【社員にかけるお金は年間1億円】褒章旅行でモチベーションアップ!武蔵野の“事業部旅行“今年は2月16日より2泊3日の沖縄旅行を開催!

株式会社武蔵野(所在地:東京都小金井市、代表取締役社長:小山昇)は、2019年2月16日より2泊3日で、ダスキン事業部総勢130名が参加する沖縄事業部旅行を開催致します。この旅行は年4回行われるダスキンキャンペーンの褒賞旅行です。1日目の夜は参加者全員で大宴会を行いますが、基本は自由行動、支店ごとに計画を立てて行動してもらい、チームワークを高めています。

▼株式会社武蔵野:http://www.musashino.co.jp

 

■武蔵野流事業部旅行とは?

武蔵野では、パート・アルバイト・契約社員も含めた、

事業部旅行をそれぞれの部門毎に行っています。

ダスキンキャンペーンを始め、各事業部の目標を達成することで行われる褒賞旅行で、

旅行先は国内(北海道・熱海・伊豆・福岡・沖縄)・海外(韓国)など様々で、

内容もそれぞれが計画を立てて行います。

 

※ダスキンキャンペーン

・・・年4回大々的な販売キャンペーンを開催致します。

お客様のニーズに合った商品・サービス、市場や事業特性に合わせた提案を行います。

それぞれに数字目標を立て、支店・個人毎に数字を競い合います。

 

 

■事業部旅行の裏にはダスキン事業のマイナスクリアの意図があった?!

今から8年前、2011年2月に武蔵野の事業部旅行は開始致しました。

その当時、ダスキン事業のマイナスをクリアする為に、

幹部30名が伊豆で自腹の合宿を行いました。

そこで生まれたのが、“絶対に前年売上を上回る為の大型キャンペーン”です。

その褒賞旅行として、武蔵野の事業部旅行は開始致しました。

当初は韓国への旅行企画を行い、代表小山も二つ返事でOKしたそうです。

現在ではダスキン事業部は毎年2月に沖縄旅行を開催し、

他の事業部でも多種多様な形で開催されています。

 

 

 

■事業部旅行で組織力アップ

今日ほど、社内コミュニケーションの重要性が叫ばれている時代はありません。

また雇用形態が変わり、非正規社員の割合も高まっています。

だからこそ社員旅行だけでなく、部門旅行を行う必要性があるのです。

パート・アルバイト・外交員さんとのコミュニケーションの場を作り、

価値観を統一していくことが重要になります。

 

ダスキン事業では毎年行われている沖縄旅行ですが、

基本的に開催は各事業部に任せています。

現在ではほとんどの事業部が旅行を行っております。

海外旅行をする事業部もあれば、

本社に勤務する内勤さんは、お子さんがいらっしゃる方も多く、

宿泊付きの旅行は難しいです。

ですから、バスをチャーターし、近場の日帰り旅行を行います。

 

それぞれ内容は違えど、社員・パート・アルバイトの垣根を越えて、

同じ時間を共有するからこそ、武蔵野はチームとしての組織力がアップします。

 

 

■不純な動機で頑張れる?

武蔵野従業員は素直に「はい」とは言いません。

褒賞旅行という不純な動機があるからこそ、

キャンペーンも頑張れるのです。

つまり事業部旅行自体が従業員のモチベーションにも繋がっています。

 

 

■全従業員の価値観統一の場“事業部旅行”

今年の開催で9回目となるダスキン事業部旅行ですが、

3年前の2016年当時は参加者100名、

今年の参加者は130名と、どんどん規模も大きくなってきております。

引き続き、社員だけでなくパート・アルバイト・外交員を巻き込んだ

イベントを開催することで、価値観の共有を行い、戦力化を図って参ります。

 

普段の業務を縦糸とすれば、事業部旅行は横糸です。

縦糸と横糸が上手に絡み合うからこそ組織は強くなるのです。

 

 

 

 

■小山昇 プロフィール

株式会社武蔵野 代表取締役社長。

1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒業後、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。 

1977年に株式会社ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任。

1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。

1992年顧問を退任、現在に至る。

中小企業経営者向けセミナー『実践経営塾』や企業幹部向けセミナー『実践幹部塾』など全国で年間240回以上のセミナーを行なっている。

 

 

▼小山昇書籍・情報ポータルサイト: http://koyama-book.jp/

【主な著書】

『お金は愛ー人を育てるお金、ダメにするお金』(ダイヤモンド社)

『儲かりたいならまずココから変えなさい!』(朝日新聞出版)

『儲ける社長の24時間365日 “常勝”のタイムマネジメント術』(KADOKAWA)

『人を動かしたいなら「やれ」と言ってはいけない-思い通りに部下が動く”すごい”伝え方』(SBクリエイティブ)

『利益を最大にする最強の経営計画』(KADOKAWA)

『会社を絶対ダメにしない社長の超鉄則』(大和書房)

『チームの生産性を最大化するエマジェネティックス』(あさ出版)

『数字は人格 できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』(ダイヤモンド社)

『新卒採用力が会社の未来を決める!』(マネジメント社)

『改訂3版 仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)

『絶対会社を潰さない社長の口ぐせ』(KADOKAWA)

『実践図解 成果を上げながら「残業ゼロ」で帰れるチームのつくり方』(宝島社)

『儲かりたいならパート社員を武器にしなさい』(KKベストセラーズ)

『小さな会社の儲かる整頓』(日経BP社)             

『超速仕事術』(PHPビジネス新書)

『残業ゼロがすべてを解決する~ダラダラ社員がキビキビ動く9のコツ~』(ダイヤモンド社)

『IT心理学~ブラック企業を脱却し、ホワイト企業になるまでの55の心得』(プレジデント社)など

 

 

【株式会社武蔵野】

本社:〒184-0011 東京都小金井市東町4-33-8

代表者:小山昇

設立:1964年

電話番号:042-383-6340

URL:http://www.musashino.co.jp

 

 

事業内容:

1、地域密着事業(ダスキン事業)

○クリーンサービス・ケア事業部

武蔵野地域を中心とした、オフィス/店舗/家庭の環境向上を目的としたレンタル商品の取り扱い、環境クリーニングサービス、各種飲料のお届け。

○ライフケア事業部

24時間ご利用いただけるダスキンのシニアケアサービス。

広域事業

○インターネット事業部

○ボイスメール事業部

2、経営支援事業

○経営サポート事業本部

増収の記録を更新し続けている企業・武蔵野を「生きた経営のショールーム」として現場を公開。

他社にはない、「見る・学ぶ・体験する・共有する」実践型プログラムを提供 実践的な経営塾、幹部塾、社員塾なども開催。

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社武蔵野

担当者名:湯澤 百花

TEL:042-380-6340

E-mail:market@musashino.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社武蔵野
代表者名 小山 昇
業種 その他サービス

コラム

    株式会社武蔵野の
    関連プレスリリース

    株式会社武蔵野の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域