プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,260社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

~働く女性の“足裏事情”を調査~ 友人に足裏は見せたくない! 足裏の“見た目自信度”は平均51点… 約8割が、皮膚が厚くて硬い「コンクリート・フット」状態に

ニチバン株式会社

! 2019年3月5日 16時

気付かぬうちに「魚の目(うおのめ)・たこ」になってしまう人も 症状悪化のその前に! ニチバン「スピールジェル(TM)」

ジェルタイプのうおの目・たこ治療薬「スピールジェル(TM)」 (第2類医薬品)を製造販売するニチバン株式会社(代表取締役社長:堀田直人)は、このたび、働く女性500人を対象に「女性の足裏事情」に関する意識調査を行いました。今回の調査では、足裏の皮膚が硬くなったり厚くなったりしている状態を「コンクリート・フット」と定義。その結果、「コンクリート・フット」に該当する女性は約8割におよぶことが分かりました。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

■「コンクリート・フット」に関する調査 レポートサマリー

●足裏ケア、日ごろからしている人はわずか38%…足裏の“見た目自信度”は平均51点

●女性の約8割が「コンクリート・フット」状態!? 足裏に「痛み」を感じている人も

●「コンクリート・フット」女性の半数以上が「うおの目・たこ」のどちらかを経験!?

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

■足裏ケア、日ごろからしている人はわずか38%…足裏の“見た目自信度”は平均51点

 

はじめに、日ごろから足裏のケアをおこなっているかを聞いてみると、「はい」と答えた人は38%にとどまる結果に。6割以上の人は、日ごろ足裏のケアをおこなっていないということになります。なお、足裏ケアをおこなう目的としては「角質の除去」が69%で最も多く、以下「乾燥対策」(44%)、「疲れをとる」(42%)などが上がりました。

そんな女性たちに「同性の友人に足の裏を見られること」について聞くと、55%が「抵抗がある」と回答。半数以上が、足裏を見られたくないと思っているようです。実際に、自身の“足裏の見た目”にどれほど自信があるかを100点満点で聞いてみると、平均は51点となり、あまり自信がない様子がうかがえます。

 

 

 

■女性の約8割が「コンクリート・フット」状態!? 足裏に「痛み」を感じている人も     

 

続いて、女性たちが足裏に自信がない理由を深掘りしました。「足裏自信度を下げたり、足裏について気になったりしていること」を聞いてみると、「皮膚の硬さや厚さ」を選んだ人が最も多く、78%という結果に。約8割の女性が、足裏が硬くなったり厚くなったりしている「コンクリート・フット」状態であることが分かりました。なお、2位以降には「乾燥」(60%)、「むくみ」(48%)などが並んでいます。

また、「コンクリート・フット」の影響を聞くと、「歩くときや靴を履くときに痛みを感じる」(29%)、「痛む部分をかばうことで、不自然な歩き方になる」(13%)など、「痛み」に関することを挙げる人も一定数いました。

 

 

■「コンクリート・フット」女性の半数以上が「うおの目・たこ」のどちらかを経験!?

 

そんな「コンクリート・フット」の女性たちが感じているのは、「皮膚の硬さ/厚さ」や「痛み」だけではないようです。彼女たちに「うおの目・たこができた経験」について聞いてみると、半数以上(54%)が、「うおの目・たこ」のどちらかを経験したことがあると答えています。「うおの目・たこ」ができた部位としては、1位が「親指の付け根」(39%)でトップに。続いて、「足裏の中央部」(29%)、「小指の付け根」(16%)など、いずれも歩く際に圧迫されやすい部位が並びました。つまり、「コンクリート・フット」の女性たちにとって、つま先や足裏の中央に大きな荷重がかかるヒール靴を履く場合は特に注意が必要だと言えるでしょう。

それでは、「うおの目・たこ」の痛みはどれほどのものなのでしょうか。「うおの目」の痛みを他のものに例えてもらうと、「靴に小石が入る」「トゲが刺さる」がどちらも22%で同率1位に。一方、「たこ」の痛みは、1位「靴に小石が入る」(18%)、2位「深爪をする」(13%)という結果になりました。歩く際など、常に痛みが伴う状態で生活するのは、楽なことではなさそうです。

 

 

 

■症状悪化のその前に! ジェルでササっと「うおの目・たこ」ケア 「スピールジェル(TM)」

 

「うおの目」や「たこ」を放置すると、痛みをかばうために不自然な歩き方になってしまい、腰痛や関節痛など、体のほかの箇所に影響が及ぶこともあります。特に、ヒールがある靴などを履く人は、足の皮膚に圧がかかりやすいため要注意。足の皮膚が硬くなったり厚くなったりする「コンクリート・フット」状態だと感じる人は、「うおの目」や「たこ」の可能性を疑って、早めに対処することが大切です。

「スピールジェル(TM)」は、ジェルタイプでササっと塗れる、「うおの目・たこ」治療薬です。塗ったあとも目立たないため、部位を選ばず使用可能。パンプスやサンダルなど、肌の露出が多い靴でも、見た目を気にせず「うおの目・たこ」のケアができます。

 

スピールジェル(TM)  第2類医薬品

【特長1】速乾性に優れ、塗りやすいジェルタイプ

・薬剤がジェル状のため、液だれしにくく、患部に塗布するとすみやかにジェルが乾き被膜をつくります。

・指先や関節など部位を選ばずに使用できます。

・塗るだけなので違和感がなく、薬剤が目立ちません。

・テープによる皮膚トラブルが起きやすい人にもおすすめです。

 

【特長2】専用ディスペンサー付属

・先端が細いノズルで、小さな患部にもピンポイントで塗ることができます。

 

【特長3】圧迫痛をやわらげる保護用パッド付属

・患部の大きさによって選べる3サイズ(穴の直径:6mm・8mm・10mm各3個)の保護用パッドを付属。パッドを貼ったまま、穴から薬剤を塗ることも可能です。

 

効能・効果

うおの目、たこ、いぼ

 

詳細ページ

http://speel.jp/usage/gel.html

 

---------------------------------------------------------------------

[調査概要] 

・調査内容:「女性の足裏事情」に関する意識調査

・調査対象:20~40代 働く女性500名(年代別に均等割付)

・調査期間:2019年2月21日(木)~2月22日(金)

・調査方法:インターネット調査

※調査結果は小数点以下を四捨五入しております。

---------------------------------------------------------------------



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

ニチバン株式会社

代表者名

堀田直人

業種

その他製造業

プレスリリース情報

ジャンル

その他製造業

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

仕事中の肩こりストレスは「動作の重いパソコンでの作業」と同程度!? デスクワーカーの97%が悩む肩こり…仕事効率に影響も
! 2019年1月23日 13時
日本全国“コリ”調査!“全身コリ県”は長崎! 部位ごとでは「肩」「首」「腰」で島根が1位を独占 全身のコリに!小さくてはがれにくい「ロイヒつぼ膏(TM)クール」
! 2018年6月19日 11時
貼り薬で失敗…「ぐちゃぐちゃ」約8割が経験アリ そのストレスは「大量のチラシが郵便受けに入っていたとき」以上!? 小さいから失敗知らずで貼りやすい!ロイヒつぼ膏
! 2018年1月15日 11時
モテる女性は持っている! 女性の持ち物“3種の神器”とは!? 男性の半数が、“恋のきっかけ”になると認定! モテアイテムNo.1「救急絆創膏」の実態を紹介
! 2013年12月26日 13時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る