プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,784社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

「IoTを活用した国内消費財サプライチェーンの効率化 実証実験」を2019年2月12日から実施

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

! 2019年2月8日 13時

東芝テック株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)の委託事業「IoT を活用した新 産業モデル創出基盤整備事業(国内消費財サプライチェーンの効率化)」の実証実験を2019 年2月12日より実施いたします。 本実証実験では以下の3点の実験を行います。(1)サプライチェーンの事業者間の連携 (2)店舗と生活者との連携 (3)電子タグを用いた家庭内サービスの体験

東芝テック株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:池田隆之、以下「東芝テック」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)の委託事業「IoT を活用した新産業モデル創出基盤整備事業(国内消費財サプライチェーンの効率化)」の実証実験を2019 年2月12日より実施いたします。

 

本実証実験では、流通市場のサプライチェーンにおいて、電子タグ(RFID)と情報共有サーバー(EPCIS)を用いて、情報共有システムを構築し、生活者を含むメーカー、卸、小売事業者の双方向による情報連携を行います。

さらに、今回の実証実験では当社が構築した電子レシートの仕組みを通じて、消費者へ消費期限などの商品情報を配信することで、メーカーから消費者までのシームレスな商品・流通情報基盤を構築します。

 

このように双方向で情報を共有することにより、メーカーはタイムリーな流通在庫、商品を購入した消費者情報などを活用した新たなマーケティングの可能性、そして小売現場では在庫管理の効率化や食品ロスの削減効果を検証いたします。

 

 

【実証実験の概要】

●期 間 : 2019 年2 月12 日(火)~2 月28 日(木)

●内 容 :

本実証実験では以下の3 点の実験を行います。

(1) サプライチェーンの事業者間の連携

昨年度の実験※1 と同じく、メーカーまたは物流センターにおいて実験対象商品に電子タグを貼付し、

流通過程で入出荷される際に電子タグの読取を行い、当該データを実験用に構築した情報共有システムに

蓄積することで、在庫情報の可視化を行います。

 

さらに、今年度の実験では、実験に御協力いただくモニター家庭においても電子タグの読取を実施いただき、

電子タグの家庭内での活用方法や新サービスについても検討を行います。

 

本実証実験の電子タグ情報共有システムは、サプライチェーンの上流から下流へ商品の流れに連動して

データを連携させ、さらには、下流から上流に様々な情報を共有するシステムとして実現しました。

※1:「電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システム」の実証実験

http://www.toshibatec.co.jp/release/20180205_01.html

 

(2) 店舗と生活者との連携

本実験に御協力いただくコンビニエンスストア及びドラッグストアにおいて、

電子タグを用いた以下2つの取組の検証を行います。

 

<ダイナミックプライシング>

棚に設置されたリーダーが自動的に電子タグを読み取ることで消費・賞味期限が迫っている商品を特定し、

当該商品を購入すると現金値引きまたはポイント還元を行う旨を実験参加者へ通知することで、

食品ロスの削減を促す取組

 

<広告最適化>

来店者が手に取った商品の電子タグを読み取り、商品棚に設置されたサイネージから

当該商品の情報等を流す取組

 

(3)電子タグを用いた家庭内サービスの体験

IoT によって新たに生まれる家庭内サービスのアイデアを「東京ガス 横浜ショールーム」において

展示いたします。

 

●実施店舗 : 都内のドラッグストア3 店舗、及びコンビニ2 店舗

 

●電子タグを用いた家庭内サービスの展示場所:

東京ガス 横浜ショールーム くらしのライブラリー キッチンライブラリーコーナー

経済産業省本館1 階

 

●協力企業:

協力事業者リストは、リリース文面をご覧ください

 

【実証実験の背景と東芝テックの取り組み】

経済産業省が発表した「コンビニ電子タグ1000 億枚宣言※2」及び

「ドラッグストア スマート化宣言※3」では、

小売業界で深刻化している人手不足への対策として、店舗で扱う商品にRFID を貼り付け、

商品の個別管理による店舗での消費・賞味期限チェックの効率化や、

レジの自動化による業務の省力化等の実現を目指しています。

 

更にRFID から取得した情報を食品・日用品メーカー、卸、物流センター、小売事業者といった

サプライチェーンを構築する業界で共有することにより、

在庫管理等の効率化や食品ロスの削減に効果があると期待されています。

 

今回、東芝テックはメーカーや小売事業者、システムベンダーと共同で、RFID を活用して、

メーカーから卸、配送センター等のサプライチェーンでの情報共有化を実現するため

全体の商品に関する情報を国際標準であるEPCIS に準拠した形で

各社で分散管理されたデータを共有できるシステムの開発をするとともに、

電子タグ発行、入出荷および販売データエントリーデバイスを提供し、データの有効性を検証します。

 

※2:コンビニ電子タグ1000 億枚宣言

http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170418005/20170418005.html

 

※3:ドラッグストア スマート化宣言

http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180316002/20180316002.html

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

代表者名

河波昌美

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

【東芝テック】RFIDショールーム&ラボ 「TEC UX Lab」を開設 ~製造・物流・店舗 一気通貫でRFIDを提案~
! 2019年5月27日 15時
POS運用支援クラウドシステム「PrimeOperator」発売! 消費税のレジ設定作業を本部に集約し、店舗運営の効率化を実現します
! 2019年4月15日 13時
飲食店の人手不足に対応するセルフオーダーシステム「RelaxOrder」の導入店舗数が、2,500店舗を突破!
! 2019年4月1日 10時
<リテールテックJAPAN2019>東芝テックおよび日立のブースにてデモ展示あり 指静脈認証を活用した、キャッシュレス決済の実証実験を実施!
! 2019年3月4日 13時
”近未来の小売・飲食店”を体験できる、東芝テック「スマートフューチャー」コーナーのご紹介(リテールテックJAPAN2019に出展)
! 2019年3月4日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る