プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

全国各地の観光プロモーション映像から選出 2018年度第2期旅もじゃ賞(第8回観光映像大賞 中間賞)10作品が決定 故・大杉漣さんの遺作や「さのまる」熱演作品も

ショートショート実行委員会

! 2019年2月21日 15時

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)では、全国各地の観光プロモーション映像を募集し、映画的魅力にあふれた作品を表彰する観光映像大賞という部門を手掛けています。また、同時に年間を通じてご当地映像を紹介するプロジェクト「旅もじゃ」を展開しており、観光映像大賞の応募作品の中から、年に3回「旅もじゃ賞」を中間賞として決定、発表いたします。 このたび、2018年10月16日~12月31日の応募作品63点の中から10作品が「第2期旅もじゃ賞」として決定いたしましたのでお知らせいたします。故・大杉漣さんが哀愁漂う父親を演じる感動大作や、人気ご当地キャラの「さのまる」がラッパーとの熱演を見せる作品、海外からの観光客を意識した作品まで今回も思考を凝らした作品がそろいました。

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)では、全国各地の観光プロモーション映像を募集し、映画的魅力にあふれた作品を表彰する観光映像大賞という部門を手掛けています。また、同時に年間を通じてご当地映像を紹介するプロジェクト「旅もじゃ」を展開しており、観光映像大賞の応募作品の中から、年に3回「旅もじゃ賞」を中間賞として決定、発表いたします。

このたび、2018年10月16日~12月31日の応募作品63点の中から10作品が「第2期旅もじゃ賞」として決定いたしましたのでお知らせいたします。故・大杉漣さんの遺作となった感動ドラマや、人気ご当地キャラの「さのまる」がラッパーとの熱演を見せる作品、海外からの観光客を意識した作品まで今回も思考を凝らした作品がそろいました。

旅もじゃ賞は、第8回観光映像大賞の募集期間内<2018年8月1日(水)~2019年2月28日(木)>3回に渡って選出され、旅もじゃ賞受賞作品から、観光映像大賞のファイナリスト作品が選ばれます。

 

2018年度 第2期旅もじゃ賞受賞作品(全10作品) 五十音順 

※本編の公開および作品情報、受賞コメントは旅もじゃサイトでご覧いただけます。

 2月21日(木)14:00公開 https://www.tabimoja.com/10346/

 

 

『蘋果派 APPLE PIE』(岩手県奥州市)

 

『あなたとわたしの美浜陽光の旅 女子旅編』(福井県美浜町)

 

『Izumo,Japan 4K (Ultra HD) - 出雲』(島根県出雲市)

 

『神楽鈴の鳴るとき』(山梨県)

 

『KUSHIRO Hokkaido Japan in 8K HDR - 釧路』(北海道釧路市)

 

田歌の祇園さん(京都府)

 

遅刻忍者(愛知県)

 

『DOTAMA “MY CITY”』 (栃木県佐野市)

 

『飛んでるローカル豊岡~Think Local, That's Global~』(兵庫県豊岡市)

 

『日本の中心で愛を叫ぶ〜ど真ん中ウェディング〜』(長野県上伊那郡辰野町)

 

■観光映像大賞とは

SSFF & ASIAでは、2012年より、 観光振興という観点で創造性、振興性、話題性を含んだ観光プロモーション映像に「観光映像大賞(観光庁長官賞)」を授与してきました。第7回観光映像大賞(2018年)は、全国から519作品の応募があり、長崎県南島原市の『夢』が受賞しました。

第8回観光映像大賞公募URL:https://www.tabimoja.com/kankou8/

 

■旅もじゃ賞とは

ショートショート実行委員会が運営するご当地まとめサイト「旅もじゃ」が、観光映像大賞のファイナリスト候補として3期に渡って選出するアワード。 旅もじゃURL:https://www.tabimoja.com/

 

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)について

俳優の別所哲也が代表をつとめる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭。1999年に東京・原宿で誕生し、2018年度の開催で20周年を迎えました。これまでに延べ40万人を動員。初年度は映画『スター・ウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムも6作品上映し、その後も毎年応援を頂いています。

SSFF & ASIA URL:https://www.shortshorts.org/

 

参考資料:第8回観光映像大賞について

<第8回観光映像大賞応募要項>

■主催: ショートショート実行委員会 観光映像課

■参加費: 無料

■参加対象者: 不問

■対象作品:

・日本全国47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオ

・"観光や地域振興"という観点で創造性、振興性、話題性のある作品

・CM的な要素を含みながら、見た人にインパクトを与え、心を打つ作品

・各地域の自治体、団体(組合等)、企業(旅行会社、広告会社等)、個人が制作・保有している作品

・使用した楽曲等についても、ウェブ配信やイベント上映などが権利上可能な作品

■作品の長さ: 60分以内(エンドクレジット含む)

■制作年: 不問

■応募期間・表彰について:

○観光映像大賞(観光庁長官賞)

2018年8月1日(水)~2019年2月28日(木)応募作品から1作品に観光映像大賞(観光庁長官賞)が授与されます(予定)。

※受賞者には、授賞式にて賞状の授与を行います。

○旅もじゃ賞(観光映像大賞 中間賞)

ショートショート実行委員会が運営するご当地まとめサイト「旅もじゃ」が、観光映像大賞のファイナリスト候補として3期に渡って選出するアワード。

1.第1期:8月1日~10月15日に応募のあった作品より10作品選出

2.第2期:10月16日~12月31日に応募のあった作品より10作品選出

3.第3期:1月1日~2月28日に応募のあった作品より10作品選出

※受賞作品は、旅もじゃサイトで発表いたします。

■受賞発表:

○観光映像大賞 2019年6月(予定)。

※米アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2019」内で発表を予定。

○旅もじゃ賞(観光映像大賞 中間賞)

1.第1期:12月13日(木)に旅もじゃサイトで発表(http://www.tabimoja.com/10301/)。

2.第2期:2月中旬に旅もじゃサイトで発表。

3.第3期:4月中旬に旅もじゃサイトで発表を予定。

■応募方法

旅もじゃ内「第8回観光映像大賞応募フォーム」よりエントリー

※2019年2月28日(木)まで公募受付中

http://www.tabimoja.com/kankou8/

■選考について

ショートショート実行委員会 観光映像課が行います。

選考に関わる如何なるご質問にもご返答は致しかねます。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

ショートショート実行委員会

代表者名

別所哲也

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

旅行・観光・地域情報

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

米国アカデミー賞公認 アジア最大級の国際短編映画祭 ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2019開催決定! 5月29日(水)~6月16日(日)
! 2019年3月19日 12時
映画を鑑賞から体験に変えるショートフィルムギャラリー「THE STORY HOTEL」3月15日(金)、横浜駅前「アソビル」にオープン
! 2019年2月5日 11時
短編映画の上映と、インテリアスタイリスト石井佳苗さんが映画から見えてくる住まいのヒントや、新生活に向け自分らしい住まいの作り方を語るイベントを、2/24に開催
! 2019年1月25日 16時
野外上映など映画イベントの仕掛け人たちが一堂に集合!「新しい映画体験」をキーワードにしたトークイベントを開催!
! 2019年1月25日 14時
ブリリア ショートショート シアターオンライン年末年始特集 ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンなど豪華俳優出演10作品を一挙公開!
! 2018年12月20日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る