepeak OBDCheck BLE+、Kiwi 3など

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 JUNOS TRADING
代表者名 石井 隆時
業種 商社・流通業

コラム

    JUNOS TRADINGの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域